[暖房] 電気代が1日8円、暖かく過ごせる、着るこたつ「こたんぽ」

寒い時期、暖房器具に頼るのは必須ですが気になる電気代は安くしたいものです。
部屋全体ではなく、自分の身の回りだけが暖かい状態を保つことができれば、快適に過ごせます。家でテレワークで仕事をする際に、暖房つけっぱしだと電気代は気になりますが、
1日つかっても電気代が約8円程度で、暖かく過ごせる着るこたつがあれば、電気代を抑えて暖かくして仕事ができます。

着るこたつ「こたんぽ」の3つメリット


こたんぽ
おひとりさま用着るこたつ「こたんぽ」

メリット1 電気代が安い6時間で8円

制作と販売をするサンコーのWEBサイトによると「こたんぽ」は1日6時間使用しても約8円という電気代です。
この電気代はかなり安くて、冬場のよく利用する暖房器具の電気代をまとめると以下のようになります。
エネチェンジの2022年のデータを参考

こたつ 1時間あたりの電気代

約4.3円
約2.2円

1日6時間程度使うことを想定すると

6時間
約25.8円
約13.2円

エアコンの暖房 1時間あたりの電気代

エアコンの暖房を使用した際の1時間の電気代の目安は2.8円~40円となります。室内の気温や、利用するエアコンによって電気代には差がおおきくなりますが、20円から40円はかかってくると考えていていいとおもいます。
6時間使用した場合は、目安としては130円程度かかると考えていいいと思います。

こたんぽはエアコンはもちろん、こたつよりも電気代がかかりません。

冬場の暖房の電気代についてはこちらまとめています。
暖房の電気料金の節約のための基礎知識、暖房器具を別の1時間の電気代目安

メリット2 脱着がかんたん、着たままでも歩ける


体に巻き付けて使用するため脱着が簡単で、電気を取るケーブルも簡単に脱着できるようせっけいされています。また、着たまま足を出せる仕様になっているため、「こたんぽ」を着たままま移動することも可能です。

メリット3 洗えてコンパクト

ヒーター部分を取り外せば、起毛の毛布の部分は洗濯機で簡単にあらうことができます。
畳んでコンパクトにできるので、保管にも場所をとりません。


こたんぽ

【温度設定】
1:約30度、2:約33度、3:約36度、4:約39度、5:約42度、6:約45度 
【タイマー設定】
30分/60分/90分

洗えて電気代も1日8円で抑えられるので冬場にテレワークなどで自宅で仕事する時にこたんぽがあれば暖かくすごせるのではないでしょうか?

コメントを残す