車載Wi-Fi ガイド おすすめの車用 Wi-Fi 紹介

車載Wi-Fiとは、車内にWi-Fiのルーターを設置して使用する無線LAN環境のことで、車内での動画をみたりWEBサイトをみたり自宅と同じようなWi-Fi環境を車に搭載することができます。
長距離ドライブ時でも車内Wi-Fiを利用すれば、家族や仲間ででかたりするときも、スマートフォンのデータ容量を気にせず快適な車内空間を実現可能です。

テザリングやWi-Fi無しで車で移動中に動画を視聴していると、どうしてもデータ通信量を気にしてしまう方が多いのが事実です。
そういったスマートフォンの通信容量を気にしないでいろいろな人が車の中でWi-Fiを使えるようにするととても便利です。

車にWi-Fi機能があると何が便利なのか?

1. 動画視聴サービス: Youtubeなど動画をデータ通信量を気にせず、車内でも動画視聴が可能です。
2. ナビサービス: ナビの無料地図更新やドライブレコーダーの視聴など、便利な機能が利用できます。

「コネクティッドサービス」を利用した便利機能を搭載している車も増えており、ナビの地図更新などがインターネットを通じてできるようになっています。

車でWi-Fiを使えるようにする方法

車内でWi-Fiを使用する方法は3つあります。

  1. 車の専用Wi-Fiを使う
  2. ポケットWi-Fiを使う
  3. スマホのデザリング機能を活用する

1.車の専用Wi-Fiを使う

Wi-Fi機能がついている車もありますが、そのWi-Fiの機能に特化し特別な通信プランを契約して車でWIFIが使えるようにできるデバイスがあります。
特徴としては
1.リチウム電池を積んでいません。
2.通信は専用プランを選べます。
リチウム電池を積んでいないのは、給電しつづけることによるバッテリーの消耗や破損の心配がありいません。
暑い日に、車の中にモバイルWi-Fiを乗せて、給電し続けていると、リチウム電池が壊れたりする可能性が極めて高いですが、バッテリーレスなので心配がありません。

以下のおすすめの車専用のWi-Fiを紹介します。

無制限で通信し放題:パイオニア 車載用Wi-Fiルーター カロッツェリア DCT-WR100D

DCT-WR100D
パイオニア 車載用Wi-Fiルーター カロッツェリア DCT-WR100D
21,890円
デバイスを買取、必要なときに必要な通信プランを購入して車の中でもWi-Fiが使えるようになります。

DCT-WR100Dの本体は手のひらサイズで、電源は本体をシガーソケットに差し込むだけなので、設置はとても簡単です。USB給電は行えません。また、車載用機器であるため、動作温度が-10°から+60°にまで対応しています。リチウム電池を必要としていないので、モバイルWifiルーターよりは耐久性があります。
対応車種はシガーソケットがある乗用車なら基本的に問題ありません。新型車だろうが旧車だろうが、どんなクルマもWi-Fi機能を持たせることが可能です。
DCT-WR100Dは、「docomo in Car Connect」と呼ばれるドコモの「docomo in Car Connect」という専用プランを使えます。

ネットワーク:docomo

期間 料金(税込み)
1日プラン 550円
30日プラン 1650円
365日プラン 13200円

データ容量の制限なしに使えます。
速度制限も無く使えるというのはすごいですよね。
事務手数料や解約違約金もないため、たまにしか車に乗らない人でも使いやすい。使い放題だからと言って家のWIFI代わりに使えないようになっています。

車でWi-Fiが1000円/月で無制限で使い放題、パイオニア車載Wi-Fiカロッツェリア「DCT-WR100D」 自宅でも使える!?

必要なデータだけ購入する:KEIYO車載対応Wi-Fiルーター


KEIYO車載対応Wi-Fiルーター
¥19,800
「カロッツェリア DCT-WR100D」と違うところしてはUSB電源使用でき車でなくても使えるところです。家の中で、給電しながら使えるので、ポケットWi-Fiの代わりにもなります。
このWIFIもリチウム電池を積んでいないので、バッテリーが膨張したりする心配はありません。耐久性も高いです。
クラウドSIM技術をつかっており、専用のプランを購入することが可能です。

ネットワーク:docomo,au,softbank

データ容量 有効期限 価格
1GB 1日 ¥220
2GB 1日 ¥385
5GB 1日 ¥660
5GB 30日 ¥880
10GB 30日 ¥1,210
30GB 30日 ¥2,700
20GB 60日 ¥2,200
40GB 60日 ¥3,520
60GB 60日 ¥4,620
50GB 90日 ¥4,620
100GB 90日 ¥6,600

2.ポケット Wi-Fiを車用のWi-Fiとして使う

WiMAXを始めとしたいろいろなWi-Fiプランがありますが、車に乗車するときに使うということはもちろん可能です。

注意しておきたいのは、夏の暑いときに、車で給電しながらモバイルWi-Fiを利用すると、暑さでバッテリーが膨張して壊れてしまう可能性が高いということです。
モバイルWi-Fiを車用で使う場合は、できるだけ充電しっぱなしにはしないようにして、直射日光が当たらないところに置くようにしましょう。

毎月の定額費用を払うタイプのWi-Fiよりも、必要なデータ容量を買うタイプのものが、車載用のWi-Fiとしては人気があるようですので、
車用のWi-Fiとして人気がある商品を2つ紹介します。

ギガセットWi-Fi


【ギガセットWi-Fi】
端末は22900円から購入可能です。
端末を買って、必要なデータ容量は追加で購入するタイプもモバイルWi-Fiで毎月の月う額料金は発生しません。
端末を購入して、すぐ利用できるように、端末購入時に必要なデータ容量とセットで購入できます。
追加でデータ容量が必要となった場合、公式サイトから申し込みをすると、すぐにデータ容量が追加されて使用できるようになっています。
クラウドSIMの技術で、Softbank,docomo,auの最適なネットワークにつながるので、利用できるエリアはかなり広いです。
Amazonでも買えますが、公式サイトで購入しておいたほうがいいでしょう。
データ容量の価格と期間は以下のとおりです。
ネットワーク:docomo,au,softbank

データ容量 有効期限 価格
10GB 1年 ¥1,980
30GB 1年 ¥3,980
50GB 1年 ¥4,980
100GB 1年 ¥6,480

リチャージWiFi


【リチャージWiFi】
¥21,980から
上記サービスと端末も同じで、仕様も全く同じです。
追加できる通信の追加料金も同じです。
仕入元が同じなのだとおもいます。

端末がすこし安く変える場合があります。
公式サイトでは、端末のりアビッシュ品として安く販売されている場合があります。
購入する場合は、公式サイトから購入をおすすめします。
ネットワーク:docomo,au,softbank

データ容量 有効期限 価格
10GB 1年 ¥1,980
30GB 1年 ¥3,980
50GB 1年 ¥4,980
100GB 1年 ¥6,480

月額料金はかからないモバイルWi-Fiは車などで使う場合には便利で人気です。
車に乗っている時間って限られますからね。
必要なデータ容量だけを必要となったときに、購入できてすぐに使えるようになります。

車でモバイルWi-Fiを使う場合の注意

モバイルWi-Fiはリチウム電池が搭載されているので、車0のWi-Fiとして使う場合、特に夏場は車の中の温度が高くなります。
車内に置きっぱなしにしないようにしましょう。充電しながらのWIFIを使うのはやめましょう。

3.スマートフォンのテザリング機能をつかってWi-Fiにする

スマートフォンの通信プランが無制限プランであれば、スマートフォンのテザリング機能をつかえばWi-Fiとして他のデバイスもインターネットにつなげることができます。
しかし、無制限の通信プランって楽天モバイルを除くと結構値段しますよね。
1日、2日旅行で出かける際の車用Wi-Fiとしてならスマートフォンをテザリングしてつかうというのもいいですが。
車で常時つかうためのWi-Fiとしてなら、スマートフォンのテザリグをつかっているとスマホのバッテリーの心配もでてきます。
車専用のWi-Fiを使うか、ポケットWi-Fiを使うというのがいいかと思います。

車でWi-Fiの価格まとめ

ここで紹介した商品はごく一部ですが、車で使うWi-Fiとして人気のものを取り上げました。
30日使うとして、価格をもう一度まとめると以下のようになります。

商品名 商品価格 ネットワーク データ容量 価格
カロッツェリア ¥21,890 docomo 無制限 ¥1650
KEIYO車載対応Wi-Fiルーター ¥19,800 dcomo,au,Softbank 20GB ¥2,700
ギガセットWi-Fi ¥22900 dcomo,au,Softbank 20GB ¥3,980
リチャージWi-Fi ¥22900 dcomo,au,Softbank 20GB ¥3,980

車でWi-Fiが使えると便利

インターネットが使えるといろいろ便利です。今後、5Gが普及してきて、自動運転がメインとなる時代になったころ、車載Wi-Fiってことなんて、ワンセグ搭載のガラケーでTVを見るような感じなのでしょうか?

コメントを残す