J:COM MOBILEが60分かけ放題サービス1500円で専用アプリなしで通話可能 UQモバイルとY!モバイルと比較してみた

MVNOの「J:COM MOBILE」が月額1500円で60分までの国内通話がかけ放題となる「かけ放題(60分/回)」を2020年12月2日からサービスを開始します。60分を超えた後は30秒あたり20円の通話料金となります。
J:COM MOBILEでは、月額850円で5分かけ放題のサービスを提供していますが、今回のサービスは、かけ放題(60分/回)は、より長い通話をする人に向けたものとしています。
完全かけ放題としなかった理由は、同社によると、1回あたりの通話の99%が60分以内で済んでいるからだそうです。

専用アプリは必要なくキャリアより安い価格

MVNOが通話料を安くするために、専用アプリを用いて通話料金を10円/30秒となるようにサービスを提供しています、この専用アプリの面倒なところは通話アプリの着信履歴から折り返すと、通常の通話料である20円/30秒の料金が発生してしまうところにありますが。
J:COM MOBILEの「かけ放題(60分/回)」は専用の通話アプリを使う必要はなく、通常のアドレス帳や通話アプリからそのまま発信できるサービスになっています。
大手キャリアは月額1700円でかけ放題のサービスを提供しているますが、それよりも安く1500円と価格設定がされています。

通話の仕組み

MVNOはキャリアに対して音声通話の卸料金を従量課金で支払う必要があります。J:COM MOBILEの「かけ放題(60分/回)」はキャリアへの支払い額も増してしまうことになりますが、音声通話の卸料金は値下げの方向で見直される予定のため、現状のままでは採算は厳しいが、先を見越して、60分かけ放題のサービスを導入するそうです。

完全かけ放題サービスとしてはMVNOである日本通信も「合理的かけ放題プラン」としてデータ通信が月3GBが付き、月額料金は2480円(税抜)でサービスを2020年7月15日開始しています。

J:COM MOBILEの発表資料によると、国内通話の99%以上が60分以内の通話となっており、かけ放題(60 分/回)でほとんどの国内通話はカバーできる見込となっています。
1%は1時間以上も通話しているんですね。ちょっと驚きです。

J:COM MOBILEの料金プラン 

J:COM MOBILEは低速時でも1Mbpsの速度となっています。
auのがサブブランドのUQ mobileと同じです。
J:COM MOBILEはたauのサブブランドではないものの、J:COM MOBILEを運営する株式会社ジュピターテレコムは、KDDI株式会社の連結子会社です。
独立系MVNOというよりもUQモバイルのような、サブブランドに近い存在なので、通信品質も低速時であっても、期待できる速度ではないかとおもいます。

月額基本料金 音声通話+データ通信(SMS付き)

データ容量12カ月間7-24カ月目25カ月目以降
1GB/月 980円
5GB/月1,380円1,980円2,980円
10GB/月2,380円2,980円3,980円
20GB/月3,380円3,980円4,980円

月額基本料金 音声通話+データ通信(SMS付き)+「かけ放題(60分/回)」付き

「かけ放題(60分/回)」はオプションで1500円の料金なので、上記の料金に加算すると以下のようになります。

データ容量12カ月間7-24カ月目25カ月目以降
1GB2480円
5GB2880円3480円4480円
10GB3880円4480円5480円
20GB4880円5480円6480円

60分通話し放題で、データ容量が20GBでも5000円から6500円の間となり、電話で長時間通話し、通信もかなり使う人でも、かなり安い金額となっているように感じます。

J:COM MOBILEとUQ mobileとY!モバイルの20GBプランを比較

独立系MVNOでは現状、通話料金をここまで下げてサービス提供はむずかしいとおもわれます、J:COM MObILEはいわるKDDI系でAUサブブランドであるUQ MOBILEやSoftbankのサブブランドであるY!モバイルと品質面からも似ており、プランも近いものがあるので、サブブランドと比較してみました。
Y!モバイルは10分かけ放題がセットになっているので、UQ mobileもオプションで10分かけ放題を追加した場合で1年目の価格で比較してみます。

UQ mobileUQ mobileY!mobile
月額利用料3,380円3,980円4,480円
データ容量20GB
超過時速度最大1Mbps
通話60分かけ放題1500円
通話10分かけ放題700円プランに含む
月額料金合計4880円4680円4480円

J:COMモバイルは利用期間が1年をすぎると料金が上がってきますが、1時間通話し放題で5000円を切る価格というのは、サブブランドでも戦っていけるプランではないかと思います。

利用者側の視点でいうなら、通話も大事な人多いと思いますが、データ通信容量がもう少し安くなることのほうが嬉しいことだと思うのですよね。
AUの無制限のデータ通信サービスがサブブランドやJ:COMモバイルでも安価に利用できるようになる日は来るのでしょうか?

コメントを残す