Bluetooth非対応のテレビでワイヤレスイヤホンを使えるようにする方法

テレビの音をワイヤレスイヤホンで聴きたいと思うことはありませんでしょうか?映画をTVでみるときなんか、映画館のような迫力にするには音量もある程度必要かと思います。また、夜中に家族が寝ている時なんか、大きな音を出せずに、ボリュームを下げてテレビをみるということもあるかもしれません。最近はBluetoothに対応したテレビもありますが、自宅のテレビがBluetoothに対応していないくても問題ありません。
自宅のテレビをBluetooth対応にしてワイヤレスイヤホンでテレビの音が聞けるようにする方法があります。

TVをBluetooth対応にするBluetoothトランスミッター


Bluetoothトランスミッターは、Bluetooth非対応機器に取り付けることで、Bluetooth通信によるデータ伝送を可能にするガジェットです。テレビに限らず、パソコンなど、Bluetooth非対応の機器にBluetoothトランスミッターを取り付けることで、ワイヤレスイヤホンやヘッドホンに音声を伝送可能になります。ワイヤレスで音が聞けるようになると、ケーブルがいらなくなるので、テレビから長いコードでヘッドフォンをつないで音を聞くなんことが必要なくなり、スッキリします。

テレビと接続するBluetoothトランスミッターの選び方/注意点

音ズレしないように「aptXLL」対応製品

「『aptX LL(aptX Low Latency)』というBluetoothコーデック」に対応製品は、音声遅延が少なく音質も良好です。映像と音が少しズレたりすると、映画なんか見てられないほどの違和感です。
音ズレしないかはテレビの音を無線化する上でとても重要です。

複数の機器を接続可能かどうか

テレビと接続するBluetoothトランスミッターは、複数の機器を接続できるモデルがおすすめです。複数のワイヤレスイヤホンやヘッドホンでテレビの音が聞こえるようになるので、家族や友達と一緒にテレビ番組や映画を楽しめるようになります。

接続可能距離

Bluetoothトランスミッターの通信可能距離は、モデルごとに異なります。自宅でテレビ用として使うのであれば、接続機器同士の距離が離れる可能性があるため、通信可能距離が10m以上の製品がおすすめです。

Bluetoothのバージョンは高いものに

Bluetoothのバージョンは上がると、データ転送速度・通信速度・省エネ性能などが向上しています。ですので、Bluetoothのバージョンが高い製品を選びましょう。

ただし、Bluetoothの互換性には注意が必要です。。Bluetooth 4.0以降は互換性があります。Bluetooth 4.2のワイヤレスイヤホンとBluetooth 5.0のトランスミッターは接続できます。しかしながら、Bluetooth 4.0以降と3.0以前では互換性がありません。
Bluetoothの高いバージョンのトランスミッターを選びましょう。

テレビをBluetooth対応にするおすすめトランスミッター


Anker Soundsync Bluetooth トランスミッター レシーバー 高音質 2-in-1 Bluetooth 5.0 AUX RCA 光デジタル接続 対応
¥3,999

トランスミッターとレシーバーのハイブリッド型:トランスミッター(送信機)とレシーバー(受信機)の両機能を搭載し、ほぼすべてのオーディオ機器にBluetooth機能をつけることが可能です。Bluetooth 5に対応しているため、Bluetooth 4.2の約2倍のデータ送信スピードと安定した接続性能があります。最大通信距離10mを実現しています。CSR BC8675チップを搭載し、音声遅延を極限まで抑えているので、テレビなども安心してみることができます。接続方法はAUX・RCA・光デジタルと幅広く、ケーブルも同梱されています。別途ケーブルを購入せずとも、本体を購入した日から音楽や動画をBluetoothで楽しめます。
対応コーデック
送信モード:aptxHD aptxLL aptx SBC
受信モード:aptxHD aptxLL aptx AAC SBC

おすすめポイント
Bluetoothの高いバージョンであるBluetooth 5に対応
最大通信距離10m
音声遅延を極限まで抑えている仕様


JPT1 Bluetooth ver 5.0 超小型 トランスミッター & レシーバー AAC APT-X LL 対応
¥3,480
JPRiDEのBluetoothトランスミッターです。「aptXLL」に対応しているため高音質・低遅延がこのトランスミッターの特徴になります。装着しているヘッドホンなどに音声を伝送できるので、深夜に映画を視聴したいシーンなどでも気がねなく楽しめます。超小型ですが、250mAhのバッテリーを内蔵しており、13時間の連続稼働が可能です。
対応コーデック
送信モード:aptX, aptX LL, SBC
受信モード:AAC, SBC
おすすめポイント
Bluetoothの高いバージョンであるBluetooth 5に対応
「aptXLL」に対応しているため高音質・低遅延


Bluetooth トランスミッター レシーバー AAC aptx-LL対応 【光デジタル Type-C 24時間再生】Type-C充電 低延遅 通信距離13m
¥3,899
高音質かつ低遅延なaptX LLのコーデックを使用し、Bluetooth機器を2台同時に接続することも可能!家族や友達と一緒にテレビを視聴したい方に最適です。
光デジタルケーブルでテレビなどと接続し、高品質・低遅延・安定になり、お気に入りの番組、映画などを楽しむことができます。
対応コーデック
送信モード: aptXLL、aptX、SBC
受信モード: SBC
おすすめポイント
Bluetoothの高いバージョンであるBluetooth 5に対応
「aptXLL」に対応しているため高音質・低遅延

AirPodsやAirPods ProはBluetoothトランスミッターに対応しているのか?


AirPodsやAirPods Proを利用している人も多いと思いますが、コーデックが重要で、このページ紹介してている商品はすべてAirPods・AirPods Proの対応コーデックでであるSBC、AACに対応しています。

テレビの音声を無線化するためにBluetooth トランスミッターを使うなら

テレビの音声を無線化するためにBluetooth トランスミッターを使うなら同時接続数が多くて通信可能距離が広く、低遅延な「aptX」や「aptX LL」のコーデック対応製品を選ぶようにしましょう。

コメントを残す