日本通信、月1390円 6GBに70分無料通話付きの新プラン これ格安SIMで一番いいかも

MVNOの老舗である日本通信が2021年6月3日に月額1390円の新料金プラン「合理的みんなのプラン」を発表しました。
5Gには対応はしていませんが、月間データ容量6GBに70分の無料通話が含まれます。
日本通信はこれまでに20GBに70分の無料通話を含めた料金プラン「合理的20GBプラン」「合理的かけほプラン」というプランを提供していますが、今回発表された「合理的みんなのプラン」はデータ消費が少ない人に対して訴求するプラントなっています。今回はこの「合理的みんなのプラン」を解説します。

日本通信「合理的みんなのプラン」の2つのポイント

「合理的みんなのプラン」の特徴としては2つあります。

70分の通話料込み


「合理的みんなのプラン」の最大の特徴なのは、70分の通話料が込となっているところです。スマートフォンではデータ通信がもっとも利用されますが、まだまだ、通話も必要です。LINEやらIP電話でできるようになってきたレストランなどもでてきましたが、通話する機会も多いのが現実です。
日本通信のニュースリリースでは、以下の様の説明もあります。

携帯電話での通話時間は平均で月に130分。これを発信と着信を半々と想定すると、料金のかかる発信は65分で、これをカバーしているのが70分の通話時間です。みんなのプランには、通話を多用するお客様でない限りは、ほぼカバーできる70分の無料通話が入っています。無料通話を超えた場合の通話料は30秒あたり11円と、携帯キャリアの半額です
日本通信

日本通信はこの通話が70分間の料金も含まれた形で月額1390円とお得なプランとなっています。
仕事で利用するなら70分は足りないでしょうが、個人が利用する用途であるなら、70分の通話があれば十分ではないでしょうか?

日本通信の合理的みんなのプランは、MVNOの多くが提供しているプレフィックス方式(専用通話アプリで通話をすると値引きされる方式)、では、通常の電話アプリで行えて、携帯キャリアと同じ通話品質という特徴もあります。

月間のデータ容量は6GBから


月間6GBまでのデータ容量となっており、6GB超過後は1GBにつき275円が自動的に適用される「おかわり課金方式」を採用されています。もちろん、自動的に増えないように、上限値を設定することも可能です。
日本通信のWEBサイトにあるように、月間6GB程度の通信ができれば、利用者全体の66%満足するとなっています。これまで格安SIMを利用するような人は、あまり通信容量を必要としない人たちがおおかったとおもいますが、日本通信は大手キャリアに対抗するデータ容量プランを訴求し、利用者を拡大しようとしているようです。
6GBあればホント十分ですね。

2年縛り、解約手数料などなし

最近のスマホの通信プランの常識となってきていますが、2年縛りや解約手数料に関しても日本通信の「合理的みんなのプラン」ではありません。
気に入らなかったり、新しいサービスがでてきたら、簡単に乗り換えすることが可能です。

日本通信「合理的みんなのプラン」は通話もデータ容量も十分

大手キャリア、他社MVNOのサービスと比較しても日本通信「合理的みんなのプラン」は通話が込み、データ容量も十分でかなりお得なプランと言えると思います。

「合理的みんなのプラン」の注意点

日本通信の「合理的みんなのプラン」はあくまでデータ容量や通話などとても魅力的ではありますが、MVNOのプランとなります。お昼の時間や混雑する時間は若干通信が低速になる場合はあります。その点は十分理解して利用するようにしましょう。

個人的感想

個人的には楽天モバイルを利用しています。楽天モバイルの利用している最大の理由は無料期間内であるからです。
楽天モバイルには問題はないですが、ときどき、屋内で圏外になることがあり、これはプラチナバンドを持たない楽天モバイルの弱点でもあるのですが、しかしながら、今回の日本通信の「合理的みんなのプラン」月間6GB利用できてき、通話70分込みで月額1390円で、ドコモのネットワークを利用できるSIMとなるので、圏外になるという心配がないので、とても魅力的に感じています。
楽天の無料期間がおわったら、変更をしたい現在ナンバーワンのサービスだと個人的には思っています。

合理的みんなのプラン

コメントを残す