WiFiの電波が急に悪い、電波を改善する方法

WiFiの電波が急によわくなったり、届かないくなることありませんか?
自分の家はそれほど広いわけではないのですが、時々こういったケースがあります。
すこし気をつければ改善することもあるので、参考にしていただければ幸いです。

「新しいパンツをはいたばかりの正月元旦の朝のよーに。」スッキリ爽やかな気分でWIFIで通信しましょう。

今まで使えてたの電波が弱くなる原因と対処方法

電波が弱くなる原因ですが、個人的な経験から2つあります。

1.新しく何かを購入した時

新しく何かを購入した時
買い物をすると、部屋に新しいものが増えます。新しい物が増えるということが電波を弱くする原因だったりするんです。
WiFiの電波には主に2つの周波数帯があります。

WIFI電波の周波数帯特徴
5GHz電波干渉されにくい
障害物に弱い
2.4GHz電波干渉しやすい
障害物に強い

買い足したものにWIFIの電波が干渉されたり、また、障害物となって電波を遮ってしまうことがあるんです。

対処方法

技術的な解決策ではないのですが、電波が弱くなったなあと感じたら、ものを整理したり、いらないものは捨てましょう。そうすると改善する場合があります。
特に、ものが減れば干渉も減るので、改善が見られるかと思います。
WiFiとの接続を安定させるには、WIFIルーターの接続を5GHzの規格にして、WiFiルーターとWiFi接続する端末の間に障害物を挟まないようにしましょう。

2. WIFIルーターに熱がこもっている

WIFIルーターに熱がこもっている
WIFIルーターは基本的に電源を切らず使用し続けますが、熱が溜まってルーター本体の調子が悪くなるケースがまれにあります。
WiFiルーターを再起動することで、熱を放出したり、また余計な通信ログをリセットしたりできるので、WiFi電波が改善します。

対処方法

自分の使っているWIFIルーターのマニュアルをみて、それに従って、一度電源を消してみてください。
しばらくWIFIルーターにこもっている熱を冷ましたら、再起動することで改善が見られます。
寝る前にWIFIルーターの電源を消して、朝起きてから電源をつけるというのもいいと思います。
余計な熱をためないようにしたり、ログのリセットなどすることでWIFIに熱がこもりにくくなります。

電波が届きにくい場合

一時的に電波が不安定ではなくて、常に、電波が届きにくい状態の人もいるかもしれません。
広いカフェや、オフィスや、自宅など、広くてWIFIの電波が届きにくい人もいることだと思います。
このような場合はWIFIルーターに問題があるということではないため、上記ようなことをしても改善しません。

対処方法

電波が届きにくい場合は、WIFIの中継機かメッシュWIFIを構築しましょう。
劇的な改善がされます。

できたらやってほしいこと

ライトポケットからWIFIをレンタルしませんか?
ポケットWIFIなら、移動前提のものですので、電波が弱いなどということはありません。
ライトポケットのWIFIレンタルをよろしくおねがいします。

コメントを残す