「Ex Wi-Fi」がクラウドSIM技術を利用の「Ex Wi-Fi CLOUD」WiFiサービスとして50GBと100GBプランを提供

「Ex Wi-Fi」は2019年9月頃にSoftbankの回線で月間50GBがの通信ができるプランとしてサービスを提供していました。
クラウドSIM技術を使ったクラウドWiFiとして50GBプランと100GBプランという2つのプランでのサービスに変わりました。
クラウドSIM技術を使ったモバイルWiFiのサービスは無制限使い放題というのが謳い文句でいろいろなサービスが登場する中、「Ex Wi-Fi」は月間に上限が50GBのソフトバンクのプランを提供していました。
クラウドSIMの技術を利用して無制限と謳っていた無制限WiFiサービスは、どんなときもWIFIの行政指導をへの対応「実際の品質より著しく高い品質をうたうことの是正」に従う形で、類似する殆どのサービス(uCloudLink社のクラウドSIMの技術と端末をつかっていたWiFiサービス)は新規申し込みを停止しました。継続できているサービスはデータ通信の上限が設定されてサービスを提供しています。
無制限で使い放題のWiFiサービスはどんなときもWIFIの行政指導にどんな変化をしたのか?
無制限に流れている中、データ通信の上限有りのSIMを挿したモバイルWiFiを提供していた「Ex Wi-Fi」がクラウドSIMの技術のつかった「Ex Wi-Fi CLOUD」開始していました。
今回はEx Wi-Fi CLOUDを取り上げます。

「Ex Wi-Fi CLOUD」プラン

データ容量50GB100GB
月額料金2,780円3,250円
契約期間3年
自動更新あり
事務手数料3,000円
送料無料
端末弁済金23,400円
支払い方法クレジットカードのみ
クーリングオフ8日以内
途中解約違約金4500円

めずらしい50GBプラン

クラウドSIMをつかったサービスで月間50GBというのは珍しいプランです。大容量を求める人は多いですが、ほとんどの利用者は月間50GBあれば充分で、「Ex Wi-Fi」として50GBのプランでこれまでサービスを運営してきて、獲得できた中容量ユーザー向けをこれからも広げていくためのプランなのだと思います。
50GBのプランをもっているのは、以前紹介したぴたっとWiFiが出しているプランくらいだったとように思います。
Ex Wi-Fi CloudはぴたっとWiFiよりも後発のプラン発表になるからなのか、50GBのプランの月額がぴたっとWiFiより20円安くなっています。

Ex Wi-Fi CloudぴたっとWiFi
データ容量50GB
月額料金2780円2800円
契約期間3年18ヶ月
自動更新ありなし
事務手数料3,000円

国内・海外で使える ぴたっとWi-Fiが国内50GBプランを開始
50GBプランを考えると、契約期間や縛りをがEx Wi-Fi Cloudの方が長くなります。

「Ex Wi-Fi CLOUD」気になる点

契約期間が3年で契約は自動更新

自動更新後は解約の申し出がない限り3年単位で自動更新されてしまいます。
Ex Wi-Fi Cloudに限らず自動更新は注意しましょう。

途中解約は端末代金が請求される

契約途中でやめる場合違約金は4500円と他のサービスに比べると安いですが、利用するWiFiルータの残金を支払う必要があります。
例えば1年間利用してから解約をした場合は、650円×24ヶ月(契約の残月)+4,500円(解約金)で、20,100円を支払うことになります。

「Ex Wi-Fi CLOUD」のWiFiルーター

u2s
WiFiルーターU2sU3
重量151g125g
端末サイズ127×65.7×14.2mm126×66×10mm
液晶サイズなし
連続通信時間約12時間
下り最大150.0Mbps
上り最大50.0Mbps
付属品USBケーブルType-BUSB Type-Cケーブル
SIMスロット物理SIMを指すことが可能無い
同時接続台数5台10台
U2sとU3を比較すると
機能面では、U3の方が同時接続台数が10台で多く、U3が新しい端末ということもあり、若干小さくなり、軽くなっています。

以前紹介した、どこよりもWiFiとまったく同じ端末です。
無制限を終了した「どこよりもWiFi」上限100GB新プランを開始 新プランレビュー

「Ex Wi-Fi CLOUD」レビュー

無制限で使い放題が売りのWiFiサービスが隆盛を誇っていた中、「Ex Wi-Fi」として50GBの月上限のプランで利用者を増やしてサービスを提供をしてきたからだとおもいますが、公式サイトではあえて無制限じゃないということのアピールがあります。
’あえて無制限じゃない!'理由
使えるデータ容量は保証するから安心してくれというアピールでこだわりの現れなのかもしれませんが、強調されています。
無制限で使い放題というキャッチコピーだが、速度制限はかけてるよ。」というこれまでの他のサービス状況が異常だっただけで、行政指導の対象にもなったほどですので、本来は上限のデータ使用量まで使えて当たり前なので、アピールするポイントではないと思いますが。
クラウドSIM技術はSIMを切り替えることでデータ容量の増減をコントロールできる反面、利用者が増加し始め、SIMの調達が滞ると、速度が低下するリスクはありますので、そうならないようにも上限があることを強調することで、配慮しているということを表していることなのかもしれません。

Ex Wi-Fi Cloud

クラウドWIFIの記事関連

レペゼン地球とコラボした100GBの地球WiFi クラウドSIMで3980円から
無制限を終了した「どこよりもWiFi」上限100GB新プランを開始 新プランレビュー
THE WiFi 無制限使い放題を終了し新プラン4GB/日月額3480円メリットやデメリットを調べてみた
無制限WiFiだったZEUS WiFiの無制限と新プランを比較してみた

コメントを残す