海外旅行で危険な無料Wi-Fiの見分け方 安全にネットを使うには

海外旅行した人はご存知のことだと思いますが、日本と比べると海外では無料で使えるフリーWiFiが充実しています。海外旅行や出張の際にフリーWiFiを使えばいいかと考える人も多いとおもいますが、誰でも無料で使えるからこそ、フリーWiFiにはリスクも潜んでいます。無料WiFiスポットのリスクと、安全に使うための注意点をご紹介します。

危険なフリーWi-Fiの見分け方のポイント

海外に限らず日本国内にも当てはまることですが、危険なフリーWi-Fiの見分け方のポイントとして以下のようなことがあげられます。

Wi-Fiの提供元が不明

無料のWi-Fiを提供しているサービスが不明の場合は危険です。ホテルやカフェなどでも無料で繋げられるWi-FiのSSIDというのが提供されているとおもいますが、提供元がどこかわからないけど、無料でつなげることができるWi-Fiというのもあります。野良Wi-Fiというやつです。
野良Wi-Fi(なりすましアクセスポイント)

カフェが提供するWIFI野良WIFI
SSIDLightPocket_CAFE_01LightPocket_CAFE_02

提供されているWIFI情報に告示したSSIDなどを作って無料で提供されている場合があります。
かなり悪質ですが、提供元が不明なSSIDに接続するのはとても危険です。

無料で使えるフリーWIFIのセキュリティって大丈夫!?この点を気をつけて無料で使いましょう。

Wi-Fiの利用にパスワードの保護がない

無料のWi-Fiでパスワードを入力する必要なく、接続できるWi-Fiがありますが、誰でも繋げられるというのは、逆に誰でもつながってほしいということでもあります、通信を盗み見られている可能性が高いので、保護されてないものを使うのは控えましょう。

Wi-Fiが暗号化されていない

ポケットWi-Fiで通信を行うとWPA2 という方式で通信が暗号化さ通信を盗み取られないように保護されていますが、フリーWi-Fiの場合は無料で提供する分、そのあたりのまで考慮されているかどうかは、わかりませんし、利用にかんしては自己責任になるとおもいます。暗号化されているかどうかはWi-Fiの提供元にしてから利用するようにしましょう。

フリーWi-Fiの危険性

フリーWi-Fiの危険性は、偶発的な危険性と意図的に情報を抜き取ろうとしている2つのケースにわけられます。

通信が盗聴される可能性

暗号化されていないフリーWi-Fiを使うと通信が盗聴される可能性があります。通信内容が暗号化されていないと利用者が閲覧しているWebサイトのURLや履歴、メールの内容などを、同じフリーWi-Fiに接続している第三者が簡単に取得できます。

意図的に盗むように仕組まれている

実在するWi-Fiと同名またはよく似たネットワーク名のアクセスポイントに接続させるようにして情報を抜き取るという被害に遭うケースがあります。野良Wi-Fi(なりすましアクセスポイント)は、悪意ある人物が盗聴、のぞき見、端末の乗っ取りなどを目的として作成し仕掛けたWi-Fiです。利用はやめましょう。

買い物や仕事で使う場合はフリーWi-Fiはやめましょう

フリーWi-Fiの見分け方についてまとめてきましたが、仕事をする場合やネットでショッピングをする場合は、盗聴されてはいけない情報を見たり、送信したりすることになります。重要な情報のやり取りは、フリーWi-Fiの利用はやめきちんと保護された通信でおこなうようにしましょう。
これは海外のことだけではなく、日本においても同じことなので、セキュリティリスクのあることはやめておきましょう。

海外でも安全にネットを使うためには

海外でも安全にネットを使う場合は、以下の方法があります。

  • プリペイドSIMカードを利用
  • eSIM向けプランを利用
  • モバイルWi-Fiをレンタル
  • 日本でパケット定額サービスを契約

これらにつきましてはこちらにまとめておりますので、御覧ください。
-> 海外でも安全にネットを使う方法

海外に行く前に知っておきたいこと。高額請求を防ぐには?

ライトポケットではレンタルWi-Fiサービスを提供しております、セキュリティ面も容量も安心できるサービスです。よければサービスを御覧ください。
国内 WiFiレンタル

コメントを残す