同時接続しても安定・快適に繋がるメッシュWiFiのメリットと注意点やデメリット

Wi-Fi接続に対応する機器がたくさんふえてきました。
スマホ、パソコン、音楽プレイヤーや、ストレージ、家電など多様化し接続台数が増えきております。
WiFiは今や家庭においては重要なインフラ担ってきていると思います。
家庭でスマホなどをつかっている場合、部屋を移動したりすると思いますが、そんなとき、WiFiが届かない、速度が遅くなるなんてことありませんでしょうか?
一戸建て住宅の場合は、1階から2階に移動したらWiFiが届かないなんてことよくあると思います。
そんなとき、活躍するの一つの手段として「メッシュWi-Fi」があります。

これまでのWi-Fiネットワークは、PCやスマホ、タブレッドなどを1台のルーターに接続し通信していました。
接続するデバイスが少ないうちは問題なく使えますが、家族が増えたり、友人が訪ねてきたりした場合にWi-Fiを
一度に、多くのデバイスでWi-Fi接続を行っているとWiFiルーターの許容を超えたり、また、速度が低下してつながりにくくなってしまうこともあります。
混雑しているカフェで、フリーWi-Fiに接続したけども通信がおそかったり、繋がらなかったりした経験ありませんか?あれと同じ状態担ってしまいます。
メッシュWi-Fiを構築することでそういった問題が解決します。

メッシュWi-Fiとは

「メッシュWi-Fi」とは、複数のルーターやサテライト(専用中継器)を設置し、網目のように相互接続してWi-Fiの通信範囲を広げるネットワークのことを意味します。離れた部屋や異なる階に子機を設置することで、家中どこにでも電波が届く安定した通信環境を作り出すことができます。
1台のWi-Fiルーターで担ってきたネットワーク接続の負担を、複数台のWi-Fiルーターを使って分散し安定した通信をするというのが、メッシュWi-Fiの仕組みになります。

メッシュWi-Fiのメリット

メッシュWi-Fは、メッシュ機能に対応した複数のWi-Fiルーターが相互通信をして、1つのWi-Fiネットワークの範囲を広げるシステムのことです。サテライト機はメインのWi-Fiルーターと全く同じ働きをすることができます。

Wi-Fi対応デバイスは一番近くにあるサテライト機に接続されるので、1台のWi-Fiルーターに負担がかかることがなくなります。
家のどの場所にいても、通信速度を落とすことなく快適な通信ができるようになります。
メッシュWIFIの環境下ではWIFIのSSIDやパスワードが同一となるので、部屋を移動してからといって接続先を変えたりする必要はありません。
自宅内でWi-Fi対応デバイスを持ったまま移動しても、問題なく、一番近くにあるサテライト機に自動的に接続が切り替わり快適な通信を維持することができます。
オフィスや商業施設など一つのSSIDとパスワードで、移動しても通信ができるのはこのメッシュWi-Fiの環境が高知きされているからです。

メッシュWi-FiとWIFI中継機との違いは?

Wi-Fiの利用範囲を広げるには、メッシュWi-Fiを利用する以外にもWi-Fiルーターに中継器を接続するという方法があります。
中継機は、前述のサテライト機とは違い、あくまでも親機であるWi-Fiルーターと中継する機能しかないため親機の、Wi-Fiルーターにかかる負担を分散はしてくれません。Wi-Fiの利用可能エリアは広がりますが、、
「複数のWi-Fiを接続しているせいで通信速度が下がる」という問題は解決しませんし、点面倒な点は、中継機を使った場合は、メインのWiFiではなく中継機の接続する場合は、手動でSSIDを選んで接続し直す必要があります。

メッシュWIFI中継機
SSIDとパスワードが同じ。
一番電波の強いメッシュWi-Fiに自動接続。
各自で処理ができるので速度が落ちにくい。
SSIDが変わる。
親機と子機で接続を変更しなければならない。
親機に処理が集中して速度が落ちやすい。

メッシュWi-Fiのデメリット

メッシュWi-Fiの環境があると便利で快適ですが、欠点もあります。
メッシュWi-Fiの唯一のデメリットとしては、メッシュWi-Fiに対応している機器はそれなりの値段がするものが多く、サテライトルーターも複数必要とするため、設置すれば設置するほど費用がかかります。
異なるメーカーの製品を混ぜて使用することもできないメーカー製のものもあります。
中継機なら、メーカーを問わず使うことができ、安価に導入することが可能です。ただし、接続は毎度手間ですが・・・。
メッシュWi-Fiの環境を家庭で整えることを考えると、サテライト機はそんなに必要ないので、メインのWiFiルーターともう一台とあれば済むとおもいます。

メッシュWi-Fiをオススメできる人

家の隅々までWi-Fiを飛ばしたい人に、メッシュWi-Fi対応ルーターはオススメです。
オフィスやなどにWiFi環境を充実させたいという場合もおすすめです。

戸建て・鉄筋コンクリートの住居に住んでる人。
速度よりも通信・接続の安定性重視な人。
Wi-Fi対応機器を多く持っている人。
という方にはメッシュWIFIを導入するといいと思います。

おすすめメッシュWi-Fi対応のWiFiルーター


TP-Link WiFi 無線LANルーター Wi-Fi6 メッシュWi-Fiシステム
¥11,800から
WiFi6にも対応
最大150台とWi-Fi接続可能
Wi-Fi6に対応しているので、正直なところ、3階建てとかでなければ、サテライト機を追加しなくても、家庭で使う分にはでもこれ一台でまかなえるとおもいます。Wi-Fi6にも対応してこの価格はかなりお得です。
トライバンドではなく、デュアルバンドですが、家庭でメッシュWi-Fi環境を構築して通信エリアを広げたい場合にはこれで十分だとおもいます。


Nighthawk MK62 メッシュWiFi無線LANルーター 2台セット Wi-Fi6(11AX)
¥23,111から
WiFi6にも対応
2台セットで最大200㎡の広範囲にメッシュWiFiを構築。
Wi-Fi Alliance®の定めるEasyMeshに準拠しているため他社製を含むEasyMesh対応製品と接続することでもメッシュWiFiの構築が可能なので、オフィスなど人が増えたり、通信エリアを増やしたい場合はこれがおすすめです。

今後は、Wi-Fi6になってくるので、これからWi-Fiルーターを買い替えたり、戸建てに住んでる方は中継機をかうより、メインのWi-Fiルーターとして持っておくと今後の通信環境の変化にも対応できると思います。
Wi-Fi 6は今までのWi-Fiと何が違う?

まとめ

Wi-Fiに対応した機器が増えるていくにつれ、自宅内のWi-Fiネットワークの接続数も増えつていきます。
最近の機器はWIFIに対応していたりするので、今後はどんどん増えていくことだと思います。
人によってはWIFI中継機を導入した方が効率的な場合もあるとおもいますが、どこでも気にせずWi-Fiにつながる環境はを家で構築しようとおもったら、メッシュWIFIは一つの選択肢ではないでしょうか?

一時的なWIFIがほしいとなったら、弊社のWIFIレンタルもおすすめです。
リビングでも、外出先でも、入院中であっても通信可能です。

国内の大容量・高速のWIFIレンタル
15時までの注文で即日発送、短期、長期レンタル可能。

WiFiルーター選びに知っておくと役立つ知識 Wi-Fi 6、Wi-Fi 5、メッシュWi-Fi 

コメントを残す