テレワークを快適に!雑音を無くす おすすめのノイズキャンセリングイヤフォン

周囲の騒音を低減してくれる「ノイズキャンセリングイヤホン」。通勤や通学時の電車内などの気になってしまう雑音をカットしてくれて便利です。最近ではテレワークなど在宅で仕事をする機会も増えてきた人も多いと思います、生活で気になる音、近く道路から聞こえてくる車やバイクの騒音など、ノイズキャンセリングの機能があるイヤホンをつかうことで、なくしてくれて、仕事に集中することできてとても便利です。

ノイズキャンセリングの仕組み

ノイズキャンセリングの仕組みはイヤホンに内蔵されたマイクで周囲の音を拾って分析し、その音の音の波と真逆の形の波をイヤホンで発生させ打ち消し合いをさせることでで雑音を低減させるしくみです。車や電車の走行音、飛行機のエンジンノイズなどを集音マイクが拾い集め、分析し、内部のデジタル回路で取り込んだ音の逆位相となる音を生成して、音楽と一緒に再生することで騒音が低減されて音楽を聞くことができます。

ノイズキャンセリングを利用した便利な機能

ノイズキャンセリング用のマイクを利用し、逆に外の音を増幅することが可能なのでイヤホンを着用したまま駅や空港で流れるアナウンスを聴きやすくしたり、人との会話をしやすくしたりできる。ノイズキャンセリング機能のイヤホンを制作するメーカーによっていろいろな特徴があるので、音楽を聞きながら、会話の声も聞きたいというようなことにも使いたい場合は、製品の特徴をみて購入すると良いと思います。

ノイズキャンセリングイヤホンの選び方

遮音性

ノイズキャンセリングイヤホンの遮音方法には2種類あります。ハウジングの形状やイヤーパッドの素材などに工夫をこらして遮音する「パッシブノイズキャンセリング」。電気回路によって遮音性を高めるのが「アクティブノイズキャンセリング」の2つがあります。両方組み合わせることによってさらに静かな環境を実現します。
イヤホンの場合は「パッシブノイズキャンセリング」=耳の形にあうのかどうか大切になります。

バッテリー

アクティブノイズキャンセリングの機能がある場合は通常のイヤホンよりバッテリーを消費してしまいます。
Bluetoothでワイヤレスイヤホンは使用時間に制約のある充電式のモデルがほとんどです。有線接続のイヤホンは10時間以上持続するモデルが多く長時間でもりようできるのが特徴です。バッテリーが切れるとノイズ低減ができないということだけではなく、イヤホンとしても使えない場合があるので注意が必要です。
飛行機など長時間の移動で使う目的の方は連続再生時間を必ずチェックしましょう!外出前のちょっとした時間だけで使用可能な急速充電に対応しているモデルなどあります。
できるだけバッテリーは長持ちするものを選びましょう。

装着感

「パッシブノイズキャンセリング」に関わることでもありますが、遮音性をたかめるため装着感がそこなわれてしまうのもよくありません。イヤーピースやイヤーフックの有無を考慮して選んでみましょう。イヤーピースは大きさ・形・素材ごとにさまざまな種類があります。小さすぎると落ちやすく、大きすぎると耳が痛くなりやすい傾向にあります。

音質

イヤホンの基本ですが、せっかく買うなら良い音質で音楽がきけるものがいいですよね。
ワイヤレスイヤホン(Bluetooth対応)であればLDAC・aptX・HDコーデックに対応しているかどうかが良い音質かどうかの見極めポイントです。

おすすめワイヤレスのノイズキャンセリングイヤホン

長い前置きになりましたが、おすすめのワイヤレスイヤホンを紹介したいと思います。

airpods pro

Airpods pro

29000円から
Appleのノイズキャンセリングイヤホン。iOSデバイスとの親和性の高さが大きな特徴です。
iOSデバイスと簡単にペアリング設定ができ、複数のiOSデバイス間での切り替えもスムーズ。iOSデバイスとの接続時には音声の遅延を大幅に抑制できるので、動画観賞やゲーム時の使用も可能です。
イヤホン内外に搭載された集音マイクと高性能回路の組み合わせによる、騒音低減性能が高くて、また音楽を聴きながらでも周囲の音が聴ける「外部音取り込みモード」も備えています。外出時でも音楽を聞きながら周囲の音も拾うので、屋外の使用でも可能です。
イヤホンのみで最大5時間、付属の充電ケースの使用で最大24時間再生が可能。
ソフトで柔軟なシリコーン製イヤーチップを3つのサイズで用意されており、これまで問題になっていた装着感が解決されています。
Airpods pro

SONY WF-1000XM3

SONY WF-1000XM3
25000円から
ワイヤレスなのにハイレゾ相当の高音質で音楽を楽しめるノイズキャンセリングイヤホン。高音質ノイズキャンセリングプロセッサー「QN1e」と「デュアルノイズセンサーテクノロジー」により、低音から中高音まで幅広い帯域のノイズを低減します。
イヤホン単体で最大6時間連続再生可能。
バッテリーは本体と付属ケースを合わせて約24時間の音楽再生が可能。
周囲の音を取り込める「外音取り込み機能」を搭載しており、イヤホンを装着しながらでも電車のアナウンスなどを聞き取れます。
音楽は良い音でという方はこれがおすすめです。
SONY WF-1000XM3

JABRA Elite Active 75t

JABRA Elite Active 75t
25000円から
あらゆる耳の形にフィットするよう設計され、使用時にも外れにくくスポーツしながらも使えます。
イヤホン本体で最長7.5時間。ケース充電を併せて最長28時間使用可能。Qi規格のワイヤレス充電器に対応。
本体のコンパクトさと耳へのおさまりは、全イヤホンの中でもトップレベルです。
JABRA Elite Active 75t

Anker Soundcore Liberty Air 2

Anker Soundcore Liberty Air 2
6900円から
Ankerのワイヤレスイヤホンです。
イヤホン単体で最大7時間、付属の充電ケースを合わせて使うと最大28時間の使用が可能。
とにかく遮音性が高く価格はお手頃です。この価格でならいいですよね。
アマゾンではとても人気のようで高評価が多い人気のワイヤレスイヤホンです。
リーズナブルですし音楽を聞くし、テレワークをするというならこれがいいかもしれません。
Anker Soundcore Liberty Air 2

Boseが本気出して最新のワイヤレスイヤホンだしてくれないかなあ。

コメントを残す