WIMAX やポケットWIFIのセキュリティって安心なの?設定を見直して安全に使おう

モバイルWi-Fiルーターは家でも移動中でも出先でもどこでもインターネット接続ができ、パソコンやスマホ、タブレットなど複数の端末を、同時にインターネット接続できるというとても便利なものです。今はテレワークで利用している方もたくさんいらっしゃるのではないかと思います。

このモバイルWi-Fiルーターを使ってインターネット接続はセキュリティ面は大丈夫なのだろうか?
そう思った人もいると思います。

WiMAXをはじめポケットWIFIなどのモバイル端末は設定次第では、セキュリティ面が安心とは言えない状態にある場合があります。
セキュリティ面が良くないと、フリーWIFIのような危険性があって情報漏えいしてしまったり、身に覚えのない犯罪行為に巻き込まれてしまう、ということもあります。

今回は、モバイルWi-Fiルーターのセキュリティ対策をご紹介したいと思います。

モバイルWIFIルーターのセキュリティ


WiMAXやポケットWIFIを利用している人はモバイルWIFIはルーターはとても手軽で便利ですよね。
便利で簡単に使えることから、電波が他の人や家の外まで届いてしまうためと少し不安に思うことがあると思います。
これらのモバイルWIFIは基本的に暗号化方式による強固なセキュリティ対策がおこなわれるようになっているため、安全な通信ができるようなシステムになっています。
基本的に、設定などを変更をしていなければ、暗号化された通信ができているのでセキュリティは安心だと考えてもらっていいと思います。

暗号化の規格

Wi-Fiとは、データを電波に変換して送受信しています。その際に暗号化してから電波に変換し、アクセスポイント(中継点)で元に戻す方法を暗号化方式と言います。
この暗号化の規格ですが「WEP」から始まり、「WPA」「WPA2」「WPA3」という具合に進化してきます。
現在発売中のルーターは全て「WPA2」に対応しており、家庭用としては充分なセキュリティを誇るセキュリティになっています。

WPA2のセキュリティについて

WPA2は通信中に暗号化キーを変更し続けるため、解読するにはそうとうに困難です。
ただしWPA2に関しても完璧ではなく、2017年の秋には脆弱性が発見されました。
とはいえ、現時点ではその脆弱性を破るためにはかなりの技術が必要となります、わざわざ他人のポケットWi-Fiに対して攻撃を仕掛ける人は少なく、盗聴される可能性は現時点ではゼロに近いと考えられます。

古いモバイルWIFIのセキュリティは注意

過去に購入した古い機器の場合、WEP・WPAといったセキュリティ面に問題のある規格が使われている可能性があるので、古い規格であったら、今すぐにWPA2の暗号化方式を搭載した機種に変更しましょう。
最近契約して新しい端末をご利用の方はこの点は心配ないと思います。また、レンタルWIFIを利用される方も、基本的にはレンタル業者はこの点のことにも詳しい人がいて端末選びにには気をつけているため、少し古くても、WPA2に対応した端末を提供してくれるとおもいます。

モバイルWi-Fiルーターのセキュリティリスクを減らす3つのこと


基本的に新しいWiMAXの端末やポケットWIFIの端末はWPA2で暗号化されているので、安心安全につかえます。
しかしながら、セキュリティリスクがある場合は設定を変更してしまうことで生まれてしまいます。

暗号化方式は高くする

モバイルWi-Fiルーターは無線でデータ通信を行っていますが、暗号化をされていることによってデータ自体が傍受されても解読することは難しいですが、
この暗号化方式を任意で変更することができる端末があります。
セキュリティの基準ですがざっくりまとめると以下の通りになります。

  • WEP:低セキュリティ
  • WPA:中セキュリティ
  • WPA2:高セキュリティ高

現在発売されているモバイルWi-Fiルーターの多くはWPA2にまで対応していますが、古いものを使っている場合は対応いていない場合もあるので、注意が必要です。まった、モバイルWi-Fiルーターの中には利用者が任意で暗号化方式を変更できる用意なっている場合もあります。脆弱性があるので、できるだけ、「WPA2」に設定しておくといいと思います。

パスワードは強固なものを使用する

モバイルWIFIルーターには、SSID(アクセスポイント)を選択しパスワードを入力して接続します。この設定を変更できるようになっており、WIFIのパスワードを設定してなかったり安易なパスワードに設定したりしている場合があります。SSIDとパスワードがわかると、WiMAXやポケットWIFIを管理するための管理画面にはいれるようになります。この管理画面もパスワード認証となっていますが、デフォルトのパスワードは基本的に同じなので安易なパスワードを設置したり、パスワードを外してしまうと、管理画面に簡単にログインされてしまいます。管理画面上で設定を変えたり、いろいろできてしまうので、管理画面のパスワード、WIFIルーターのパスワードは、強固なパスワードを利用するようにしましょう。
個人的ではありますが、パスワードを頻繁にかえることを推奨する人も多いですが、頻繁にかえるようにすると安易なパスワードになりがちですので、強固なものを始めに設定するといいと思います。

パスワードがかなり複雑でもWIFIルーターにはたいていWPSの機能がついており、WPSを使えばWIFIへの接続は簡単です。

めっちゃ便利!Wi-FiルータのWPS 

WIFIを使用しない時は電源を切る

最後はアナログな対応ですが、使わない時は電源を切る方法です。
電源を切っておくと、そもそも、使えないので安心です。
通信していない状態の間はモバイルWIFIの電源は切っておきましょう。電源OFFにしておくことでバッテリーも長持ちします。

まとめ


WIMAX やポケットWIFIのセキュリティについてでしたが、基本はWPA2により暗号化されており、SSIDとパスワードをつかって接続するためセキュリティのリスクはほとんどないといえます。自分で設定を変更する場合は、セキュリティのリスクについて考慮するようにしてください。

ちなみに弊社で扱っているWIFIルーターのFS030WはWPA2に対応しております。一定期間の通信がないとセキュリティ面とバッテリーの減少をへらすために自動的にスリープするように設定しています。もし、何かの機会でWIFIをレンタルしたい場合などありましたら、ライトポケットをご利用ください。
大容量・高速通信のレンタルWIFI

コメントを残す