自分できるSIMロック解除 

docomo,AU、Softbankで通信と同時に申込みをしたスマートフォンはSIMロックがかかっている場合が多いと思います。
SIMロックされているといったいどういうことなのでしょうか?
SIMロックを解除するどういうことができるのでしょうか?

SIMロックって何?

スマートフォンには「SIMカード」という加入者のID番号が記録されたICカードが搭載されています。SIMカードは通話・通信サービスを利用するために必要なカードであり、そのSIMカードによって契約者情報を各携帯電話会社が把握できるようになっています。基本的に通信とせっとで携帯電話会社からスマートフォンを購入した場合その携帯電話会社以外のSIMカードはスマートフォンにロックが書かている状態のため使用できません。この状態を「SIMロック」がかかっていると言います。

SIMロックがかかっている場合ですが例えば、softbankで契約したiPhoneにdocomoのSIMカードを指して通信するということができません。

今の御時世から考えると、なんでSIMロックなんてかけてるの?っておもいますよね。もともとは携帯端末の不正転売などを防止するためのシステムとして取り入れられていたそうです。そうきくと、必要だったのかなっておもいますが。実際は、利用者の囲い込みのためにとても有効に機能していると思います。

SIMロックの解除が義務化

SIMロックされていることが、利用者の囲い込みに機能しており、利用者の利便性を妨げる。ということが課題となり2015年5月に総務省によるSIMロック解除を求めるガイドラインの発表されました。これによって「SIMロック解除が義務化」がされたため2015年以降に発売されたスマホであれば、基本的には任意でSIMロックを解除することが可能になっています。
でも任意でSIMロックを外せるというところなんですよ。
やっぱりSIMロックはかかってる状態なんです。

SIMロック解除のメリット

SIMロックを解除するメリットは、MVNOが提供するサービスの格安SIMを自由に選べるという点です。
また、SoftbankからDocomo、docomoから楽天など
携帯電話会社を同じ端末をつかったまま変更することも可能です。
それから、海外に旅行した際、SIMロックは解除されている端末であれば
海外でプリペイドSIMカードを購入して、それをスマートフォンに挿して
日本でいるときと同じように、通信できるというメリットがあります。
もちろん、SIMロックされたままでも、ローミングをつかえば、
海外でも通信はできますが、びっくりするほど高額です。
海外旅行でもスマホを使いたいというのであれば、
SIMロックは解除しておいたほうがいいと思います。

SIMロック解除のデメリット

SIMロック解除のデメリットはないと思います。
解除するときに手数料がかかるということがデメリットなのかもしれませんが。
強いて言うなら
ドコモのスマホを使っていて、ドコモ回線の格安SIMに乗り換える場合
auのスマホを使っていて、au回線の格安SIMに乗り換える場合
ソフトバンクのスマホを使っていて、ソフトバンク回線の格安SIMに乗り換える場合
これらの場合は、わざわざSIMロックを解除する必要性はありません。

SIMロックを解除する前に確認すべきこと

docomoのSIMロック解除適応条件

・SIMロック解除対応端末である(ウェブサイトで確認可能)
・購入から100日が経過している(購入代金を清算済みの場合は経過してなくてもOK)
・端末で利用料金やお支払いが確認できる
・ネットワーク利用制限などの制限がかかっていない

auロック解除適応条件

・2015年5月以降に発売されたもので、SIMロック解除対応端末である(ウェブサイトで確認可能)
・購入から101日が経過している(一括払いで購入している場合は100日以内でも可能)
・契約者本人が端末を購入している
・ネットワーク利用制限などの制限がかかっていない
・解約済みの場合は、解約日から100日以内であること

Softbankロック解除適応条件

・SIMロック解除対応端末である(ウェブサイトで確認可能)
・端末の持ち主が契約者本人である
・購入から101日以上経っている(一括払いで購入している場合は100日以内でも可能)
・ネットワーク利用制限などの制限がかかっていない
・解約済みの場合は、解約日から90日以内であること

SIMロックの解除の細かな条件は
キャンペーンなど適用によってかわったりすることもありますので、
利用している携帯電話会社のWEBサイトで確認しておくことをおすすめします。

自分でSIMロックを解除しよう。

SIMロックの解除は携帯電話会社の店舗で行うことができますが。
家から行ったほうが手数料がかからないためお得です。
自分でSIMロック解除をおこなうのであれば、携帯電話会社のお店にいった場合、待たされる上に、手数料が3000円かかります。

SIMロックを解除をおこなうのに必要な情報

SIMロックを解除するためには、端末のIMEI番号を確認して必要があります。
電話発信画面で「*#06#」と入力する
androidの場合、設定 > 端末情報 > 端末の状態
iPhoneの場合、設定 > 一般 > 情報
で確認できます。
SIMロック解除を行う前にかならず確認しておいてください。

docomoのSIMロック解除方法

ドコモオンライン手続きで自分で行う → 無料(dアカウントが必要です)
ドコモショップで行う → 手数料3,000円、1人につき2台まで
電話で行う → 手数料3,000円
スマートフォンからの手続きは不可になっています。
SIMロック解除をやめさせる抵抗なのでしょうか?
公式サイト:docomoのSIMロックを解除

auのSIMロック解除方法

My auから自分で行う → 無料
auショップで行う → 手数料3,000円
公式サイト:auのSIMロックを解除

SoftbankのSIMロックの解除方法

My Softbankから自分で行う → 無料
ソフトバンクショップで行う → 手数料3,000円
公式:SoftBankのSIMロックを解除

SIMロック解除をしても、現在契約中の携帯電話会社は利用できます。
もし、格安SIMなどを検討している場合は、SIMロックを解除してみるのはいかがでしょうか?