ソフトバンクも20GBで2980円「SoftBank on LINE」発表「ahamo」を比較してみた

ソフトバンクは、オンライン専用の新ブランド「SoftBank on LINE」を立ち上げ、データ容量20GBを月額2980円で利用できる4G・5G共通の新たな料金プラン「LINEがギガノーカウント」を2021年3月に提供することを発表しました。「SoftBank on LINE」は、LINEとZホールディングスの経営統合を機に、ソフトバンクがLINEのプラットフォームを活用して展開する新ブランドとなります。
「SoftBank on LINE」は従来の「LINEモバイル」とは全く別のサービスとなり、通信品質もソフトバンクのメインブランドと共通で、MVNOである現在のLINEモバイルのように、昼間の通信速度が遅くなることもないそうです。現行の「LINEモバイル」については、「SoftBank on LINE」のサービスを開始する3月をもって新規受付を終了。現在LINEモバイル株式会社については、ソフトバンク株式会社の100%子会社化および吸収合併する方針となっています。

SoftBank on LINE(仮)プラン

月額料金2,980円(税抜)
別途ユニバーサルサービス料
月間利用可能データ容量20GB
超過後速度最大1Mbps
音声通話1回あたり5分以内の国内通話無料
ネットワーク4G/5G
利用可能データ容量の追加1GBあたり500円(税抜)
かけ放題オプション月額1,000円(税抜)国内通話無料
eSIM対応

「オンライン専用新ブランド」による「月額2,980円の新料金サービス」では、基本使用料2,980円で、毎月のデータ容量20GBが使用可能(データ容量超過時の通信速度は最大1Mbps。データ容量を超えた場合、500円/1GBで追加可能)。
通話に関しては、5分以内の国内通話が何度でも無料で1回当たり5分を超える国内通話は20円/30秒の通話料が別途かかります。
5分を超える国内通話も無料になる月額1,000円の通話オプションに加入することも可能。
ahamoと同じですね。

SoftBank on LINE(仮)とahamoを比較

softbankdocomo
SoftBank on LINE(仮)ahamo
月額料金2,980円(税抜)
別途ユニバーサルサービス料
月間利用可能データ容量20GB
超過後速度最大1Mbps
音声通話1回あたり5分以内の国内通話無料
ネットワーク4G/5G
利用可能データ容量の追加1GBあたり500円(税抜)
かけ放題オプション月額1,000円(税抜)国内通話無料
海外データ通信不明対応
eSIM対応非対応
LINEカウントフリー対応非対応

ahamoとほぼ同じすこしだけ違う点

ドコモのahamoと同じく、オンライン専用サービスを掲げており、ahamoは現時点ではeSIMには対応してないのでこの点は違います。「ahamo」では海外におけるデータ通信のデータ容量の範囲で使えるメリットがありますが、Softbankの場合は、そのサービスはありません、後ほど追加があるのかもしれませんが、現時点では発表はされていません。LINEがカウントフリーで一部機能が使えるとい点はソフトバンクオリジナルとなります。

オンライン専用ブランドは金額サービスが固定されるのでは

ドコモからは「ahamo」、ソフトバンクから「SoftBank on LINE(仮)」ほぼ、横並びの価格と品質のサービスがスタートすることが決まりました。
おそらくは、最後にKDDIが同じプランを発表してくるのではないかと思います。そしたら、また炎上するのかな?
楽天はどう出てくるのでしょうか?

コメントを残す