無料で使えるフリーWIFIのセキュリティって大丈夫!?この点を気をつけて無料で使いましょう。

家でも、移動中でも、外出先でもスマホが繋がらないって不便ですよね。
動画サービスやソーシャルメディアを使っているとデータ容量もたくさんつかってしまいますので無料のWIFIがあると助かります。

誰でも簡単に使えるフリーWのi-Fiですが、無料のWIFIっにはリスクがあります。
ご存知でしょうか?

無料WIFIの仕組みと危険性について紹介したいと思います。

無料で使えるフリーWi-Fiとは

カフェや空港や自治体が提供している無料で使えるフリーのWIFIがあります。
レストランなどにはフリーWi-Fiを利用するためのSSIDとパスワードが書かれいて、利用する人は自分のスマホやパソコンのWi-Fiを設定して通信をします。
時々、パスワード不要で利用できるケースもあります。フリーWi-Fiはサービスを提供している場所に行けば、誰でも利用することができるため、セキュリティ面では高いリスクがあります。特にパスワードを入力しなくても接続できるフリーWi-Fiは通信を暗号化されてないケースが多くけっこう危険だとおもいます。
特にビジネスなどで使うことを考えている場合はおすすめしません。

野良Wi-Fi

野良Wi-Fiというのもあります。フリーWIFIの一つで、野良WIFIとは誰がサービスを提供しているのか、わからないフリーWi-Fiのことです。
暗号化やパスワードによる管理が行われていないのが特徴です。
マンションなんかに住んでいると、WIFIの設定でパスワードなしで使えるよう設定している人もいたりして、こういうのは野良WIFI分類されるものですが、野良WIFIには中には悪意のある人物が故意にWi-Fiを公開しているケースもあります。カフェが提供しているWIFIと同じようなSSIDを提供して無料でつなぐことができるようになっているパターンもあります。

たとえば、カフェが無料で使えるWIFIを提供していたとします。
それに便乗した悪意のある野良WIFIが情報を取得するために仕掛けるWIFIは以下のようなものがあります。

カフェが提供するWIFI野良WIFI
SSIDLightPocket_CAFE_01LightPocket_CAFE_02
パスワードLightpocket_00_11_22Lightpocket_00_11_22

カフェと同じSSIDを連番にし、パスワードも同じにしています。
こういうのってお店が提供していると思ってしまいますよね。
ですが、野良Wi-Fiだったりするんです。
こういう悪意の野良WIFIは通信内容が傍受したり、スマートフォンを乗っ取る場合があります。
こういった連番のSSIDのケースは全て野良WIFIになるのではありません。
カフェなどは、お店にWIFIが行き渡るようにするために、WIFIの中継機をつかっている場合があり、そのような場合は、WIFI中継機のSSIDがわかりやすくするために、SSIDを連番にしてパスワードを共通化するという場合がよく見られます。
それに便乗した野良WIFIをつくって、情報を傍受するということがありますので、注意が必要です。
WIFI中継機はコストが安いですが、個人的にはメッシュWIFIで対応すればいいのにと思います。

フリーWi-Fiの危険性


フリーWi-Fiは無料で使えるWi-Fiスポットで誰でも自由に使うことができて、便利な点はあります。
暗号化されたり、メッシュWIFIで構築しで通信品質をあるていど保ち管理されたフリーWi-Fiでは比較的安全に使うことができますが、やはり危険なリスクはあります。
自治体の提供しているフリーWIFIも、自治自体にいくと、Windowsの古いバージョンのパソコンが置かれていたりして、そういうところが、WIFIのセキュリティ面なども考慮して対応しているなんて、思えないのですよね。

暗号化されていないフリーWi-Fiに接続してしまったら、どのようなリスクが発生するのでしょうか?

通信内容が見られてしまう

安全でないフリーWi-Fiに接続することで、メールやLINEなどメッセージアプリなどのメッセージが盗聴されたり、電話の履歴や電話帳などの個人情報が流出する可能性があります。

位置情報が見られてしまう

安全でないフリーWi-Fiからスマートフォンなどに侵入されることで、GPS機能により居場所が特定できてしまいます。
GPS機能により居場所を常時監視されたり、ストーカーの被害に遭うことも考えられます。

遠隔操作されてしまう

スマートフォンを乗っ取ることで、カメラを遠隔操作したり、メッセージを勝手に送ったりされてしまうこともあります。

安全にフリーWi-Fiを使うために気をつけること


フリーWIFIにはリスクがあることは充分に理解できたかとおもいますが、だからといってすべてが危険なわけではないので、理解して、注意して利用すればリスクもさけることできます。フリーWIFIを安全に利用するためにきをつけることとして以下のことに気をつければいいのではないかと思います。

スマホの自動接続機能は使わない

スマホは自動的にWIFIに接続する機能がありますが、自動接続機能を使うのではなく、少し手間ですが、自分でWi-FiのSSIDを探して手動で選択して接続するようにしましょう。

連番になっているSSIDに気をつける

先程、記載している野良WIFIのケースがありますので、お店の人に確認をとって、お店が提供しているSSIDだけを使いましょう。

大切な取引はしない

フリーWi-Fiに接続している時は、ネットバンクや買い物などは避けましょう。

安全に快適にWIFIを使いたい人は


カフェで仕事をするという人も多いと思いますが、そのような人は、無料のWIFIは使うのを控えてレンタルWIFIや自分で契約したWIFIをつかうことをおすすめします。
ポケットWIFIはWPA2という暗号化方式をつかってセキュリティ対策がされています。
WPA2というのは、通信中に暗号化キーを変更し続ける方式で、変更され続けるので、解読は困難のため安全面は確保できるとおもいます。
仕事で通信を行う場合はセキュリティはとても大切です。

また、カフェやレストランの通信は接続できる端末の数に限りがあり、WIFIルーターの上限に近づくと遅くなります。最近ではメッシュWIFIに対応していところもでてきましたが、まだまだ、少ないかと思います。自分で契約したWIFIをつかうことで、通信速度の安定性も保つことができます。

安全面と通信の快適さが欲しい人は、
自前のWIFIを用意することをおすすめします。

ここから宣伝になってしまいますが、
ライトポケットも安全面や使いやすさ、通信速度など考慮したWIFIのレンタルを行っています。
よろしければご利用ください。質問などありましたら、いつでもご連絡ください。
大容量・高速WIFI

コメントを残す