富士ソフトFS040WとFS030Wを比較 新型と旧型のモバイルWi-Fiルーターがどう変わったのか

富士ソフトより2020年7月に「FS040W」というモバイルルーターがに発売されました。FS040Wは人気のモバイルルーター「FS030W」の後継機種で、どのように変わったのか気になるところであります。
新型のFS040と旧端末FS030Wのスペックを比較して、どのようなアップグレードがされているのかをにまとめてみました。

FS040WとFS030Wを比較

fs030w
製品名FS040WFS030W
最大下り通信速度300Mbps150Mbps
最大上り通信速度50Mbps
重量約142g約128g
サイズ76 x 76 x 19.6mm74 x 74 x 17.3mm
連続通信時間20時間
バッテリー3,060mAh
同時接続台数最大15台
WLANIEEE 802.11 a/b/g/n/ac
対応周波数(ドコモ)1、3、19、21
対応周波数(au)1、3、11、18、26、411、11、18
対応周波数(ソフトバンク)1、3、8、11、411、3、8、11
USB端子Type-CMicroUSB
対応SIMNanoMicro
公式サイトに掲載されていませんが、楽天モバイルのUN-LIMITの周波数3と18(AUローミング)には、FS040WとFS030Wともに対応しています。APNを設定することで通信は可能になります。

FS040Wでアップグレードされた点

最大通信速度が2倍の300Mbpsにアップ

FS040Wは最大通信速度がFS030Wに比べて2倍の300Mbpsに上がりました。
最大通信速度はあくまでも理論値になるので、実際はそこまで通信速度はでませんが、高速化のために端末の改善があるので、通信速度も速くなる可能性が高くなります。

モバイルバッテリーとしても給電する

FS040Wはスマホやタブレットに給電することができるようになりました。
バッテリーは旧型と同じく3060mAhなので、モバイルバッテリーとして活用できるというレベルではありませんが、スマホに急に充電が必要となったような緊急時には役立つ機能ではないかとお見ます。
スマホやタブレットの充電には専用のモバイルバッテリーがあったほうが便利です。

USBがType-Cに変更

FS040WはUSB端子がType-Cになりました。Type-Cは急速充電の「USB PD」に対応しているので急速充電対応のアダプタを利用すれば急速充電が可能です。(FS040Wに属しているACアダプタは急速充電に対応していません。)

FS040WとFS030Wに共通するすごいところ!
バッテリーを外してもACアダプタだけで利用できます。自宅で使う時場合などに、バッテリーを外しておけばバッテリーの劣化を防ぐことができます。

FS040WとFS0030Wを比較して感じるデメリット

少し大きく、少し重く

大したデメリットではありませんが、少し大きくなり、少し重くなっています。

製品名FS040WFS030W
重量約142g約128g
サイズ76 x 76 x 19.6mm74 x 74 x 17.3mm
料金が上がった

FS040Wは別売りのホームキットと接続させることで、機能をアップさせることができることもあり、価格が17,000~19,000円程度と少し高めです。FS030Wは旧型であるため12000から13000円程度となっています。
持ち歩くことを前提として使う場合、真冬に買う水着のように、別売りのホームキットとつなげて使うということはしないと思いますので、若干割高に感じるかもしれません。

FS030Wで楽天モバイルUN-LIMITを使う注意点

FS030Wでも楽天モバイルのUN-LIMITを使うことはできます。楽天のAPNを設定しても楽天モバイルではなくKDDIの電波を優先して掴んでしまうそうです。「ネットワーク検索」の「手動」にして楽天のAPNのままNTT docomoを選択することで楽天につながるそうです。ややこしいですが、楽天という表示が存在せず、デフォルトがNTT Docomoとなっているのだとおもいます。FS030Wのファームウェアは2020年1月にアップデートされましたが、楽天モバイル UN-LIMITがサービスを開始したのは、2020年4月からですので、対応できてないだけでしょう。ファームウェアのアップデートを待ちましょう。
楽天モバイル「UN-LIMIT」

FS040WとFS030Wと比較まとめ

FS040WとFS030Wを比較してみました。
どちらも4G/LTE対応で日本の4キャリアに対応しています。(FS030Wは楽天モバイルで使う場合は現在では、多少設定が手間ですが)
速度が大幅に改善されたFS040Wは別売りのホームキットを合わせることで真の力を発揮し、家でも使えるホームルーターとしての役割を果たします。

ですが、一人暮らしの方や、持ち運びを前提とする方にはオーバースペックに感じてしまうところでもあります。
通信速度が速いほうがいい人はFS040Wで、持ち運びして使うためだけという方ならFS030Wのほうが安くいいかもしれません。

FS040W

17000円から
Amazon 楽天市場 Yahoo

fs030w

FS030W

12000円から
アマゾン 楽天

コメントを残す