東京限定 都営地下鉄が1日500円で乗り放題のワンデーパス発売中

東京都交通局は、都営地下鉄が1日500円(子ども250円)で乗り放題となる「冬のワンデーパス」を発売。

都営地下鉄のワンデーパスは、春/夏/秋/冬のシーズン毎に発売されており、今回は冬バージョンとなります。ワンデーパスを使うと、都営地下鉄が1日乗り放題になるだけでなく、沿線の施設や店舗にて割引が適用されます。磁気乗車券に限られたものではなく、PASMOにワンデーパスの機能を付加できます。
都営地下鉄の1日乗車券として使える「ワンデーパス」がPASMOに搭載されることで、乗換時の改札を通過する際や、乗り越し時の精算などを1枚のPASMOに集約することができるため便利です。
 

都営地下鉄のワンデーパス

発売額大人500円/小児:250円
PASMOと同時購入の場合デポジット500円が必要。
発売期間 2020年12月12日(土)-2021年年01月17日(日)までの土日祝日
12月28日(月)、12月29日(火)、12月30日(水)、12月31日(木)
有効期間一日(購入当日)
発売場所 都営地下鉄各駅
(押上、目黒、白金台、白金高輪、新宿線新宿の各駅を除く)
特典利用当日に限り沿線の施設や店舗で割引やプレゼントなどの特典

 
 

都営地下鉄ワンデーパスのお得な使い方

都営地下鉄ワンデーパスとは、東京都交通局が期間限定で発売している都営地下鉄全線を一日乗り放題できる乗車券。

普通旅客運賃

大人(きっぷ)小児(きっぷ)大人(IC)小児(IC)
1キロから4キロまで180円90円178円89円
5キロから9キロまで220円110円220円110円
10キロから15キロまで280円140円272円136円
16キロから21キロまで330円170円325円162円
22キロから27キロまで380円190円377円188円
28キロから46キロまで430円220円430円215円

都営地下鉄の初乗り運賃が180円となっているので、身近な距離を1日の間に三回以上の乗車がある場合は、ワンデーパスを使うとやすくなります。
地下鉄の料金は片道の移動距離が10キロ以上になると、運賃が280円以上となってくるので、すこし距離のある移動の往復する場合もワンデーパスの利用がお得になります。
 
 

コメントを残す