iPhone 12シリーズ iPhone 12・mini・Pro・Pro Maxを比較してみた

APPLEが202010月14日に新型iPhoneとして「iPhone 12」「iPhone 12 mini」「iPhone 12 Pro」「iPhone 12 Pro Max」の4機種が発表しました。
大きさやらカメラがすごくなって5Gにも対応したなど、いいなあと思う人もおおかったとおもいます。
今回は、発表された範囲で特徴的なスペックをまとめて比較してみました。

iPhone 12シリーズ サイズ比較

iPhone 12シリーズではサイズにも大きな変化がありました。

iPhone 12 miniiPhone 12iPhone 12 ProiPhone 12 Pro Max
画面サイズ5.4インチ6.1インチ6.1インチ6.7インチ
131.5 mm146.7 mm146.7 mm160.8 mm
64.2 mm71.5 mm71.5 mm78.1 mm
厚さ7.4 mm7.4 mm7.4 mm7.4 mm
重さ133 g162 g187 g226 g

小さいサイズ順で並べると
iPhone 12 mini

iPhone 12

iPhone 12 Pro

iPhone 12 Pro Max
になります。

実際触ってみないとわかりませんが、iPhone史上最も大きなディスプレイを搭載する「iPhone 12 Pro Max」は片手で操作するのはむずかしいかもしれません。

iPhone 12シリーズ バッテリー

AppleはiPhoneの電池容量を明かしていませんが、それぞれの使用時間が公開されています。

iPhone 12 miniiPhone 12iPhone 12 ProiPhone 12 Pro Max
ビデオ再生最大15時間最大17時間最大17時間最大20時間
ストリーミング最大10時間最大11時間最大11時間最大12時間
オーディオ再生最大50時間最大65時間最大65時間最大80時間

5G向けの新しい省電力機能として必要のない時は4Gで接続する「スマートデータモード」に対応しています。

iPhone 12シリーズの共通機能

5G対応 日本モデルは「Sub6」

iPhone 12シリーズはすべて5Gに対応します。
5Gには「超高速通信」「超低遅延」「多数同時接続」のミリ波、比較的繋がりやすく4Gより高速のSub6の2種類がありますが、日本版のiPhone 12シリーズはSub6のみの対応となります。
アメリカモデルのみがミリ波に対応しています。
5Gのエリアはまだほんの少ししかありませんので、おそらく1,2年は4G中心ではないかとおもいます。
5Gについては基礎的なことをいかにまとめていますので、御覧ください。
5Gの基礎知識「ミリ波」「Sub6」とは?違いは何か メリットとデメリットも解説

MagSafe

iPhone 12シリーズはすべての機種が新しい「MagSafe」に対応します。
MagSafeとは以前のMacBookシリーズに採用されていたACアダプタとの接続コネクタ、磁力によって固定されているため、外力が加わるとすぐに外れて断線を防ぐ仕組みです。
MagSafe充電は、iPhone 12シリーズ内に配置されたマグネットにより実現したもの。その背面にアクセサリーがピタリと貼り付くよう、磁束を捉えるための独自のナノ結晶シールドを使用しているとのことです。
ワイヤレス充電は位置がズレていると充電効率が著しく低下したり充電できないこともありますが、新しい「MagSafe」は専用のワイヤレス充電器とiPhone本体にマグネットを内蔵することで磁力で位置ズレを解消され最大出力も2倍になることでワイヤレスでも急速充電が可能になります。
MagSafeの充電器は別売りとなります。
iPhone 12 シリーズでケースを付ける場合はMagSafe対応のケースが必要になります。

処理速度

iPhone 12シリーズはすべて「A14 Bionic」を搭載しています。5nmプロセスで設計されたチップセットを搭載する世界初のスマートフォンです。
大幅なパフォーマンスの向上が図られています。

カメラ

iPhone 12 mini / iPhone 12はiPhone 11同様に超広角+広角のデュアルカメラとなっています。
複数枚撮影で美しい写真を合成するDeep Fusion、より進化したスマートHDR3に対応します。また、動画撮影はDolby Visionの4K HDRに対応します。
一番わかりやすい進化は超広角カメラがナイトモードに対応したこと。手ブレ補正こそ無いものの、ダイナミックな画角で美しい夜景写真が撮れるようになりました
カメラはそれぞれ特徴がことなりますが、言葉やスペックで説明するより、公式サイトなどの画像などをみることをおすすめします。
機能の豊富なので、写真のとり方を工夫するとかなりのものが撮れると思います。個人的には、使いこなせないです。

iPhone 12シリーズの価格と発売日

Appleストアの価格です。
キャリアから買うことができます、昨年より、端末購入の仕方も変わり、通信料金と端末価格が分離された「分離プラン」が義務化されていますので、機種変更される場合はすこし変わっていると思いますが、キャリアの場合は通信プランとトータルすると少し安くかんじるかもしれません。

iPhone 12 miniiPhone 12iPhone 12 ProiPhone 12 Pro Max
64GB74,800円85,800円
128GB79,800円90,800円106,800円117,800円
256GB90,800円101,800円117,800円128,800円
512GB139,800円150,800円
発売日2020年11月13日2020年10月23日2020年10月23日2020年11月13日

iPhone 12シリーズのSIMフリーで格安SIMってありなの?

格安SIMの場合は、そもそもキャリアほどの速度もでていませんのし、まだ5Gに対応しているところはすくないため、通信面ではiPhone 12シリーズはオーバースペックかもしれません。

どれをかいますか?

新しいiPhone が出ました。通信に関しては日本ではまだまだ環境が整っていませんが、カメラ機能やパフォーマンスが大幅に向上したハイスペックのiPhoneです。
どれをかいますか?

コメントを残す