日本通信「合理的かけ放題プラン」はお得なのか?ユーザー目線でUQモバイルとY!モバイルのかけ放題と比較してみた

日本通信は、音声通話とデータ通信の両方を原価ベースで調達可能になったことで実現したとする「合理的な携帯料金プラン」の第1弾サービスとして「合理的かけほプラン」を2020年7月15日より開始しました。
「合理的かけほプラン」はドコモのMVNOとして提供されるSIMで、国内での音声通話はかけ放題であり、高速データ通信が月3GBが付き、月額料金は2480円(税抜)。3GBを超過した場合は低速通信も可能だが、1GBあたり250円での追加チャージも可能となっています。

日本通信「合理的かけ放題プラン」のポイント

1GB 1000円

かけ放題

合理的かけ放題といっても日本通信は、ドコモからかけ放題を降ろしてもらえているわけではなく、通話でドコモに支払う料金が原価にベースで調達可能になったことで、日本通信がある程度、ヘビーユーザーが超過する通話料金をかぶる形「かけ放題」を実現していることになります。

通話に関しては、日本通信を始めMVNOの格安SIMも品質は同じですのでかけ放題はお得だとおもいます。

データ通信が1GB 250円

日本通信のWEBサイトのキャプチャーになりますが。2020年7月現在キャリアの1GBあたりのデータ通信の費用は1000円となり、それに比べると1GBあたり250円となる日本通信の価格はかなり安くなっています。

通信に関する品質は、日本通信を始めMVNOの格安SIMは価格が安いからといっても速度などはキャリアの品質には遠く及びません。
250円で1GBをという安さですが、安定性や速度を求める人には検討の余地はあります。

日本通信のかけ放題価格をサブブランド比較

サービスプラン月額データ容量備考
日本通信合理的かけ放題プラン2480円3GB1GB、250円
UQモバイルS1980円3GB1700円(24時間かけ放題)
Y!モバイルS2680円3GB10分かけ放題含む

日本通信の「合理的かけ放題プラン」とUQモバイルのプランS、Y!モバイルのプランSを通常価格で調べてみると
UQモバイルはかけ放題を加えると合計で、3680円
Y!モバイルは10分のかけ放題なので、単純に比較はできませんが、2680円
日本通信の「合理的かけ放題プラン」が2480
このことから、通話をメインで考えると日本通信の合理的かけ放題プランはお得と言えると思います。

日本通信の「合理的かけ放題プラン」料金

合計金額(かけ放題込)通信容量
24803GB
27304GB
29805GB
32306GB
34807GB
37308GB
39809GB
423010GB
448011GB
473012GB
498013GB
523014GB
548015GB
573016GB
598017GB
623018GB
648019GB
673020GB
698021GB
723022GB
748023GB
773024GB
798025GB
823026GB
848027GB
873028GB
898029GB
923030GB
日本通信の「合理的かけ放題プラン」は30GBまでが上限となっています。
低速時の通信速度は128kbps

通話の利用について

個人間では電話よりもLINEなどのコミュニケーションになるため、音声通話の機会はへるとおもいますが、企業はLINEなどコミュニケーションアプリが発達してアカウントを作っていたとしても、お客様との会話は音声通話でするという文化は根強くあるため音声通話の需要はあると思います。
今回の日本通信の「合理的かけ放題プラン」は、個人より仕事として通話をする人がターゲットになるプランではないかと思います。
今回の通話料金が原価に近い形で、MVNOである日本通信が卸してもらえるようになったことは、今後、MVNOに何かしら変化がでてくるのかもしれませんが、
主戦場はデータ通信であり、UQmobile Y!モバイルといったサブブランドのデータ通信がMVNOでは差別化できないぐらい優遇されすぎているところが、改善されていかないと、MVNOは増えていけないのではないかと思います。

MVNOが増えすぎるのも良くないかもしれませんが、UQモバイル、Y!モバイルサブブランドが強くなっても、結局はAu、Softbankのキャリアが得するだけですので。
このあたり、5Gで本格的な戦いをしてくるであろう楽天モバイルに期待をしたいところです。

コメントを残す