情報漏洩するよ!無料Wi-Fiでやってはいけない3つのこと

無料で使えるフリーWi-Fiは、とても便利ですよね。駅やホテルやカフェにに設置されており、スマホの通信量を節約したい場合にはフリーWIFIを使うことでデータ通信容量を消費せず、ネットで調べ物をしたり、アプリで動画をみたり、とても役立ちます。ですが、フリーWi-Fiはちゃんと理解して、きちんとした使い方をしないと、不正アクセスや通信内容を覗き見されてしまうリスクがあります。
フリーWi-Fiを安全に使うためにはやってはいけないことがありので紹介します。

フリーのWiFiでやってはいけない3つのこと

知らないフリーWi-Fiを利用

商業施設やホテルなどの宿泊施設ではで開放されているWi-Fiスポットは、安全性に配慮されているものが大半ですが、提供元が確認できないような、正体不明のWi-Fiスポットには接続しないようにしましょう。
フリーWi-Fiには無防備な状態でアクセスしてくるユーザーから情報を抜き取るためにわざと提供しているWIFIがあります。
商業施設にある無料のWiFiがあったとします。
それに便乗した悪意のあるWi-Fiが情報を取得するために仕掛けるWi-Fiとしては下のようなものがあります。

公式のWi-Fi野良WIFI
SSID000LightPocket001LightPocket

商業施設が提供する公式のWiFiのSSIDを連番にして出てくる場合があります。
公式に提供されているのに類似しているので、安心してこのようなWIFIをつかってしまうと、大変なことになってしまいます。
きちんと公式に発表されているWIFIだけを使いましょう。
大きな施設やホテルなどはメッシュWIFIで構築されているので、SSIDが変わることは有りません。
個人が経営するカフェやレストランの場合は、中継機をつかってWIFIのエリアを広くしている場合があるためSSIDを連番として増やしている場合もありますが、WiFiを利用する前にお店に確認をとり公式に提供しているフリーWi-Fiだけを利用するようにしましょう。

暗号化されていないフリーWi-Fi

暗号化されてないWiFi
暗号化されていないフリーWi-Fi通信内容が丸見えになる危険性があります。
WEBサイトを見るだけくらいでは、問題はないとおもいますが、ソーシャルメディアを使って何か入力したりする行為が発生する場合は、アカウント乗っ取りなどの被害が出たケースもあるそうです。暗号化されていうないフリーWifiは注意しましょう。
暗号化護されているネットワークかどうかは鍵マークがあるかどうかで確認できます。

個人情報の送受信

提供元がしっかりしているWi-Fiで、暗号化されているという条件であってもできる限りネットバンキングやオンライントレードはもちろんですが、ネットで買い物をすることも控えた方がいいでしょう。フリーのWIFIなので、情報の送受信にところまできちんと面倒見てくれるわけではありまので。大事な情報をやり取りする場合は、信頼できるWIFIを使いましょう。

フリーWi-Fiを安全に使うために

フリーWiFiでは以下のことを気をつけて情報漏洩に気をつけましょう。

  • 提供元がはっきりしているWi-Fiだけを使う
  • 暗号化されているWifiを使う
  • セキュリティソフトを入れる
  • 無料Wi-Fi利用中は「https」から始まるサイトだけ見る
  • VPNサービスを利用する

セキュリティアプリ

スマホにセキュリティアプリを入れておくとWi-Fi、アプリ、ブラウザから来る脅威などから守ってくれます。

https化されたWEBサイト

URLの始まりが「https://」だと通信内容が暗号化されます。100%安全といわけではありませんが、幾分かはましです。

VPNサービス

フリーWiFiの通信が暗号化されていない場合VPNを利用することで利用者自信の通信を通信を暗号することできます。暗号化することができれば情報漏洩のリスクの軽減につながります。VPNについては以下のまとめていますので御覧ください。
VPNとは VPNが役立つのはどんな時?メリット・デメリット

外出時にWi-Fiを使うならポケットWifiを使いましょう

無料で使えるフリーWi-Fiは気をつけて使う必要があることがわかったとともいます。
仕事で使うというのはできるだけやめたほうが良いでしょうし、SNSなどにつかう場合もリスクがあります。
セキュリティ対策やVPNサービはちゃんとしたものを使うとなると有料になってくるので、有料を考えるならモバイルWifiがいいのではないかとおもいます。
モバイルWiFiの通信は、WPA2という方式で通信が暗号化されており、情報漏洩のリスクがかなり減ります。データ通信容量も大容量のものもあり、どこでもいつでも使えるという利便性があります。

ライトポケットではポケットWiFiのレンタルサービスを提供しています。
大容量で快適な通信が希望される方、短期・長期どちらでも利用は可能です。
レンタルなので届いて電源をつけるだけですぐに利用可能です。
国内 WiFiレンタル

無料で使えるフリーWIFIのセキュリティって大丈夫!?この点を気をつけて無料で使いましょう。

コメントを残す