UQ mobileデータ容量20GBで月3980円の新プランとY!モバイルの20GBプランを比較 通信料金の値下に効く根本的な改革とは

KDDIが沖縄セルラーが2020年10月28日総務省のアクションプランにそう形で、サブブランドであるUQ mobileより新料金プラン「スマホプランV」を2021年2月以降に提供開始すると発表しました。「スマホプランV」データ容量20GBが月額3,980円で利用可能です。2回線目以降は月額3,480円で利用可能で、月間データ容量超過時でも通信速度が最大1Mbpsで利用可能です。
この20GBは、国際的に比較して遜色ない料金水準という政府の目安となっている数値のため、それに答える形で新設されたプランになります。

UQ mobile 20GBプラン

スマホプランV
月額利用料3,980円
データ容量20GB
超過時速度最大1Mbps
UQ家族割2回線目以降の月額料金-500円
UQ家族割適用時の月額料金3,480円

音声定額通話オプションとして
国内通話がし放題の「かけ放題 」1700円
1か月に最大60分間の国内通話がし放題の「通話パック」500円
1回あたり10分以内の国内通話がし放題の「かけ放題」700円
2021年2月以降に提供開始されます。

Y!mobile 20GBプラン

「シンプル20」
月額利用料4,480円
データ容量20GB
超過時速度1Mbps
通話料10分以内の国内通話は無料

シンプル20には「データ増量オプション」「新規割」「おうち割 光セット」「おうち割 でんきセット」「家族割引サービス」は適用されません。

UQ mobileとY!モバイルの20GBプランを比較

Y!モバイルは10分かけ放題がセットになっているので、UQ mobileもオプションで10分かけ放題を追加した場合で比較してみます。

UQ mobileY!mobile
月額利用料3,980円4,480円
データ容量20GB
超過時速度最大1Mbps
通話料10分かけ放題700円0
月額料金合計4680円4480円

UQ mobileのスマホプランVに10分かけ放題を追加するとY!mobileの「シンプル20」より200円高くなりますが、UQ mobileの場合は家族割などが使えるため、価格が500円程度さがりますので、割引を使った場合は300円やすくなります。

20GBプランってお得なのか?

KDDIやSoftbankが今回の政府のアクションプランに沿う形で、急に追加されたプランとなりますが、この20GBプランというのは、前述にもある欧米の20GBの通信料金が日本が割高になっているという政府の指摘に答えたものになります。
実際の多くの利用者の状況に対する対応ではなような気がします。

MM Researchが以下のようなデータを発表しています。

スマートフォン利用者のデータ通信量について分析した結果、、月間通信量は「1GB」29%、「2GB」16.7%、「3GB」13.4%となり、59.2%のユーザーが3GB以下の通信量となっています。なお、「7GB」までの累計では約79.2%を占てているそうです。
実測値は異なるかもしれませんが、月間7GB以下で約8割の利用者がいるということで、20GBというのは、かなりデータを使う利用者であり全体の20%程度の人しかいません。

通信料金の値下に効く根本的な改革とは

政府の働きかけがなくとも、すでにサービスとして提供されている格安SIMを利用すれば、利用者の毎月の通信料金は下がります。
今回の政府のアクションプランには「事業者間の公正な競争を促進する」というのもあり
格安スマホ会社が大手携帯電話会社に支払うデータ接続料を今年度から3年間で半分程度まで下げるほか、音声通話の回線を借りる料金についてもさらなる引き下げに向けて検証するとしています。キャリアが格安SIMを提供するMVNOへのキャリアからの卸価格を下げ、その価格が利用者にも還元されてくることは今後あると思いますが、すでに格安SIMが安い料金を提供している状況で、多くの利用者が毎月の通信利用料金の値下げを望んでいるにも関わらず、格安SIMへの乗り換えがそれほど進まず、キャリアと契約し、必要のない通信費を高額で払い続けている状況をかえるための施策なのだと思いますが、
利用者自身が、格安SIMへ乗り換えすれば料金の値下げできるのに、乗り換えの手間も多少あると思いますが、それができないのは利用者のリテラシーの問題が大きいのではないかと思います。

Y!モバイル 20GBで4480円の新プランMNP転出手数料も撤廃 総務省のアクションプランを受けて 今後どうなるのか?

コメントを残す