AirPods 3は何が変わった?AirPods ProとAirPods 2と比較

Appleが2021年10月19日に第3世代のフルワイヤレスイヤホン「AirPods」(AirPods 3)を発表し、2021年10月26日より発売となりました。
現在のAirPods第2世代「AirPods」、高性能で高音質な「AirPods Pro」、そして今回発表されたProをベースに機能と価格を抑えた最新の第3世代「AirPods」の3機種がラインナップがあります。
今回は、3機種のAirPodsシリーズの違いを比較・解説します。

AirPodsシリーズのデザイン比較

AirPods 3AirPods ProAirPods 2
サイズ30.79 x 18.26 x 19.21 mm30.9 x 21.8 x 24.0 mm40.5 x 16.5 x 18.0 mm
重さ4.28 g5.4 g4 g
カスタムイヤーチップ無しS/M/L無し

AirPods 3はこれまでで一番、ステムが短くなりました。ステムが短くなったことで耳から落ちにくくなり、紛失のリスクも減りました。
AirPods 3はAirPods 2と同じくはインナーイヤー型を採用しているため、耳に引っ掛けるタイプのイヤホンになるため、ランニングなどの上下運動で振動が多い運動では耳から落ちることがあります。もちろん個人差にもよるところではあります。
AirPods Proはカナル型イヤホンであり、耳に入れ、そして、耳の形や大きさに合わせたイヤーチップを装着できるようになるため、この3つの中では運動などでつかうならAirPods Proが最適といえます。

AirPodsシリーズのオーディオテクノロジーの比較

AirPods 3AirPods ProAirPods 2
アクティブノイズキャンセリングXX
外部音取り込みモードXX
アダプティブイコライゼーションX
ハイダイナミックレンジアンプX
快適な通気システムXX

AirPodsは外出時、通勤や通学の電車内、カフェなど周囲が騒がしい場所で利用する機会があるとおもいますが、AirPods 3には、残念ながら周囲の騒音をカットするノイズキャンセリングがなく、外部音取り込み機能もそなわっていません。雑音がある中で音楽を聞きながらでも会話などを聞いたりできるのはAirPods Proが優れています。
音質の機能の比較でみてとれるように、AirPodsプロが音を聞くためのカナル型採用であったり、ノイズキャンセル、外部音取り込みなど、外出時に音楽を楽しむなら最適な機能が含まれています。

AirPodsシリーズのまとめと価格

AirPods 3AirPods ProAirPods 2
サイズ30.79 x 18.26 x 19.21 mm30.9 x 21.8 x 24.0 mm40.5 x 16.5 x 18.0 mm
重さ4.28 g5.4 g4 g
カスタムイヤーチップ無しS/M/L無し
アクティブノイズキャンセリングXX
外部音取り込みモードXX
アダプティブイコライゼーションX
ハイダイナミックレンジアンプX
快適な通気システムXX
連続再生時間最大6時間最大4.5時間最大5時間
耐汗耐水性能X
価格23,800円30,580円16,800円
購入購入購入購入

新しくAirPods 3は、Airpodsプロに比べるとオーディオ機能は劣るものの小さくなり、バッテリーの持ちがすこし改善し、オーディオ技術もそなわりました。
AirPods Proは雑音を消して音楽や作業に集中できるアクティブノイズキャンセリングと、乗り過ごしや安全のために車内アナウンスや車や自転車など周囲の音を聴ける外部音取り込みモードがあるので、外でイヤホンを使う、ランニングなどにも使いたいというのであれば、AirPods ProがAirPodsシリーズの中ではおすすめです。

コメントを残す