Wi-Fiで高速通信させる知識 Wi-Fiルーター規格 おすすめ高速Wi-Fiルーターも紹介

自宅で無線LAN機能付きのWi-Fiルーターを利用しえいる人は多いと思います。Wi-Fiに接続しているのに、どういうわけか「通信速度が遅い」「つながりにくい」といった状況になったことはないでしょうか?Wi-Fiが「通信速度が遅い」「繋がりにくい」こういった状況になる原因は、Wi-Fiルーターに問題がある場合があります。
今回は、Wi-Fiを高速通信するために、知っておくと良いWi-Fiルーターの規格をまとめてみました。

Wi-Fiルーターの規格

Wi-Fiルーターには「規格」があります。それぞれの規格では最大通信速度と周波数帯が異なります。インターネットに接続して通信するにはこの規格が重要な役割を担っています。
Wi-Fiルーターがどの規格であるかは、製品パッケージや本体の側面や裏面などに記載されている「IEEE802.11」などの文字列がそれに当たります。
その中の「11」以降に書かれたアルファベットにより、規格を読み解くことができます。
11b、11g、11a、11n、11ac
などがあります。
最近のWi-Fiルーアーにはひと目見て企画がわかりやすくスるるために「Wi-Fi+数字」という表記なっています。

Wi-Fi 規格名新呼称
IEEE 802.11a
IEEE 802.11b
IEEE 802.11g
IEEE 802.11nWi-Fi 4
IEEE 802.11acWi-Fi 5
IEEE 802.11axWi-Fi 6

11nより以前のものには、Wi-Fiの名称はありません。

Wi-Fiルーターの規格別最大通信速度

Wi-Fiルーターの規格がどうして大事なのかというと、それは通信速度に関係してくるからです。

各規格の最大通信速度は以下の通りです。

Wi-Fi 規格名新呼称最大速度
IEEE 802.11a
IEEE 802.11b11Mbps
IEEE 802.11g54Mbps
IEEE 802.11nWi-Fi 4600Mbps
IEEE 802.11acWi-Fi 56.9Gbps
IEEE 802.11axWi-Fi 69.6Gbps

最大速度を見ていただくと一目瞭然だともいますが、古い規格のWi-Fiルーターを使っていると、光回線が高速通信できていたとしても速度が出ないということになります。
最近では「11ax/Wi-Fi6」が登場しており、最大速度が9.6Gbpsで、これまでよりも高速な規格でかつ電波の届く範囲も広くなっています。これからのWi-FiルーターはこのWi-Fi6になっていきます。これから新しいWi-Fiルーターを購入する方は、このWi-Fi6に対応しているルーターを選びましょう。

Wi-Fiルーターの最新規格を利用するメリット

電波のエリアが広くなる

Wi-Fiルーターを最新の規格であるWi-Fi6対応としておくメリットは通信速度が早くなるだけではありません。
前述にもあるように、広い範囲に電波が届きやすくなるメリットがあります。古いルーターの場合、ルーター本体から離れた場所や壁1枚隔てた部屋、また階の異なる部屋などでは、通信が途切れたり速度が遅くなったりといった現象が起きることがありますが、最新規格であるWi-Fi6になると、Wi-Fiルーター本体だけで別部屋や2階や3階までも電波が届き通信速度も高速通信が可能というモデルもあります。

電波干渉を受けにくい周波数が利用可能

旧規格では主に周波数帯2.4GHzが使われています。電子レンジや冷蔵庫などからの電波干渉を受けてしまいやすく、電波が弱くなり、通信速度も遅くなるという状態になりやすいものです。最新の規格では5GHzという電波干渉を受けにくい周波数を採用しており、安定した高速通信を利用できるようになっています。

wi-fiの5GHzと2.4GHzの違い、メリット・デメリットや使い方を解説

同時にWi-Fiに接続可能な台数が増える

ゲーム、スマホ、タブレット、パソコンを始め、家電も、Wi-Fiに接続するようになってきています。古いWi-Fiの場合は、Wi-Fiに接続できる台数が少ないですが、Wi-fi6対応のWi-Fiルーターになってくると、接続できる台数が格段に増え、同時接続して通信しても安定した高速通信が可能となっています。

今後Wi-Fiルーターを購入するならWi-Fi6対応に

これから発売されてくる家電やなどWi-Fi対応が増えてきます。Wi-Fiを通じて自動的に何かをしてくれる場合もありますので、生活が便利なってきます。スマホや家電などの中心となるのがWi-Fiルーターです。今後、新しいWi-Fiルーターを購入されている方は、Wi-Fi6対応の機器を購入しましょう。古い規格のルーターでも問題なくインターネットは使えますが、通信面でお悩みを抱えているようなら、新しい規格に対応したWi-Fiルーターの導入がおすすめです。

おすすめWi-Fi6対応Wi-Fiルーター

TP-LINK Wi-Fiルーター DECO X20 1-PACK


TP-LINK Wi-Fiルーター DECO X20 1-PACK
11,880 円から
Wi-Fi 6対応でメッシュWi-Fi環境を構築可能です。
広いスペースやなど、Wi-Fiの電波が届きにくいところでも、中継機を追加することで、メッシュWi-Fi環境を構築していけます。
設定はめちゃ楽。コスパ高し。スペック高し。
一軒家やオフィスや店舗などに向いています。
Amazonで見る
楽天市場で見る

BUFFALO Wi-Fiルーター WSR-1800AX4


BUFFALO Wi-Fiルーター WSR-1800AX4
7,769円から
Wi-Fi 6対応しており、メッシュWi-Fiを構築することはできませんが、一人暮らしはもちろん、2階だてや3LDKくらいまでの広さなら電波が届きます。
エントリーモデルとして優れており、おすすめのルーターです。
Amazonで見る 楽天市場で見る

一時的なWIFIがほしいとなったら、弊社のWIFIレンタルもおすすめです。
リビングでも、外出先でも、入院、テレワークなどいろいろな用途に利用いただいています。
国内の大容量・高速のWIFIレンタル
15時までの注文で即日発送、短期、長期レンタル可能。

コメントを残す