Wi-Fiが遅くなる電波干渉を起こす家電と電波干渉の対処方法

自宅でWi-Fiをつかっていると、Wi-Fiに繋がりにくくなったり、Wi-Fiの速度が遅くなったりしてしまうことを経験したことがあるとおもいます。その原因のなのが家電による電波干渉です。
電波干渉は家電が原因で発生していることが多く、Wi-Fiルーターを再起動しても状況が改善しない場合があります。今回は、Wi-Fiの電波干渉とはどのような状態なのか、電波干渉が発生した場合の対処方法を紹介します。

Wi-Fiが遅くなる繋がりにくくなる電波干渉とは

Wi-Fiが遅くなったり、繋がりにくくなったりする電波干渉はWi-Fiと家電の電磁波が干渉しあって、通信状態が不安定になる状態です。

Wi-Fiの電波には主に2つの周波数帯があります。

WIFI電波の周波数帯特徴
5GHz電波干渉されにくい
障害物に弱い
2.4GHz電波干渉しやすい
障害物に強い

2.4GHzは昔から用いられている周波数帯ですが、家電製品を動作させる電気信号にも使用されています。この2.4GHzの周波数帯で電波が飛び交うと電波干渉を起こしてWi-Fiの通信に影響がでてしまいます。
マンションやアパートなど、集合住宅においては、自分の家だけではなく、隣の住居の家電の2.4GHzの周波数帯で電波Wi-Fiと干渉する場合もあります。

Wi-Fiと電波干渉する家電

Wi-Fiの電波と電波干渉をしてしまう可能性が強い家電製品は主に下記の5つです。

  • テレビ
  • 電子レンジ
  • IHクッキングヒーター
  • コードレスの電話
  • Bluetooth機器(イヤホンやマウスやキーボードなど)

これらの家電では周波数帯が2.4GHzの電気信号が使われているため電波干渉の原因となります。
これらの家電を使ってない状態なら、問題ないですが、電源を付ける利用しているとWi-Fiとの電波干渉が起こりやすくなります。
Bluetooth機器も電波干渉の原因となるアイテムで、無線イヤホンやマウスなどを使用しているなら注意が必要です。

電波干渉の対処方法

電波干渉を防いだり、減らす対象方法としては2つあるとおもいます。

1. 「電波干渉する家電」を停止する

特にBluetooth機器で電波干渉を受けてしまうようなケースもあるので、利用していない間は、Bluetooth機器を停止するようにしましょう。

2. Wi-Fiの周波数帯5GHzを利用する

Wi-Fiの5GHzの電波のSSIDに接続先を切り替えることで、電波干渉をさけることができます。5GHzの周波数帯は家電製品の電気信号では使われていないため電波干渉が発生する可能性が低くなります。
ただ、壁や柱があると電波が届きにくくなるというデメリットもあるため、広いお家にお住まいの方は5GHzのWi-Fi電波が届く範囲がかなり狭くなってしまいます。

電波干渉を受けたら

Wi-Fiが遅い、繋がりにくくなった場合には、電波干渉をしている可能性があるため、まず、電波干渉しそうな家電をとめてみましょう。そして、Wi-Fiの5Ghzの周波数のSSIDでの接続をするようにしてみましょう。

Wi-Fiルーターを見直して、Wi-Fi6に対応する

古いWi-Fiルーターを利用している人は、2.5Ghz帯の電波しかないという場合もあるかもしれません。そのような場合は電波干渉をなかなかさけることは難しいと思います。
新しいWi-Fiルーターにするのもいいのではないかとおもいます。
Wi-Fiルーターを最新の規格であるWi-Fi6対応しておくといいのではないかと思います。

電波のエリアが広くなる

最新規格であるWi-Fi6になると、Wi-Fiルーター本体だけで別部屋や2階や3階までも電波が届き通信速度も高速通信が可能というモデルもあります。

電波干渉を受けにくい周波数が利用可能

Wi-Fi6では5GHzの電波干渉を受けにくい周波数を採用しており、安定した高速通信を利用できるようになっています。

同時にWi-Fiに接続可能な台数が増える

ゲーム、スマホ、タブレット、パソコンを始め、家電も、Wi-Fiに接続するようになってきています。古いWi-Fiの場合は、Wi-Fiに接続できる台数が少ないですが、Wi-fi6対応のWi-Fiルーターになってくると、接続できる台数が格段に増え、同時接続して通信しても安定した高速通信が可能となっています。

おすすめWi-Fi6対応Wi-Fiルーター

TP-LINK Wi-Fiルーター DECO X20 1-PACK


TP-LINK Wi-Fiルーター DECO X20 1-PACK
11,880 円から
Wi-Fi 6対応でメッシュWi-Fi環境を構築可能です。
広いスペースやなど、Wi-Fiの電波が届きにくいところでも、中継機を追加することで、メッシュWi-Fi環境を構築していけます。
設定はめちゃ楽。コスパ高し。スペック高し。
一軒家やオフィスや店舗などに向いています。
Amazonで見る
楽天市場で見る

BUFFALO Wi-Fiルーター WSR-1800AX4


BUFFALO Wi-Fiルーター WSR-1800AX4
7,769円から
Wi-Fi 6対応しており、メッシュWi-Fiを構築することはできませんが、一人暮らしはもちろん、2階だてや3LDKくらいまでの広さなら電波が届きます。
エントリーモデルとして優れており、おすすめのルーターです。
Amazonで見る 楽天市場で見る

一時的なWIFIがほしいとなったら、弊社のWIFIレンタルもおすすめです。
リビングでも、外出先でも、入院、テレワークなどいろいろな用途に利用いただいています。
国内の大容量・高速のWIFIレンタル
15時までの注文で即日発送、短期、長期レンタル可能。

コメントを残す