ahamo、楽天モバイル、Y!mobile、UQ mobileのプランを比較してみた

ドコモは、2021年3月より新プラン「ahamo」を提供します。政府からの料金値下げの要請に応えるプランで、月間のデータ通信量は20GB。「ahamo」に先駆けて料金プランを発表した、ソフトバンクはのサブブランドであるY!モバイルの「シンプル20」や、KDDIのサブブランドであるUQ mobileの「プランV」と容量が同じです。価格は楽天モバイルと同じです。
「ahamo」は、家族割引、固定回線とのセット割、長期契約割引など、適用された割引が一切適用されず、申込みもサポートもすべてオンラインというかなり割り切ったプランとなっています。
ドコモの「ahamo」、楽天モバイルの自社プラン「Rakuten UN-LIMIT」、ワイモバイルの「シンプル20」、UQ mobileの「プランV」のサービス比較してみました。

ahamo、楽天モバイル、Y!mobile、UQ mobileプランを比較

 ドコモ楽天Y!モバイルUQモバイル
プラン名ahamoRakuten UN-LIMITシンプル20スマホプランV
データ容量20GB無制限
(auエリアは5GB)
20GB20GB
速度制限最大1Mbpsなし最大1Mbps最大1Mbps
通話5分/回無料無料(アプリ)10分/回無料オプション
事務手数料無し無し有り有り
割引無し無し無し家族割500円
受付オンラインのみ店舗とオンライン店舗とオンライン店舗とオンライン
サポートオンラインのみオンラインのみ店舗とオンライン店舗とオンライン

それぞれのサービスを比較するとドコモの「ahamo」は全国で通信できることもあり、楽天モバイルより、通信面がすぐれています。
Y!mobileの「シンプル20」およびUQ mobileの「プランV」に対しても価格面などもで優れており、人気となると考えられます。

現時点で考えるなら東京、名古屋、大阪在住なら楽天モバイル

個人的な感想ですが、現時点で、東京、名古屋、大阪に在住されている方は楽天モバイルのエリアが整ってきていますので、楽天モバイルがいいかとおもいます。
それに、1年無料ですからね。それ以外の場所に在住の場合は、ahamoがよいのではないかと思います。
楽天モバイル
ahamo

今後のソフトバンクやKDDIの動向を見よう

2020年12月7日時点で提供されているのは、楽天モバイルの「Rakuten UN-LIMIT」のみです。
その他の料金プランについては、発表されているだけで、SoftbankやKDDIがドコモの新プラン「ahamo」にあわせて、何か動きをしてくると考えられます。
料金値下げやサービス改訂の可能性が十分ありえます。今後の動向にも要注意です。

20GBではブレケッジは解消されていない

携帯キャリア業界では、収益の源は”breakage(ブレケッジ)”にある、と世界中で言われています。
ブレケッジとは、お客様が契約する料金プランにおいて、必要以上の容量(データ量あるいは通話時間)を契約し、実際には相当量を残すケース、また逆に、契約する容量が不足することで高額な超過料金が発生するケースにより、携帯キャリアにとっては「収益性が高い料金」になるものです。
MMD研究所の調査発表では20GB以下の利用者が全体8割を占める状況となっております。
契約中のデータ容量プラン
20GBあたりのプランを充実させるより、本当にしなければならないのは、8割の利用者がいる20GB以下のところではないかと思います。

日本通信、ahamoに対抗の20GBで1980円/月の「SSDプラン」発表「ahamo」と「SSDプラン」を比較してみた

ドコモが新料金「ahamo」発表 月額2980円で20GBで5分かけ放題 海外でも使える 最強だね。

docomoの「ahamo」の破壊力、政府の要望がMVNOを減少させ寡占状態を強めるのでは

コメントを残す