ごちゃごちゃから整理整頓デッドスペース有効活用できるおしゃれなWi-Fiルーター収納ボックス

光回線など固定回線を無線化してくれるWi-Fiルーターですが、電源タップや配線などと電源の近くで直に設置するとゴチャゴチャしてします。ホコリも溜まりやすくなり部屋のデッドスペースとなってしまいます。毎日使うネットの回線なので、移動させて掃除したいところですが掃除や整理整頓したくでもなかなか手を出せないところです。
Wi-Fiルーターに適した収納ボックスを使うことでWi-Fiルーターや電源タップや配線やケーブルをすっきりと収納ができるようになり、掃除も簡単にできるようになり、そして、デッドスペース担っていた場所が新たな収納場所として有効活用できるようになります。

今回はWi-fiルーター収納ボックスを選ぶときのポイントとおすすめのWi-Fiルーター収納ボックスを紹介します。

Wi-Fiルーター収納ボックス選ぶ際の注意

Wi-Fiルーター収納ボックスはDIYしたり100円ショップの製品をつかっても収納することは可能ですが、Wi-Fiルーターを収納する場合は電波性排熱が考慮されている製品である必要があります。Wi-Fiルーターの収納ボックスを選ぶときには以下のことを注意をしましょう。

Wi-Fiの電波を遮断しない

Wi-Fiルーターから飛ぶWi-Fiの電波はそれほど強いものではありません。Wi-Fiルーターを収納することができても、電波を遮断してしまうことになったりすると、通信品質を下げてため、収納力はあって適していません。Wi-Fiルーター収納ボックスは通気口があるもの・配線穴が大きなもの、背面や側面が開いているもの、木製のものといったWi-Fiの電波を遮断しないものを選びましょう。
金属を使用した収納ボックスに5GHz対応ルーターを収納すると電波強度に影響する場合があるので金属製のものには要注意です。

Wi-Fiルーターの熱を排熱できること

Wi-Fiルーターや電源タップは本体が発熱します。Wi-Fiルーター家庭によっては1日中に電源が入っている状態担っている場合も多いと思いますが、電源が入っている以上は常に熱を発しています。Wi-Fiルーターが高温になって放置していると故障の原因になります。Wi-Fiルーターや電源タップなど熱を出してしまう製品を収納する場合は発する熱を逃しやすい構造であることが重要です。
Wi-Fiルーターの動作適正室温としては0℃~40℃が適切とされています。夏の暑い季節に冷房が入っていない室内で、Wi-Fiルーターが排熱できない状態において連続稼働させてしまうと故障してしまう可能性がかなり上がりますので要注意です夏などの暑い時期は室温にも注意しましょう。

おすすめのWi-Fi収納ボックス


サンワダイレクト ケーブルボックス 木製 ケーブル ルーター 収納ボックス 幅50cm 高さ52.5cm ライトブラウン 200-CB018LM
¥6,980
サイズ:約W500×D145×H525mm
重量:約6.4kg
ケーブルや電源タップ、Wi-Fiルーターなどが綺麗に収納ができる木製の収納ボックスです。ごちゃごちゃしがちなケーブルを整理できてスッキリさせることができます。 ホコリもガードできます。
木製なのでWi-Fi機器を収納しても電波障害がありません。
スリットありにすれば、スマホやタブレットを立てかけて使うことができ、スリットなしにすれば、小物置としても使用できます。
Wi-Fiルーターや電源タップを収納して使うためにつくられた製品で、組み立てる手間はありますが、収納力が高く、HDDなども収納でき、高級感があります。


山善 ケーブルボックス 幅40.5×奥行13.5×高さ40cm
¥3,980
組立不要なので設置する際の最初の手間がありません。ボックスの中は2段式になっていて、上は電源タップ、下はWi-Fiルーターというように分けて収納できます。

電源をオン、オフするできる窓がついています。


アイリスプラザ ケーブルボックス コード 収納 配線 隠す ボックス インテリア CABX-500
¥6,014
こちらもほぼ完成した状態なので、組み立ての手間がありません。

背面には便利なキャスターがついており、前面はしっかり本体を支えるアジャスター付いています。移動ができるので掃除する時に便利です。


リファニ ケーブル収納ラック ケーブルボックス
¥4,780
組み立ての手間がありますが、価格も良心的で木製の収納です。Wi-Fiの電波を遮断する心配はありません。
キャスターがついており移動させることも簡単です。掃除する時に便利です。


ミニテーブル ルーター 収納
¥2,990
マガジンラックやサイドテーブルとしても利用できるWi-Fiルーターを収納できるボックスです。
部屋に馴染むデザインです。

ちょっとした工夫でおしゃれに!Wi-Fiルーター・モデムの収納アイデア

100円ショップの木箱でDIYしたWi-Fi収納

100円ショップであるSeriaに売ってる同じ大きさの箱を重ね合わせて蝶番で止めて作ったWi-Fiルーターの収納箱です。DIYしても超簡単ですし、木箱なので電波を遮断する心配もありませんし、排熱も問題ありません。

ワイン箱を再利用したWi-Fi収納


使わなくなったワイン箱を再利用してWi-fiルーターや配線の収納に使われています。
木箱なので電波を遮ることはりませんが、ワイン箱は排熱に関しては注意が必要です。


木箱をうまく利用すればWi-Fiルーターの収納が可能です。電波を遮断する心配もありません。
KIRIGEN 木箱 収納ボックス

電波が弱い、繋がりにくい場合のWi-Fiルーターの設置場所の注意点

Wi-Fiルーターを収納することによって電波のエリアが狭まりWi-Fiが繋がりにくくなるようなことには注意しなければなりません。木製のWi-Fi収納ボックスや通気口などがきちんとある収納であればそれほどきにすることではないかもしれませんが、WIFIを収納するボックスをつかって電波が弱くなった場合は、収納している場所をかえてみることでWi-Fiの電波が改善されます。

中央に設置する

WiFiは距離が遠くなるほど、電波を受けにくくなって通信速度が低下したり、繋がりにくくなってしまったりという状況になってしまいます。Wi-Fiルーターは、部屋内のどこにもまんべんなく電波を届けられる場所に設置するのが望ましいので可能なら家の中央にWi-Fiルーターを収納すると電波状況は改善します。

電子レンジの近くへの設置は避ける

家電は微弱ながら電波を発信するものが多く、Wi-Fiの電波と干渉してしまって繋がりが悪くなってしまうことがあります。特に電子レンジで使用する電波は、WWi-Fiで使用する電波とほぼ同じ周波数帯の電波であるため、電子レンジを作動させているときに、極端にWiFiの電波が弱まってしまう現象が発生する場合があります。
なるべく家電製品の近くにWiFiルーターを設置するのは避けましょう。特に電子レンジの側は止めておきたいところです。

Wi-Fiは重要

家でネットを快適にするために、Wi-Fi環境は重要だとおもいます。Wi-Fiルーターを設置するなら同時にWi-Fiの収納ボックスを使うことで、デッドスペースだった場所が充電スペースとしたりちょっとした小物を置いたりとが有効活用されます。

コメントを残す