Wi-Fi 6は今までのWi-Fiと何が違う?

新型コロナウィルスの感染拡大防止は社会共通の目標です。この実現のために、いろいろな取り組みが行われている中、企業もテレワークに切り替えたり、部分的に導入したりするようになりました。在宅で仕事する人が増えたことで、モバイルWi-Fiの需要も増え、私達のレンタルWi-Fiの利用者もたくさん増えました。
在宅中、家族と過ごす時間が増えた家庭においては、Wi-Fiに接続する端末が増えることで通信速度が遅くなったり、また、新しく光回線を契約を検討してる人も多いのではないかと思います。
この記事の結論でもありますが、
新しくWi-Fiルーターを検討されてる方は
Wi-Fi 6に対応したWi-Fiルーターの購入をおすすめします。

Wi-Fi6とはなにか?

「Wi-Fi 1」や「Wi-Fi 2」という言葉は聞いたことがありませんよね?
Wi-Fi 6もWi-Fi規格は、「IEEE 802.11ax」というのが正式な規格名です。

Wi-Fiの規格はIEEEという団体が定めており「IEEE」から始まる名前になっていますが、覚えにくく、区別するのも説明するのも大変です。
そこでWi-Fiの普及を行っているWi-Fi Allianceが、最新のWi-Fi規格「IEEE 802.11ax」の正式名称を「Wi-Fi 6」にすると発表しWi-Fi 6と呼ばれるるようになりました。
名前って大切ですよね。

それぞれのWi-Fiの正式名

規格名最大通信速度周波数呼称
IEEE 802.11a54Mbps5GHz
IEEE 802.11b11Mbps2.4GHz
IEEE 802.11g54Mbps2.4GHz
IEEE 802.11n600Mbps2.4GHz / 5GHzWi-Fi 4
IEEE 802.11ac6.9Gbps5GHzWi-Fi 5
IEEE 802.11ax9.6Gbps2.4GHz / 5GHzWi-Fi 6

Wi-Fi 6と呼称されたことによって、これまでの第4世代のIEEE 802.11nをWi-Fi 4、第5世代のIEEE 802.11acをWi-Fi 5とよばるようになったそうです。
Wi-fi4以前のものはもうほとんど使われていないからなのでしょうか?
Wi-Fiの規格が数字表記になるのは、IEEE802.11n の「Wi-Fi 4」からとなります。

Wi-Fi6とこれまでのWi-Fiは何がちがう?

wifi 6
Wi-Fi 6ルーターはパッケージなどに「Wi-Fi 6 CERTIFIED」のロゴが示されるようになっています。
単純に見た目で分かるようになっていますが、知りたいのは機能面ですよね。

Wi-Fi 6の通信速度が超高速化

通信速度も上記の表のと通りです。最大通信速度9.6Gbpsと超高速になっています。もちろん、これは理論値(ベストエフォート)ですが、潜在的にかなり早く速度がだせるようになっています。

Wi-Fi 6は混雑に強く安定性が高い

スマホ、パソコン、タブレット、AIスピーカー、テレビやエアコン、いろいろなものがWi-Fiに対応してきており、全てをWi-fiに接続すると、
電波が混み合うことがあったり、Wi-Fiルーターの同時接続の許容範囲を超えてしまう場合がありますが、 Wi-Fi 6では直交周波数分割多元接続という技術が採用され、ルーターと各端末がより効率よく帯域幅を使用できるより、動画を別々な端末から一度にみた場合でも、通信の遅れが軽減されるようになっています。
また、一度に接続できる機器も増えるので、Wi-Fi機器が増えても安定的に通信が保たれるようになっています。

省エネ効果

Wi-Fi 6では、TWT(ターゲットウェイクタイム)という機能が追加されており、通信のタイミングを調整し、信号の受信のために待機する必要がないTWT対応スマホIなどの通信機能をスリープ状態にしてくれます。

これからのデバイスはWi-Fi 6対応になる

現在は、スマホでは、iPhoneでは、11以降の発売されたiPhone、Android端末では、Galaxy 20 5G以降の端末となってまだまだ少ないですが、これから発売されてくるデバイスはWi-Fi6対応にしてきます。
今後、いろいろな機器がWi-Fiに対応してきて、スマホなどを使って、操作をしたりすることが増えると思います。家に固定回線をなかなか変えたりしないのと同じで、Wi-Fiルーターもあまり買い替えたりはしないと思いますが、毎日使うものは、すこしぐらい高くなってもいいものを持っておくと、利用時の処理が早くなったりすることで、得られる効果は全く違います。今後、Wi-Fiルーターを購入することを検討されるようでしたら、Wi-Fi6に対応しているwi-fiルーターを購入しましょう。

コメントを残す