月額無料!契約なしの車用 ポケットWi-Fi 徹底調査 おすすめポケットWiFiプラン

「車で旅行に行くとき」、「仕事で車をよく使う」このような場合、車の中でもWi-Fiが使えると便利です。
車で使える専用のWi-Fiデバイスが発売されて人気ですが、毎日、車の中で長時間いるようなドライバーの方には最適なWi-Fiデバイスだとおもいますが、それほど長い時間、車に滞在するわけではない場合は、ポケット型WiFiがおすすめです。
この記事では、車内で使えるおすすめのポケット型WiFiを紹介します。

車でWi-Fiを使えるようにする方法

車内でWi-Fiを使用する方法は3つあります。

  1. スマホのデザリング機能を活用する
  2. 車の専用Wi-Fiを使う
  3. ポケットWi-Fiを使う

スマホのテザリングで通信する場合は、契約しているデータプランが大容量であればいいですが、そうでない場合はギガ不足になるので、注意が必要です。
車の専用WIFIは、毎日車を利用する人には向いております、データ使用量も無制限で使える製品です。
しかしながら、旅行に使いたい、毎日にちょっとした通勤でWIFIを使うということであれば、ポケットWi-Fiがいいと思います。

ポケット型WiFiなら家でも外出先でも使える

ポケット型WiFi最大の魅力は、持ち運びやすく車でも家でも、場所を問わず使えることです。車のシガーソケットに挿す車載用WiFiは非常に便利ですが、車が走行中にしか使えないように作られています。
ポケット型WiFiなら車内・車外を問わず利用できて利便性が高いのが特徴です。

車載専用Wi-Fi :カロッツェリア


ちなみに、車載専用Wi-Fiとしてもっとも有名な製品はカロッツェリアではないでしょうか?
シガーソケットに差し込ん給電します。すごいのは通信が無制限で使い放題というところで、価格も安いところです。
しかしながら、車が動いているときでないと使えないように、作られています。詳しくは以下にまとめています。
車でWi-Fiが1000円/月で無制限で使い放題、パイオニア車載Wi-Fiカロッツェリア

電池が壊れる危険性
車の中でポケットWi-Fiを利用する場合、夏の暑いときは、充電しながら暑い車内でポケットWi-Fiを使い続けると、リチウム電池が熱で壊れてしまう場合があります。充電しながら使うことはやめましょう。また、暑い車の中に、リチウム電池で駆動するポケットWi-Fiを置いたまますることはやめましょう。
車載専用のWi-Fiはリチウム電池を必要としないため、熱による故障の心配がありません。

契約なし月額費なし- チャージ式 ポケットWi-Fi

ポケット型WiFiの中にも契約が必要なく、毎月の通信料金を支払わなくて良いプランがあります。
データ容量を必要なときに、必要なだけ購入できるデータチャージ式のポケットWi-Fiです。
必要なデータ量を必要なときに購入できるため、車で使う、旅行で使うといった、一時的なニーズに使えるメリットがあります。

チャージ式 ポケットWi-Fiの特徴

チャージ式 ポケットWi-Fiは一度、端末を購入する必要はありますが、使い方は従来のポケット型WiFiと同じで、電源を入れたらインターネットに繋がります。
チャージ式 ポケットWi-Fiを購入した際に、10から100GBのデータ容量もついています。
契約が要らず、月額費もかからないため、一時的な利用の場合はとても便利ですしリーズナブルになります。
従来のポケットWi-Fiと違う点としては、データ容量がなくなったり、期限切れとなった場合、必要なデータ容量を専用のWEBサイトから購入する必要があります。

チャージ式ポケット型Wi-Fi

主なチャージ式ポケットWi-Fiを調べました。
チャージ式のポケットWi-Fiは月額料金がかかりません。初期状態ではデータ容量が端末にチャージされている状態のデバイスを買います。
データ容量がなくなると、追加データを買う必要があります。

チャージ式ポケット型Wi-Fiの端末料金

10GB,30GB、100GBというデータ容量が増える料金が上がりますが、追加でデータをチャージすることを考えると、初期に多めにデータ容量を買っておいたほうが安くなります。

プロバイダー 端末料金 端末


365チャージWiFi
10GB:18700円
20GB:19,800円
30GB:20,900円
60GB:22,000円
100GB:24,200円

MacaroonSE


ギガセットWi-Fi
10GB:20.580円
30GB:22,580円
50GB:23,580円
100GB:25,980円

NA01


リチャージWiFi
10GB:19.980円
100GB:23,980円

TD-10 リチウム電池なしタイプ


かんたんチャージWIFI
10GB:27,900円
30GB:29,900円
100GB:32,900円

NA01


サムライチャージWiFi
10GB:26,980円
60GB:31,480円
100GB:32,980円

NA01

端末は25,000円程度します。
ここで紹介した端末はそれぞれの公式サイトにある新品となります。Wi-Fiの端末は時期によってキャンペーンなどもあり、安くなる場合もあります。
公式サイトではリファービッシュ(新古品)もあり、リファービッシュ品は新品よりも安く購入できます。
データをチャージする際には、公式サイトでの手続きが必要となりますし、独自のキャンペーンもある公式サイトから端末も買っておくと良いと思います。

リチャージWiFiはリチウム電池を搭載していないタイプのモバイルWIFIを扱っています。
車で使う場合は、特に夏場は、車内の温度があがり、モバイルWiFiを長時間、車に乗せたままにしておくと、リチウム電池が壊れてしまうことがありますが、リチウム電池がないタイプのモバイルWi-Fiであれば、そのような心配ありません。また、給電はType-Cによる給電ができるので、車からもモバイルバッテリーからも給電できます。
リチウム電池がない分、耐久性には優れている製品です。

リチウム電池がない端末は車に乗せてシガーソケットなどから給電しつづけて故障しません。車載用としは便利です。持ち運び用のポケットWi-Fiとして利用するにはモバイルバッテリーを購入して給電して使う必要があります。

チャージ式ポケット型Wi-Fiの チャージ料金

端末はリファービッシュ品やキャンペーンなどによって価格がかわりますので、公式サイトでいいものを選ぶとして、重要なのはギガの追加購入です。
月額料金はかかりませんが、必要なデータ容量の購入がもっとも利用することになるとおもいますので、端末を購入する際は、このギガの追加の料金も考慮しておきましょう。

プロバイダー 10GB 20GB 30GB 50GB 60GB 100GB
365チャージWiFi     3278円   4950円 6480円
ギガセットWi-Fi 1980円   3980円 4980円   6480円
リチャージWiFi 2480円   3980円 5480円   7480円
かんたんチャージWIFI 1480円 3280円 3780円   5480円 6980円
サムライチャージWiFi 1980円 3380円 3780円   5480円 6980円

ギガのおかわりを考慮するとギガセットWi-Fiがコストパフォマンスにすぐれているのではないでしょうか?

おすすめのチャージ式ポケット型Wi-Fi

ここで取り上げているポケットWi-Fiからおすすめを選ぶとなると

コストパフォマンス



ギガセットWi-Fi
「ギガセットWi-Fi」は現状、ギガを追加する点ではコスパがいいのでおすすめです。

車メインで使うデバイス



リチャージWiFi
車だけで使うWi-Fiの端末だけを見るとリチャージWiFiはリチウム電池がないタイプのデバイスを採用しており、夏場の暑い中でも車の中にこのWIFIデバイスを置いたままでも、壊れる心配は少ないと思います。

よくある質問

WIFIデバイスはどこから買ってもいいのか?

YahooやAmazon、楽天といったレビューを見ていると、Wi-Fiデバイスだけを格安で購入し、ここで紹介している公式サイトでデータをチャージしている人がいるようですが。
それぞれのWi-FiはIMIEという端末固有の番号で管理されており、販売されているデバイスのIMIEと利用者を紐づけて管理されています。
そのため、プロバイーダー「A」からWIFIを買った場合、ギガのチャージはプロバイダー「A」からしかできません。
中古品を買うならそろぞれの公式サイト販売されているWIFI端末を買いましょう。

コメントを残す