ドコモが新料金「ahamo」発表 月額2980円で20GBで5分かけ放題 海外でも使える 最強だね。

NTTドコモ2020年12月3日に新料金プラン「ahamo(アハモ)」を発表しました。噂されていたよりも内容的にはキャリアにしかできないサービスとなっています。ただし、注意点もあります。サブブランドをもたないドコモが自ら低価格の大容量プランを正式にリリースするのは、政府から要望に応える形となっているからでしょう。
おそらくサブブランドとして準備をしていたが、武田大臣にいろいろいわれているので、サブブランドの名前はつかわず、メインとしての発表になったのだと思います。

docomoの新料金プランahamo

月額料金2,980円(税抜)
別途ユニバーサルサービス料
月間利用可能データ容量20GB
超過後速度最大1Mbps
音声通話1回あたり5分以内の国内通話無料
ネットワーク4G/5G
利用可能データ容量の追加1GBあたり500円(税抜)
かけ放題オプション月額1,000円(税抜)国内通話無料
キャリアメール使用できません

●データ通信
20GBまでのデータ通信を利用でき、20GBのデータ容量を使い切った後も、1Mbpsでデータ通信を利用できる。
1GBあたり500円で追加のチャージをすれば、高速通信が可能。

●ネットワーク
ドコモの4Gと5Gに対応している。

●音声通話
1回あたり5分以内の通話が放題となり、5分を超える通話は30秒あたり20円の料金。
月額1000円で国内通話がかけ放題となる「かけ放題オプション」も用意している。

●キャリアメール
キャリアメールはつかえませんが。必要としている人はすくないので、問題ないですね。

●契約解除料・定期契約なし
縛りなしですよ。すごい。

NTTドコモの新プランとの位置づけだるため、既存のドコモユーザーはSIMカードを挿し替る必要なく、「ahamo」へ簡単に移行できます。システム改修に時間が必要なため2021年5月までの間は、既存のドコモユーザーがプラン変更する場合でも、他社からの乗り換えユーザーと同様に、SIMカードを挿し替えるなどの手続きが必要となりますがその場合も手数料や解約金の負担は生じません。
法人契約は不可です。

ドコモの高品質の通信で安くて大容量なので文句なしです。

海外ローミング可能

月間20GBのデータ容量の範囲で、海外82の国や地域で追加料金なしで利用できる。海外で使えるプリペイドSIMが要らなくなりますね。
対応国は以下の通り

アイルランド
アゾレス諸島
アメリカ
アラスカ
アンドラ
イギリス
イスラエル
イタリア・バチカン
インド
インドネシア
エクアドル
エジプト
エストニア
オーストラリア
オーストリア
オマーン
オランダ
カタール
カナダ
カナリア諸島
韓国
カンボジア
キプロス
ギリシャ
グアム
クロアチア
サイパン
サウジアラビア
サンマリノ
シンガポール
スイス
スウェーデン
スペイン
スペイン領北アフリカ
スロバキア
タイ
台湾
チェコ
中国
チリ
デンマーク
ドイツ
トルコ
ナウル
ニュージーランド
ノルウェー
米領バージン諸島
バチカン
アメリカ(ハワイ)
ハンガリー
バングラデシュ
フィジー
フィリピン
フィンランド
プエルトリコ
ブラジル
フランス
ブルガリア
ブルネイ
ベトナム
ペルー
ベルギー
ポーランド
ポルトガル
香港
マカオ
マディラ諸島
マレーシア
南アフリカ
ミャンマー
メキシコ
モナコ
モロッコ
ヨルダン
ラオス
ラトビア
リトアニア
リヒテンシュタイン
ルーマニア
ルクセンブルク
レソト
ロシア
キャリアでしかできない付加価値として海外ローミングも使えるというのはかなりのアドバンテージです。

申し込みはオンラインのみ

ドコモの新料金プランはahamoは実店舗では取り扱わず、オンラインでのみ受け付け、新規契約は専用サイトで受け付けるようになります。
言い方はわるいかもしれませんが、販売店や販売代理店で、リテラシーが高くない方に、高額大容量プランを販売し過剰とも言える利益を得られている今の販売方法をまもりつつも、オンラインをメインとしていた、格安SIMサービスのMVNOや海外でつかえるプリペイドSIMの販売をしていたような小さなサービスには大ダメージがあると思います。

ahamoとは

docomoの新料金プランの名前の「ahamo」は、「未知の物事を瞬時に理解すること」を意味する「アハモーメント」、「なるほど」という相槌の英語表現「aha」、「楽しい時にアハハと笑う」感嘆詞としての「アハ」の3つの意味を込めているそうです。

KDDIやSoftbankや楽天には驚異、MVNOを駆逐するかも

携帯電話料金をめぐっては、菅義偉政権による値下げ要請に応じる形で、KDDIとソフトバンクがそれぞれUQモバイル・ワイモバイルのサブブランドで、20GBが4000円前後の新料金プランを発表済していましたが、NTTドコモは本体で5Gにも対応の割安な料金プランを新設しました。KDDIやSoftbankや楽天モバイルにも選択を迫られる価格帯のサービスです。しかしなによりも、携帯大手3社の通信設備などの一部を借り受け格安SIMのサービスを提供しているMVNOにとってはとても厳しい状況になりそうです。
武田大臣は「一番の恩恵はMVNOの皆さんに来る」という発言があり、MVNOにも恩恵があるように考慮してくれているのかもしれませんが、docomoがオンラインのみとはいえ、このレベルのサービスを2980円で提供するとなると、MVNOはどうやって競争し生き残っていくのでしょうか?

KDDIやSoftbankも何か手をうってくる!契約はもうすこし様子をみたほうがいいかも

KDDI,ソフトバンクはUQモバイル、Y!モバイルでユーザーのためではなく、政府の要望に合わせたぬるめのプランを先行して発表していました。
UQ mobileデータ容量20GBで月3980円の新プランとY!モバイルの20GBプランを比較
そんなところで、ドコモがahamoで後出しジャンケン状態で一気に逆転するプランを出してきました。KDDIやソフトバンクは黙っていないでしょう。一気に価格帯が変わる可能性が出てきました。ahamoスタートは3月ですので、それまでに、大きな変化は起きてくるので、様子をみてから契約変更など考えると良いと思います。

コメントを残す