無料のフリーWi-Fiの危険性 安全に使うために気をつけること

スマホのデータ通信容量は気になりますよね。動画サービスやソーシャルメディアを使っているとデータ通信容量をたくさん使ってしまいます。家にWi-Fiがある場合はデータ通信容量の使いすぎなどは気にしなくていいかもしれませんが、外出時にたくさん通信してしまうと、速度制限にならないか心配になりますよね。
外出時に無料のWi-Fiがあると助かりますよね。最近では、電車内でも無料でつながるWi-Fiが出てきて、便利になってきました。個人的にはデータ通信容量を減らすためには無料のWi-Fiは使ったほうが良いとおもいますし、自分の行動範囲内で使える無料Wi-Fiが使えるところは抑えてあり、積極的に使っています。
この誰でも簡単に使えるフリーWのi-Fiですが実は危険性があります。ご存知でしょうか?
今回は、無料で使えるフリーWi-FiIの危険性について紹介したいと思います。

無料で使えるフリーWi-Fiとは

カフェや空港や自治体が提供している無料で使えるフリーのWi-Fi、利用するためのにはSSIDとパスワードをスマホやパソコンのに設定することで、インターネットに接続することが可能になります。時々、パスワード不要で利用できるフリーWi-Fiもありますよね。フリーWi-Fiはサービスを提供している場所に行けば、誰でも利用することができるため、セキュリティ面ではリスクがあります。特にパスワードを入力しなくても接続できるフリーWi-Fiは通信を暗号化されてないケースがもあるため、特にビジネスなどで使うことを考えている場合はおすすめしません。

野良Wi-Fi

野良Wi-Fiというのもあります。フリーWIFIの一つで、野良WIFIとは誰がサービスを提供しているのかわからないフリーWi-Fiのことです。
暗号化やパスワードによる管理が行われていないのが特徴です。
マンションなんかに住んでいると、WIFIの設定でパスワードなしで使えるよう設定している人もいたりして、こういうのは野良WIFI分類されるものになりますが、野良Wi-Fiには中には悪意のある人物が故意にWi-Fiを公開しているケースもあります。カフェが提供しているWIFIと同じようなSSIDを提供して無料でつなぐことができるようになっているパターンもあります。

たとえば、カフェが無料で使えるWi-Fiを提供していたとします。それに便乗した悪意のある野良Wi-Fiが情報を取得するために仕掛けるWi-Fiは以下のようなものがあります。

カフェが提供するWi-Fi野良Wi-Fi
SSIDLightPocket_CAFE_01LightPocket_CAFE_02
パスワードなくてもつながる

カフェがパスワードなしで、Wi-Fiが利用できる場合に、カフェのSSIDに連番で使えるWi-Fiがあります。スマホなどで接続しようとSSID出てきた場合、お店が提供していると思ってしまいますよね。
悪意の野良Wi-Fiは通信内容が傍受したり、スマートフォンを乗っ取る場合があります。

中継機

なぜ、こういった連番のSSIDを利用されるかというと、Wi-Fiの中継機を使っているからになります。カフェなどお店の隅々までWi-Fiが使えるようにしようとすると、Wi-Fi中継機が必要となります、Wi-Fi中継機ははコストが安いですが、メインのWi-Fiではなく、中継機に接続する場合は、SSIDが異なります。Wi-Fiを使いやすいようにするために、SSIDを連番にしてパスワードを共通化するというケースがみられます。
そして、パスワードも設定しないというケースも結構あります。
何れにせよ、連番で似たようなWi-Fiがあった場合、それがお店が提供するものなのかを確認した上で、利用するようにしましょう。

フリーWi-Fiの危険性


フリーWi-Fiは無料で使えるWi-Fiスポットで誰でも自由に使うことができて便利です。通信が暗号化されたり、メッシュWi-FiでWi-Fi構築し通信品質を保ち管理されているようなフリーWi-Fiでは比較的安全に通信を行うことができますが、そうでない場合はリスクを伴います。暗号化されていないフリーWi-Fiに接続してしまったら、どのようなリスクが発生するのでしょうか?

通信内容が見られてしまう

安全でないフリーWi-Fiに接続することで、メールやLINEなどメッセージアプリなどのメッセージが盗聴されたり、電話の履歴や電話帳などの個人情報が流出する可能性があります。

位置情報が見られてしまう

安全でないフリーWi-Fiからスマートフォンなどに侵入されることで、GPS機能により居場所が特定できてしまいます。
GPS機能により居場所を常時監視されたり、ストーカーの被害に遭うことも考えられます。

遠隔操作されてしまう

スマートフォンを乗っ取ることで、カメラを遠隔操作したり、メッセージを勝手に送ったりされてしまうこともあります。

安全にフリーWi-Fiを使うために気をつけること


フリーWIFIにはリスクがあることは理解しておけば、注意し利用することで、リスクを抑えることができます。
フリーWi-Fiを利用する上で以下のことに気をつけましょう。

スマホの自動接続機能は使わない

スマホは自動的にWIFIに接続する機能がありますが、自動接続機能を使うのではなく、少し手間ですが、自分でWi-FiのSSIDを探して手動で選択して接続するようにしましょう。

連番になっているSSIDに気をつける

前述のような悪意のあるWIFIもありますので、お店の人に確認をとって、お店が提供しているSSIDだけを使いましょう。

大切な取引はしない

フリーWi-Fiに接続している時は、ネットバンクや買い物などは避けましょう。

暗号化されていないフリーWi-Fiは利用を避けましょう

スマホで暗号化されているWi-Fiを判別するには

iOSの場合


iPhoneの場合は通信が暗号化されているWi-Fiの場合は、鍵マークが出てきます。
鍵マークがついてないWi-Fiの利用はやめましょう。

Androidの場合


Android端末の場合、OSのバージョンや機種によって画面や表示が異なりますがWiFi一覧に表示されるアイコンや説明文でセキュリティの有無を確認できます。
セキュリティの保護がないWi-Fiの利用はやめましょう。

安全に快適にWIFIを使いたい人は


カフェで仕事をするという人も多いと思いますが、そのような人は、無料のWIFIは使うのを控えてレンタルWIFIや自分で契約したWIFIをつかうことをおすすめします。
ポケットWIFIはWPA2という暗号化方式をつかってセキュリティ対策がされています。
WPA2というのは、通信中に暗号化キーを変更し続ける方式で、変更され続けるので、解読は困難のため安全面は確保できるとおもいます。
仕事で通信を行う場合はセキュリティはとても大切です。

また、カフェやレストランの通信は接続できる端末の数に限りがあり、Wi-Fiルーターが接続できる上限まで利用されていることも多く、通信速度が遅いこともしばしばです。最近ではメッシュWIFIに対応していところもでてきましたが、自分で契約したWi-Fiをつかうことで、通信速度の安定性も保つことができます。

安全面と通信の快適さが欲しい人は、自前のWIFIを用意することをおすすめします。

ライトポケットも安全面や使いやすさ、通信速度など考慮したWIFIのレンタルを行っています。
よろしければご利用ください。質問などありましたら、いつでもご連絡ください。
大容量・高速WIFI

コメントを残す