iPhoneバッテリーが減るのが早いバッテリーの交換の目安、交換費用について

iPhoneを使っていて普通につかっているのに、バッテリーの減りが早くなったと実感するようになって、買い替えをするほどでないが、バッテリーだけ交換したいと思うことはあるとおもいます。
バッテリーの減りが早い原因はバッテリーの劣化が主な原因です。自分でiPhoneのバッテリー状況を確認してみましょう。

iPhoneのバッテリー交換目安を確認

iPhoneのバッテリーの状態をチェックしましょう。
「設定」から「バッテリー」>「バッテリーの状態」の順にタップします。


バッテリーの状態を確認する画面で「最大容量」に記載の数字をチェックしましょう。この最大容量とは、新品時と比較したバッテリー容量の基準です。

iPhoneのバッテリー交換目安 最大容量80%以下

iPhoneのバッテリーの最大容量が80%を下回ってくると、以下のような減少がおきることが増えてきます。

  • アプリ使用中にアプリが落ちる
  • iPhoneが再起動してしまう

もちろん、頻繁におきるわけではありませんし、iPhoneの使い方など他の要素も原因となることも多いですが、バッテリーの問題も絡んでいることが多いようです。
バッテリー状態の確認で80%以下の方で、アプリなどが落ちるなど頻繁に起きる場合は、バッテリーを交換することで状況の改善があります。

ちなみに、バッテリーの最大容量に80%と表示されている場合、「フル充電しても新品時の80%程度しか充電できない」ことを意味します。
Appleではバッテリーの品質基準を「フル充電サイクルを500回繰り返した時に、本来の容量の最大80%を維持できるように設計されている」としています。
1日1回充電したとして、1年半使用すればバッテリー容量は最大でも80%までしか充電できなくなる、ということになります。

iPhoneのバッテリーの最大容量が100%に近い値なのにバッテリーが早くなくなる

バッテリーの最大容量がほぼ100%で、バッテリーの減りが早いと感じるのであれば、バッテリーの劣化が問題なのではなく、次のような要因でバッテリーを消耗している可能性が高くなります。

  • Wi-FiやBluetooth機器と接続している状態
  • バックグラウンドで動作しているアプリがある
  • GPS(位置情報サービス)がONになった状態

これらの設定を見直すことでバッテリーの減りを改善できますので、改善してみましょう。

iPhoneのバッテリー交換にかかる費用

Appleでバッテリー交換をする場合、以下の費用がかかります。

機種Apple製品限定保証
AppleCare+の保証対象
保証対象外
iPhone X0円8,140円
iPhone XS0円8,140円
iPhone XS Max0円8,140円
iPhone XR0円8,140円
iPhone 110円8,140円
iPhone 11 Pro0円8,140円
iPhone 11 Pro Max0円8,140円
iPhone 12 Pro Max0円8,140円
iPhone 12 Pro0円8,140円
iPhone 120円8,140円
iPhone 12 mini0円8,140円
機種Apple製品限定保証
AppleCare+の保証対象
保証対象外
iPhone SE(第2世代)0円5,940円
iPhone SE0円5,940円
iPhone 60円5,940円
iPhone 6 Plus0円5,940円
iPhone 6s0円5,940円
iPhone 6s Plus0円5,940円
iPhone 70円5,940円
iPhone 7 Plus0円5,940円
iPhone 80円5,940円
iPhone 8 Plus0円5,940円
その他すべての対象モデル0円5,940円

Appleの保証期間内は無償で対応してもらえるので、保証の対象の場合は交換を検討しましょう。

バッテリーを交換する前には必ず、iPhoneをバックアップ取りましょう。

コメントを残す