テザリングって何?テザリングの仕組み活用術

テザリングって使ってますか?
外出時、パソコンやタブレットでネットに繋ぐ必要に迫られ、公衆の無料WIFIがなかった場合にテザリングを使ったという人もいるかと思います。
自分も仕事で外出している時に、電話が書類を確認してほしいと言われて、スマートフォンのテザリングの機能をつかって、スマートフォンとノートパソコンを繋いでファイルを受信して確認して、電話するということがありました。
緊急時にはスマホのテザリングは使えると便利です。
今回はテザリングについてまとめていきます。

テザリングとは

テザリングとは、モバイルデータ通信ができる端末、スマートフォンやモバイルWI-FIを利用し、PC、タブレット、ゲーム機などをインターネットに接続することです。
テザリングってスマホだけの機能として限定的にイメージされてしまう人もいるようですが、WiMAXもポケットWi-Fiが他のデバイスをインターネットに接続している状態はテザリングになります。
スマートフォンのテザリングを使えば、無料のWi-Fiがないところで、ノートパソコンやタブレットをインターネットに接続することができます。外出先で資料をメールで送る場合などには、テザリングは便利です。

テザリングは無料?

スマートフォンでテザリングの機能が使える場合はこの機能は無料で使えます。
ただし、通信会社の契約プランによっては、有料の場合もあります。

テザリングの接続方法別 メリット・デメリット

テザリングには以下の3つの接続方法あります。

  1. Wi-Fi接続
  2. Bluetooth接続
  3. USB接続

それぞれの接続方法別のメリット・デメリットをみていきましょう。

テザリング:WI-FI接続

もっとも使われている方法です。

メリットデメリット
○無線接続ができる。
○対応機種が多い。
○複数台を同時に接続できる。
○通信速度が早い。
○バッテリーの消耗が激しい

ノートパソコン、タブレット、ゲーム機など最近のデバイスはほとんどWi-Fiに対応しています。

テザリング:Bluetooth接続

メリットデメリット
○無線接続ができる。
○複数台を同時に接続できる。
○バッテリーの消耗が少ない
○通信速度がかなり遅い。

テザリング:USB接続

メリットデメリット
○バッテリーの充電しながら、通信できる。
○通信速度が早い。
○ケーブルが必要
○接続できるのは1端末

最近は見かけなくなりましたが、パソコンに刺して通信するドングルタイプのデバイスもあります。

テザリング利用時の注意点

スマートフォンでテザリングする場合、特にパソコンから接続して使用する場合は、データ容量をに気をつける必要があります。長時間の利用や大容量データの送受信は控えたほうがいいでしょう。外出先で動画をみたり、ファイルの送受信を行うようであれば、WiMAXやポケットWiFIといった、モバイルWi-Fiを契約するか、レンタルWi-Fiをおすすめします。モバイルWi-Fiは基本的には大容量の通信ができますし、バッテリーも長持ちなので、通信量を気にせず使うことができます。

AU,Softbankのスマホのテザリングは申込みが必要

ドコモで契約しているスマートフォンの場合はテザリング利用の申し込みは不要で利用料も無料です。インターネット接続に必要な「spモード」の契約は必要となります。
auとソフトバンクで契約しているスマートフォンでテザリングを利用する場合は、事前の申し込みが必要になります。
契約しているプランによって無料でテザリングが使える場合もありますが、月額500円(税別)が必要になる場合もあります。auとソフトバンクのユーザーは、テザリングを使用したい場合は、契約内容を確認してみましょう。
ちなみに、ほとんどの、格安SIMの場合はテザリングは申込み不要で利用できます。

テザリングは補助として使うのがコツ

最近はテレワークも増えてきたため、テザリングを使って外出先からファイルをやり取りするなどの機会も減っているかと思いますが、公共のWi-Fiがない、携帯しているモバイルWi-Fiもないといった場合は、テザリングを使う必要もあると思います、自分が契約している通信プランを確認して、テザリング機能が使えるようにしておくと、いざというときに役立つと思います。スマートフォンでテザリングする場合は、通信量の制限もあるため、使い放題というわけにはいきませんが、パソコンでメールの送受信とかライトな使いか方には都合が良い機能です。

出張や通勤時にも安心で快適な通信環境を使いたい場合は、モバイルWi-Fiはとても便利です。
弊社ライトポケットでもレンタルでWi-Fiを提供していますので、ご利用ください。

コメントを残す