iPhoneでテザリングの設定の仕方

iOSの場合は、iPhoneをアクセスポイントにしてパソコンやタブレットやゲーム機をインターネットに接続させることができます。
テザリングについてはテザリングって何?テザリングの仕組みと注意点をご覧ください。
iPhoneを親機として、テザリングする方法を紹介します。

テザリングの準備


[設定]アプリを開き[インターネット共有]を選択


[ほかの人の接続を許可]をオンにします。
「Wi-Fiのパスワード」には、好きなパスワードを設定しましょう。

iPhoneの名前はそのままSSIDになりますので、変更しておくといいとおもいます。

iPhone:Wi-Fiでテザリング


[設定]アプリを開き[インターネット共有]を選択


[インターネット共有]をオンにします


「Wi-FiとBluetoothをオンにする」をタップ。


テザリングの子機になる端末のWi-Fiの設定をオンにして、
今回設定したiPhoneのネットワークを選択します。
パスワードが求められるのでiPhoneで設定しているパスワードを入力すると設定完了です。
テザリングを解除したい時はインターネット共有をオフにして下さい。


画面上部に「インターネット共有」と表示されたら接続が開始されます。

iPhone:Bluetoothでテザリング


[設定]アプリを開き[インターネット共有]を選択


[インターネット共有]をオンにします


「Wi-FiとBluetoothをオンにする」をタップ。


iPhoneと接続したい端末からペアリングの要求をすると、iPhoneに「Bluetoothペアリングの要求」の画面が表示されます。
接続する端末からiPhoneをインターネットの接続に利用する設定をします。
iPhone同士のBluetoothテザリングはできません。


画面上部に「インターネット共有」と表示されたら接続が開始されます。

Bluetoothのテザリングは電池の消耗はすくないですが、速度が遅いため、パソコンと接続するというようなやり方には向いていません。

iPhone:USBでテザリング

事前の準備として、パソコンとiPhoneをUSBで接続します。


[設定]アプリを開き[インターネット共有]を選択


[インターネット共有]をオンにします


[USBのみ]をタップ。


画面上部に「インターネット共有」と表示されたら接続が開始されます。

テザリング利用時の注意点

データの使いすぎ
iPhoneテザリングする場合、テザリング中はiPhoneでデータ通信をおこなっています。データ通信を使いすぎると、速度制限になってしまうこともありますので、長時間の利用や大容量データの送受信は控えたましょう。

テザリングが有料の場合もある
docomo、楽天モバイルで契約しているスマートフォンの場合はテザリング利用の申し込みは不要で利用料も無料です。
ほとんどの格安SIMもはテザリングは申込み不要で無料で利用できます。
auとソフトバンクで契約しているスマートフォンはテザリングを利用する場合は、事前の申し込みが必要になります。
契約しているプランによって無料でテザリングが使える場合もありますが、月額500円(税別)が必要になる場合もあります。

テザリングって何?テザリングの仕組み活用術

コメントを残す