電子領収書を無料で発行・送付ができる『イーレシート』

テレワークを導入する企業も増えてきて、領収書を電子化してメールで添付して送るとうことが当たり前のようにできるようになってきました。まだまだ取引先によっては駄目だというところもありますが、少額なら構わないということを受け入れてくれる会社も増えてきました。

ブラウザ上でPDF形式の領収書が作成出来る無料サービス「イーレシート」を紹介します。

発行、送付、管理が無料でWeb上で完結できます。

電子領収書のメリット

印紙は不要

5万円以上の領収書には収入印紙が必要となっていますが、電子文書の領収書では金額の大小に関わらず収入印紙が不要になります。経費も抑える事に繋がります。

領収書の発行や送付の手間が削減

企業などでは領収書を発行するためには、担当者に依頼し、領収書の発行してもらって、送付が必要になります。担当者への説明のために、資料を書いたり、送付してもらうという手間が電子化することで、大幅に削減できます。

領収書長期保存が簡単

領収書を紙のまま保存することは、紛失したり、災害で消失したりといったリスクがあります。一方電子データはファイルサーバーに保存しておくことができ、簡単にバックアップが取れるので長期保存が簡単にできます。

イーレシートの使い方

イーレシートは、会員登録せずに、一度だけの使いかたもできますが、会員登録し必要データがいつでも反映されるようにしておくと便利です。
印鑑も登録しておきましょう。

準備:印鑑画像を用意しましょう

個人の場合は、フリーのソフトやWEBサービスを使えば電子印鑑を作成することができますので、利用してみるのもいいと思います。
企業の場合は、電子印鑑を考えるなら、実際の印鑑を押印した印影をスキャンし、画像として取り込んで作成しておきましょう。一度作成してしまえば便利になります。

イーレシートの使い方

イーレシート
とてもシンプルです。

  1. 新規会員登録+印鑑データ登録
  2. 領収証のデータを入力
  3. 領収証の保存期間を決めてデータを入力
  4. 領収証を発行

イーレシート
発行された領収書をダウンロードできるURLが発行されますので、
そのURLをメールに添付して送信すれば完了です。
ダウンロードできる期間も指定できます。
とっても簡単です。

イーレシート

デジタルシフトが求められる

新型コロナウィルスの感染リスク下げるという社会の共通する問題意識からテレワークを導入している企業も今は多いと思います。
そのこともとても大切なことですが、厳しい経済状況でも、業績と生産性を上げ、コストを下げるということを前提としたデジタルシフトが今後求められ、業務改善とテレワークをうまくを導入した形態の企業が現れてくると思います。厳しい経済環境に適用できた企業が強くなり、そうでないところは、厳しいままになってしまうかもしれません。
今は、領収書を電子化といっても、WordやExcelで作成したり、市販の領収書に記載して捺印後にPDFしてメールで添付するという程度で済ませている企業も多いと思いますが、イーレシートなどを利用し少しでも作業効率や管理の手間が減るようにしもう一歩先に進めるところが増えてくるといいなあと思います。

コメントを残す