【2023年1月】無料で使えるオンラインストレージ比較11選 最大1TBもあり!

個人でクラウドストレージを使う人も多いと思います。いろいろな会社が提供している、オンラインストレージのサービスがありますが、有名どころを11サービス調べましあ。それぞれの特徴など比較してまとめました。

オンラインストレージとは?

オンラインストレージは、インターネット上でデータの保管や共有などを行えるサービスです。オンライントレージとはインターネット上に自分のデータファイルを保存することができるサービスです。いつでもどこからでもファイルが手元にあるかのように編集したり操作したりすることが可能になります。オンライン上に保存されたデータへのアクセスはブラウザであったり、スマートフォンアプリなど、いつでもどこでもアクセスできるようになっており、とても便利なサービスです。

オンラインストレージを利用することで得られるメリット

オンラインストレージを利用することのメリットとしては以下のようなことが挙げられると思います。

1.データを一元管理

企業で利用する場合、社内のファイルをオンラインストレージに集約することで管理者がファイルの一言管理がきるようになります。個人が利用する場合も同様ですが、オンライン上でファイルをスマホやパソコン、タブレットなどから管理することが可能なります。オンラインストレージサービスが色々なデバイスで使えるように対応しているため、パソコンでしか使えないというような制限がなく、いろいろなデバイスからファイルを見たり編集することが可能になります。

2.自動バックアップ機能

パソコンなんの特定のフォルダにあるデータやファイルのバックアックを自動化させる設定が可能なため、パソコン上で作業して作った大切なデータやファイルは常にバックアップとることができるので、消失するリスクを減らすことが可能になります。

3.ファイル共有・共同編集が可能

インターネットを通じて他の人とオンラインストレージ上に保存されている同じファイルを参照することが可能となるため、ファイルを利用者に送信したり、受信するような手間も省略しファイルを開いて編集することが可能です。他の人との共有はもちろん、いろいろなデバイスから同じ事ができます。

4.どこからでもアクセス、複数の端末からアクセス

インターネットを使える環境ならどこからでもアクセスでき、いろいろなデバイスからアクセスすることが可能です。外出時にスマホでファイルをみて、自宅ではパソコンで同じファイルを見るということが容易にできます。

オンラインストレージの選ぶポイント

オンラインストレージサービスの利用を検討する場合は、以下のポイントが重要になるとおもいます。

データ(ストレージ)容量

最も重要なポイントだとおもいます。保存できる容量が多ければ多いほど良いと思いますが、通信も同じですが無制限使い放題のように、無制限に保存できるというサービスがあればいいですが、無制限に保存できるサービスは誕生してはすぐになくなってしまっている状況です。動画ファイルなどのストレージとして利用したい場合であれば、かなりの容量が必要になりますが、そのような用途でなければ、それほど大容量は必要な位という人も多いと思います。保存したいファイルのサイズを把握おきましょう。
また、アップロードやダウンロードの1回あたりの最大容量も十分である必要があります。

サービスにかかる料金

サービスが提供している無料枠で十分な場合もあるかもしれませんが、企業などで利用する場合は、従業員の数やデータ容量などによって変わってきます。保存できる容量によって料金がかわってきます。サービスによって変わるので、自分の利用したい容量などを考慮して有料プランを利用する場合は検討しましょう。

セキュリティ対策

基本的には無料サービスも有料サービスと変わらずセキュリティーの対策はされていますが、ファイルを共有する場合などはすこし異なってくる部分になるかとおもいます。企業で外部の人と利用するにセキュリティ重要なポイントになります。

無料で利用できるオンラインストレージ11選

無料ですぐに利用できるオンラインストレージサービスを取り上げてみました。英語のみ対応もありますが、無料で使える容量の大きいものを取り上げました。

terabox

TeraBoxは1TB(1024GB)を無料で使えるストレージを提供しているサービスです。ファイルの送信を行う場合も有効期限を設定してファイルを共有でき、受信者がダウンロードする前にパスワードを要求することも可能となってています。ファイルは個別にアップロードすることも、フォルダアップロードで一括してアップロードすることもできます。すべてのファイルは自動的にセクションに整理されるので、写真、ビデオ、音楽などを簡単に見つけることができます。
無料では単一ファイルとしてアップロードできる上限は4GBとなっています。
有料プランではストレージ容量が2倍になり、ダウンロード速度が向上し、ビデオ再生品質が最大化、アップロードサイズの上限が20GB、広告なし、などの特典があります。
日本語対応。

TeraBox 1TBも使える無料ストレージ 大容量過ぎて怪しい、危険なのか調べてみた

Degoo

Degooはアカウントを作成すると100GBの無料ストレージが提供されます。最大の特徴になりますが、Degooでアカウントを作るよう誰かを紹介すれば、500GBを手に入れることができます。その後、紹介で入会された方一人につき5GBを得ることが出来ます。また、広告を見ることでより多くのオンラインスペースを無料で手に入れることができます(広告を見るごとに1GB未満)。
日本語の説明はありません。

Blomp

Blompは20GBのストレージを無料で利用できます。動画、音楽、画像をプレビューする機能が無いのは少し不便ですがサービスはシンプルで使い勝手が良くて便利です。アップロードするファイルの大きさは、20GBを超えなければ制限がありません。紹介して登録してもらえば、最大200GBのストレージがもらえます。
日本語の説明はありません。

MEGA

MEGAでは、最大20GBのクラウドストレージを無料で利用することができます。安全な暗号化を提供しておりプライバシー侵害対策に役立ちます。MEGA達成プログラムを通じて、5GB単位でさらにストレージを増やすこともできます。日本語にもWEBやアプリが対応していることもあり日本人の利用者もかなり多いサービスだと思います。
日本語対応。

Google one

Google Oneは、Googleが提供するストレージ(容量)サービスです。無料では15GBまで利用することが可能です。Google Oneを活用すると、「Googleドライブ」「Gmail」「Googleフォト」などのGoogleサービス全体の保存容量を増やすことが可能です。なお、Google ドライブの利用者が、Google Oneを利用開始する際、Googleドライブ内のファイルを失ったり、ファイルの移行が必要になったりすることはありません。Google Oneのプランは、100GB~30TBまで6つ用意されており、月額250円から利用可能です。

pCloud

pCloudは、無料版は最大10GBまで利用できるクラウドストレージです。有料版では500GBと2TBの2つの容量が選べます。
セキュリティ大国スイスで誕生し、すでにヨーロッパ圏では知名度のあるサービスになっています。世界各国で1,400万人のユーザを獲得しています。
WEBページは日本語にある程度対応しています。
日本語一部対応。

MediaFire

MediaFireは無料で10GBの容量が利用できるクラウドストレージです。紹介ボーナスなどを利用すれば最大50GBまで容量を増やせます。シンプルで使いやすくラッグ&ドロップでファイルをアップロードできるなど、直感的に操作できます。ファイル共有が目的の利用であれば、無料プランでも問題なく利用できます。
日本語の説明はありません。

box

Boxは無料プランの場合のストレージ容量は10GBまで、ファイルアップロードの上限は1回につき250MBまでとなります。日本でも代理店が法人向けに販売していることもあり、最近ファイルがBox経由でダウンロードする機会が増えてきました。
企業で使う場合は、Businessプラン以上の選択をしておくと、ストレージ容量は無制限となり、アップロードの上限も5GB/回からとなります。複数のIDを取得できるため社員とのファイル共有も簡単に可能です。
日本語対応。企業利用に向いています。

OneDrive

OneDriveのオンラインストレージは、Microsoftアカウントを作成することで、5GBまで無料で利用可能です。OneDriveフォルダに保存されたファイルや書き換えられたファイルは、ほぼリアルタイムで自動的にオンラインストレージとの同期が実行される。そしてオンラインストレージから同様に連携中のWindows PCも自動的に同期される。消えては困るファイルなど同期させておくことができるので便利です。

FireStorage

firestorageに無料会員登録した場合firetoolsの利用が可能となり、最大4GBのデータの保管が可能となります。
1ファイルの最大アップロードの容量は250MBとなっているので、動画などはバックアップや保存にはむいていませんが、画像などやドキュメントなど保存など利用するには向いているサービスです。

Dropbox Basic

Dropbox Basicは、アカウントを作成することで、2GBまで無料で利用可能です。 PC やスマートフォンなど色々なデバイスからオンラインストレージへアクセスし、写真や文章などのデータを保存したり参照したりすることができます。複数の端末でデータを共有し、どの端末からも同じデータを参照するようにすることが可能です。

サービス 無料データ容量 WEB
terabox 1 TB Web
Degoo 100 GB Web
Blomp 20 GB Web
MEGA 20 GB Web
Google one 15GB Web
pCloud 10GB Web
MediaFire 10GB Web
box 10GB Web
OneDrive 5GB Web
FireStorage 4GB Web
Dropbox Basic 2GB Web

個人で利用するなら複数にわけてもいいかも

複数の無料のオンラインストレージをうまく使い分けて、teraboxに大きめのファイルを置いておく、MEGAに厳選した写真だけ置くなど、手間ですが使い方を分ければ無料だけでも十分利用できるかと思います。

コメントを残す