格安SIMでもテザリングはできる テザリング 注意点を理解して賢く使おう

パソコンやタブレットなどを外出さきでネットに繋げたいという場合、スマートフォンの「テザリング」機能を利用することでスマホをモバイルWiFiのようにしてネットにせつぞくさせることができます。テザリングはあるととても便利な機能です。回線を契約際にテザリングに対応しているかどうかは重視したほうがよいポイントの一つだと思います。
今回は格安SIMでのテザリングの注意点についてまとめました。

格安SIMのテザリング事情

ドコモ、Au,Softbankはテザリングが使えるかどうかは契約しているプランによって変わります、テザリングの機能を使う場合にはオプション費用を支払う必要がでてくる場合があります。auとソフトバンクの場合、契約している料金プランによっては、月500円のテザリングオプション料金がかかってしまいます。
楽天モバイルはテザリングは無料で使えます。
格安SIMのテザリングに関してですが、基本的にはどこの格安SIMもテザリング機能は申込不要で無料で利用できます。
これは格安SIMでテザリングを利用する大きなメリットと言えるでしょう。

ほんの一部ですが利用者が多い格安SIMのテザリング事情は以下のとおりです。

格安SIMテザリング機能
LINEモバイル無料で利用可能
mineo無料で利用可能
BIGLOBEモバイル無料で利用可能
OCNモバイルONE無料で利用可能

サブブランドも無料でテザリング可能

auのサブブランドであるUQモバイル、SoftbankのサブブランドのY!モバイルもテザリングは可能です。

サブブランドテザリング機能
UQ Mobile無料で利用可能
Y!mobile無料で利用可能

格安SIMでテザリングを使う際の注意点

格安SIMでテザリングを使う際の注意点について解説していきます。

テザリング機能が使えない

格安SIMはテザリングは申込不要で無料で使えますが、テザリングが利用できないということがあります。
どういうことかというと、古いスマートフォンはテザリングに対応していないことという場合です。契約している格安SIMの会社のサポートに連絡しても対応できません。
たとえるなら、羽のない車で空を飛びたいといっているようなものです。端末を新しいものに変更するしかありません。

バッテリ消費が著しい

スマートフォンデテザリング利用時はバッテリー消費が速くなります。
ネットを使っているか使っていないかに関係なく、バッテリーを激しく消耗するので注意してください。
本当にテザリングでネットに繋ぐ必要が出たときだけ、機能を有効にするようにしましょう。

データ通信容量を使ってしまう

テザリング時に使ったデータ通信量は、契約プランの月間データ量から消費されます。
パソコンやタブレットで動画などを見る場合にテザリングを使ってしまうと、スマートフォンで使用するよりもたくさんのデータ通信を使ってしまいますので、長時間テザリングの使用は避けたほうがいいでしょう。

テザリングは便利な機能ですが、必要なときだけ機能を有効にして使うようにしましょう。

大容量のデータ通信が必要なら、モバイルWiFiがおすすめです。
モバイルWIFIならデータ通信専用なので、大容量通信も気になりませんし、バッテリ消費も問題ありません。
大容量モバイルWiFiならこちら

テザリングとは

テザリングとは、モバイルデータ通信ができる端末を利用して、PC、タブレット、ゲーム機などをインターネットに接続することです。
テザリングには、3つの接続方法があります。それぞれの特徴を見ていきましょう。

Wi-Fi接続

  • 回線速度が速い
  • バッテリーの消耗が激しい
  • 無線接続

もっともよく使われる方法です。

Bluetooth接続

  • 回線速度が比較的遅い
  • Wi-Fi接続よりバッテリーの消耗が少ない
  • 無線接続

電池の消耗を抑えることができますが、通信速度がとても遅くなります。

USB接続

  • 通信速度が速い
  • 充電しながらテザリングできる
  • 無線接続ではないのでケーブルが必要
  • 有線接続なのでセキュリティが高い

利便性には欠けてしまいますが、安定性と速度が一番良い方法です。

Wi-Fi接続やBluetooth接続がスマホ1台で、複数の端末をインターネットに接続できるのに対して、USBで接続でテザリングできるのは1端末のみです。
テザリングについては次の記事でまとめていますので御覧ください。
テザリングって何?テザリングの仕組み活用術

iPhoneでテザリングの設定の仕方

コメントを残す