ahamo povo SoftBank on LINEでまとめと比較

2021年1月13日にKDDIの「povo」(ポヴォ)が発表されました。ドコモのオンライン限定プラン「ahamo」が発表され、ソフトバンクの「SoftBank on LINE」の概要も発表され、3キャリアのオンラインのプランが出揃ったので、中容量帯20GBプランまとめと比較をしてみました。各社のサービスは、2021年3月に提供開始予定のため、現時点では明らかにされていない点も多く残っています。また、KDDIに合わせて、価格帯も下げてくる可能性もありますので暫定的なものかもしれあません。

[ahamo]、「povo」、「 SoftBank on LINE」比較

MNOdocomoKDDIソフトバンク
名称ahamopovoSoftBank on LINE
開始
2021年3月
月額料金 2,980円 2,480円 2,980円
データ通信量
20GB/月
超過時速度
1Mbps
ネットワーク
4G/5G
音声通話定額 1回5分まで定額 なし 1回5分まで定額
テザリング
オプション申込不要
契約事務手数料無料恐らく無料恐らく無料
MNP転出手数料無料恐らく無料恐らく無料
eSIM対応対応予定対応予定対応予定
契約Web限定Web限定Web / LINE
オプションなど
データ追加
500円/1G
通話放題1,000円/月1500円/月1,000円/月
国際ローミング82か国が追加料金なし
データ使い放題200円/24時間
カウントフリーLINE

海外でもつかいたいならahamo

「データ通信量20GBで2,980円、1回あたり5分の音声通話コミ」というラインは同様ながら、ahamoは海外でのデータローミングが追加料金なしで利用できるので、ahamoが良いと思います。

poveは通話少なめの方向け

povoは5分通話がオプションとなるため、その分やすくなりますので、音声通話が少ない人に向いているサービスです。
個人間の連絡はLINEが中心になっているとおもうので、オプションであったほうがいいと判断する人も多いと思います。

LINEカウントフリーのSoftbank on LINEは微妙な立ち位置

低速でも1Mbpsで通信ができたため、ahamoやpoveでも低速時になったとしても、LINEでの音声通話やテキストの送受信は可能ですので、カウントフリーがついていることがそれほどメリットあるようにはおもえません。
Softbank on LINEは今後なにか競争力のあるオプションをつけてくるかどうかで差別化がされていくのではないかとおもいます。

MNP転出手数料、契約事務手数料が無料になるので月単位で変えることも可能

MNP転出手数料、契約事務手数料がおそらくは無料になるので、海外旅行をする前に、ahamoに契約して、帰国し翌月にpovoに切り替えるということができるようになります。
ahamoはeSIMには対応してませんが、ahamoからpovoやSoftbank on LINEへの以降はeSIMが使えるiPhoneのような端末であれば、その場、すぐに申込から、通信開始までできてしまうので、非常に便利になります。

コメントを残す