W-Fiの電波を改善する方法 Wi-Fiの電波が急に悪くなる、繋がりにくい 原因と改善方法

スマホをWi-Fiに繋いで動画などをみていたのに、急に動画がとまったり、画質が荒くなったりした経験はないでしょうか?そういった原因はWi-Fiの電波が急に弱くなったり、Wi-Fiの電波が届かなくなっているというケースだったりします。
個人的に、家はそれほど広いわけではないのですが、時々Wi-Fiの速度がおそくなるということがあります。すこし気をつければWi-Fiの状態は改善しますので、今回は、Wi-Fiの通信速度が遅くなったり、Wi-Fiが届かなくなる原因と改善方法を紹介したいと思います。

「新しいパンツをはいたばかりの正月元旦の朝のよーに。」スッキリ爽やかな気分でWi-Fiで通信しましょう。

今まで使えてたの電波が弱くなる原因と対処方法

Wi-Fiの電波が弱くなる原因ですが、、個人的も体験した例を交えて紹介したいと思います。

1.新しく何かを購入した時

新しく何かを購入した時
家電などを買うと部屋に新しいものが増えます。物が増えるということで、Wi-Fiの電波を遮断することになり、Wi-Fiにつながりにくくなったりします。また、家電によって発する電波がWi-Fiと同じ周波数帯をつかい、電波干渉を起こすという場合があります。
Wi-Fiの電波には主に2つの周波数帯があります。

WIFI電波の周波数帯特徴
5GHz電波干渉されにくい
障害物に弱い
2.4GHz電波干渉しやすい
障害物に強い

Wi-Fiルーターの電波はコードレス電話機やファクスや電子レンジやBluetooth搭載端末といった、一部の家電と同じ周波数帯を使用することが多いため、それらを使用している間は、電波干渉を受けてしまいつながりにくくなることがあります。
Wi-Fi周波数帯(チャンネル)を5Ghzに接続して利用するするだけで通信状態が改善できることもあるので、試してみる価値があります。また、設置場所によっては電波を遮断する障害物となっている場合もあります。

対処方法

電波が弱くなったと感じたら、ものを整理したり、いらないものは捨てましょう。部屋や家の不要なものを減れせば、Wi-Fiの電波を遮るものがへるので、改善が見られるかと思います。
Wi-Fiルーターの設置場所をかえることもいいとおもいます。そうすることで、改善がみられます。
電波を発生する家電と併用していWi-Fiを利用したい場合はWi-Fiの接続は5Ghzの周波数帯に接続してみることで改善がみられます。

2. WIFIルーターに熱がこもっている

WIFIルーターに熱がこもっている
Wi-Fiルーターは基本的に電源を切らず使用し続けますが、熱が溜まってルーター本体の調子が悪くなるケースがまれにあります。Wi-Fiルーターを再起動することで、熱を放出したり、また余計な通信ログをリセットしたりできるので、Wi-Fi電波が改善します。

対処方法

自分の使っているWIFIルーターのマニュアルをみて、一度電源を消してみてください。しばらくWi-Fiルーターにこもっている熱を冷まし、再起動することで改善が見られます。
寝る前にWi-Fiルーターの電源を消して、朝起きてから電源をつけるというのもいいと思います。余計な熱をためないようにしたり、ログのリセットなどすることでWi-Fiに熱がこもりにくくなります。

Wi-Fi電波が届きにくい場合

一時的に電波が不安定ではなくて、広いお家にお住まいの方など、一部の部屋にWi-Fiの電波が届きにくい状態の人もいるかもしれません。広いカフェや、オフィスや、自宅など、広くてWi-Fiの電波が届きにくい人もいることだと思います。このような場合はWi-Fiルーターに問題があるというよりも、電波の届くエリアではないという状態の場合が多いと思います。

対処方法

Wi-Fi電波が届きにくい場合は、Wi-Fiの中継機かメッシュWi-Fiを構築しましょう。劇的な改善がされます。

ライトポケットではモバイルWiFiのレンタルを提供しています。一時的な利用や長期的な利用にも向いています。
レンタルのポケットWiFiは移動前提のものですので、場所を固定する必要がないので、家の中の障害物にWi-Fi電波が遮られるというような心配はありません。レンタルなので面倒な初期設定は完了しており、電源をつけるだけですぐに利用できます。テレワークなども、帰省など、旅行時にも便利で快適に通信できます。

大容量 ポケットWi-Fiレンタル

コメントを残す