無制限WiFiだったZEUS WiFiの無制限と新プランを比較してみた

ZEUS WiFiは国内無制限で使い放題だったベーシックプランを2020年7月25日に新規申込みの受付停止し、2020年8月7日より新プランの提供を開始しました。
新プランは月々に利用できるデータ使用量に制限が設けられました。無制限だったベーシックプランで提供されていた端末と新プランも同じとなるため、端末のスペックは同じです。

新しく登場したプランと終了したが無制限だったベーシックプランがどう変わったのか比較をしてみました。

ZEUS WiFi 無制限プランと新プランを比較

利用できるWiFiルーターは同じで変更はありません。変更になったのはデータ通信の上限と契約期間などの縛りになっています。

新プランは月に利用できるデータ容量に上限40GB,100GB

無制限のベーシックプラン

新規受付を終了してしまったベーシックプランは月に使用できるデータ容量は無制限でした。ただし、お決まりの文句として「使いすぎた場合は速度制限がかかるよ。」といった内容が小さな文字で記載がありました。誤解を与えるといけないので
ZEUS WiFiに記載されている無制限の注意を記載しておきます。

ネットワーク品質の維持および公正な電波利用の観点から、違法ダウンロード等の不正利用または著しくネットワークを占有するレベルの大容量通信をされた場合、通信時間の制限や通信速度の制限をすることがあります。
引用元:ZEUS WiFi

他のクラウドSIMをつかった無制限WiFi同様に、SoftbankからのSIMの調達ができなくったこと影響などを受け、申込みを受け付けらないまま、終了しました。

月40GBと100GBの新プラン

新しくできた新プランは月に利用できる通信容量の上限が明確に設けられています。どんなときもWIFIが行政指導をうけたことの余波をうけて、他のクラウドSIMをつかった無制限WiFiは速度制限になる条件を明示するようになってきています。
価格は無制限だったベーシックプランに比べると40GBで30円安く、100GBでは1000円程度値上がりしています。

無制限のベーシックプランと制限有りの新プランの契約期間

無制限だったベーシックプランは2年の縛りがあり、最初の半年は月額料金安くなっていました。
新プランでは、契約期間の縛りがなくなり、違約金も撤廃されました。
新プランはいつでもやめられるという条件になっています。
最初にしはらう事務手数料は必要となります。

Zeus WiFi 無制限プランと新プランを比較した表

無制限(終了)40GB(新)100GB(新)
事務手数料300030003000
月額料金(1-6ヶ月)296029804280
月額料金(7ヶ月-)328029804280
契約期間2年無し無し
違約金9800無し無し
端末返却必須必須必須
新プランではデータ通信の条件が設けられましたが、契約期間の縛りがなくなりました。
端末の返却料金は自己負担となっています。

良い点

データ通信は無制限ではなくなりましたが、上限が設けれました。
前述にもありますが、どんなときもWIFIの行政指導の影響などを受け、明確にしていこうという業界の流れにのった形で利用者もアフィリエイターやYouTuberの扇動にあおられることありません。
データ通信容量40GBあれば、テレワークなどでも可能ですし。
100GBあればほぼ満足できる通信ができるとおもいます。

気になるところ

40GBでは中容量層、100GBでは大容量層に刺さる2つのプランだと思います。ほとんどの利用者は中容量で充分なので、これまでの無制限とは違う販売の仕方をしていくことで、新しい利用者が獲得していけるのではないかと思って、今後のマーケティングなどが気になるサービスだなあと思っているのですが。

ZEUS WiFiのWEBサイトには今回の新プランが期間限定となっているところがとても気になっています。

ここからは勝手な推測で、クラウドSIMを使ったいろいろな無制限WiFiが上限を設けたりする中で、勝手に思うことですが。
Zeus WiFiには無制限データ通信のベーシックプランのために用意していたWiFiルーターの在庫がたくさんあり、無制限で使えるSoftbankのSIMの調達ができない状態のところに、月に40GB、月に100GB通信できるSIMを、Softbankからではなく、代理店経由で一時的に仕入れられることができるようになり、それがこの期間限定という形で一時的な販売につながっているのではないでしょうか。

また、期間の縛りも持たせない理由に関しても、Softbankとの通信契約ではなく代理店からSIMを一時的に仕入れているため、いつなんどきSoftbankより通信制限をかけられてしまうか分からない状態のため、利用者に契約期間の縛りをもたせないようすることで、利用者はいつでも解約できる状態にし、通信速度制限のトラブルを減らす目的で制限を設けなかったということなんじゃあないかと勝手ながら推測してしまいます。

Zeus WiFiは中容量、大容量の利用者向けの良いプランをもっていると思うので、限定的ではなく安定的に提供されるようになるとWiFiの業界もおもしろくなってくるのになあと思います。

コメントを残す