ahamoへ乗り換え手順を簡単まとめ、注意点も!

ドコモのオンライン限定プランahamoの事前登録が100万を突破したそうです。個人的には月間20GBもデータ容量が必要ないので、すこし興味が薄らいでいたahamoなのですが、事前登録でそんな件数になっているとは、驚きでした。今後100万人以上の方がこれからahamoに乗り換えることになると思います。ほとんどの人は大丈夫だとおもいますが、ahamoはオンライン限定のため店舗などでのサポートが受けられず、自分で行う必要がありますので、今回は、ahamoへの乗り換え手順と必要なこと注意点を簡単にまとめてみました。

ahamoのサービス内容

月額料金2,980円(税抜)
別途ユニバーサルサービス料
月間利用可能データ容量20GB
超過後速度最大1Mbps
音声通話1回あたり5分以内の国内通話無料
ネットワーク4G/5G
海外ローミング82の国や地域で追加料金なしで利用可
利用可能データ容量の追加1GBあたり500円(税抜)
かけ放題オプション月額1,000円(税抜)国内通話無料
キャリアメール使用できません
契約期間のしばりなし
解約違約金なし

●データ通信
20GBまでのデータ通信を利用でき、20GBのデータ容量を使い切った後も、1Mbpsでデータ通信を利用できる。
1GBあたり500円で追加のチャージをすれば、高速通信が可能。

●ネットワーク
ドコモの4Gと5Gに対応している。

●音声通話
1回あたり5分以内の通話が放題となり、5分を超える通話は30秒あたり20円の料金。
月額1000円で国内通話がかけ放題となる「かけ放題オプション」も用意している。

●海外ローミング可能
月間20GBのデータ容量の範囲で、海外82の国や地域で追加料金なしで利用できる。

ドコモが新料金「ahamo」発表 月額2980円で20GBで5分かけ放題 海外でも使える 最強だね。

ahamoに乗り換えるために必要なこと

現在ドコモで契約している人

ドコモの既存ユーザーに関してはahamoのサービス提供当初からプラン変更のみで利用できます。SIMロック解除やMNPともに手続きは不要です。

事前準備

先行エントリー
キャンペーンサイトにて先行エントリーが開始されており、ドコモポイントが3,000ポイントもらえますので、先行エントリーしておきましょう。
先行エントリー

本人確認書類
運転免許証、マイナンバーカード、住民基本台帳カードで可能です。健康保険証やパスポートを使用する場合は、補助書類として公共料金領収書または住民用のどちらかを一緒に提出する必要がありますahamoはオンライ上で書類を提出するか、アプリで提出することになります。

支払い用のクレジットカード
支払いが本人名義のクレジットカードとなるとおもいますので、準備をしておきましょう。

プラン変更の申し込み

ahamoのサービスが開始してからプラン変更を申し込みましょう。

注意点

違約金
ドコモで料金プランを変更する際は、違約金などの費用が発生する場合がありますので、自分のプランが違約金がかかるのかどうかを事前に確認しておきましょう。

キャリアメールは使用できなくなる
ドコモ間の乗り換えといえど、ドコモで発行されていたメール(キャリアメール)は利用できなくなります。

ドコモ以外の方

事前準備

先行エントリー
先行エントリーしておきましょう。ドコモポイントが現在は3,000ポイントもらえます。
先行エントリー

本人確認書類
運転免許証、マイナンバーカード、住民基本台帳カードで可能です。健康保険証やパスポートを使用する場合は、補助書類として公共料金領収書または住民用のどちらかを一緒に提出する必要がありますahamoはオンライ上で書類を提出するか、アプリで提出することになります。

支払い用のクレジットカード
支払いが本人名義のクレジットカードとなるとおもいますので、準備をしておきましょう。

スマホのSIMロック解除
現状利用しているスマホをそのまま利用する場合でSIMフリーのスマホをお持ちでない方
ドコモ、AU,ソフトバンクからスマホを購入している場合はSIMロックされている場合があります。SIMロックを解除する場合は、店頭では手数料がかかってしまいますが、オンラインでは無料で手続きできますので、オンラインで手続きをしましょう。

ドコモ以外の方は、SIMロックがされているとahamoに乗り換えられない場合がありますので、事前のスマホのSIMロックは解除しておきましょう。

MNP予約番号を取得(MNPする人)
現在使用している電話番号をそのままahamoで使う場合はMNPが必要となります。ほとんどの人は新規契約ではなく、現在利用している携帯電話の番号をahamoでも利用する思いますので、MNP予約番号を取得しましょう。

MNPとは、携帯電話会社を乗り換えても現在使用している電話番号をそのまま引き継げるサービスです。手続きの際には、元の携帯電話会社に発行してもらった「MNP予約番号」が必要になります。MNP予約番号には最大15日間の有効期限があり、過ぎてしまうと乗り換えの手続きができなくなってしまいます。

MNP予約番号の取得手続きは、ahamoを申し込む直前に行うようにしましょう。

プランの申し込み

ahamoのサービスが開始してからプランを申し込みましょう。

ドコモ以外の方 注意点

違約金
利用中の携帯プランを変更する際は、違約金などの費用が発生する場合がありますので、自分のプランが違約金がかかるのかどうかを事前に確認しておきましょう。

キャリアメールは使用できなくなる
AU,Softbankを利用されている方は(キャリアメール)は利用できなくなります。

2021年4月まではMNPには手数料がかかる
楽天を除く、通信キャリアは2021年4月まではMNPをするには手数料3000円が発生します。
MNP手数料が発生しない4月以降の時期をみて申し込みしましょう。

MNP無料化開始時期について

NTTドコモ
MNP無料化開始:2021年4月1日から
オンライン・店頭問わず無料化
3月31日までに予約番号を取得し、4月1日以降に転出する場合は、手数料3000円が必要

au
MNP無料化開始:2021年4月1日から
オンライン・店頭問わず無料化
3月31日までに予約番号を取得しても、4月1日以降の転出であれば無料

ソフトバンク
MNP無料化開始:2021年春
オンライン・店頭問わず無料化

楽天モバイル
無料化済み

「ahamoへ乗り換え」まとめ

ドコモユーザー

  1. 事前エントリーを済ませてポイントを取得
  2. 事前準備:本人確認書、支払い用クレジットカードを準備
  3. サービス開始後、ahamoへプラン変更

ドコモ以外のユーザー

  1. 事前エントリーを済ませてポイントを取得
  2. 事前準備:本人確認書、支払い用クレジットカードを準備、スマホのSIMロック解除、MNP予約番号を取得
  3. サービス開始後、ahamoへ申込

格安SIMへの乗り換えは簡単 乗り換え手続きに必要なものは4つだけ

コメントを残す