YouTube 1時間で消費するギガ(データ通信量)、通信量を節約する方法

スマホやパソコンでYouTube見る機会は多いと思います。気軽に面白いコンテンツが無料で見れるというのは手軽でいいですね。しかしながら、YouTubeをみるとどれくらいギガが減るのだろうかと気になりませんか?
たくさん動画を見ているとどれぐらいのデータ通信容量を使ってしまうのか、気になるところです。今回は、Youtubeを視聴しているときに必要となるデータ容量に実際に計測したりもしたので、解説していきます。
 

YouTubeの動画の画質について

YouTubeは一つの動画で、複数の画質で再生することができます。
YouTube画質は以下のようになっています。

画質解像度
低画質144p
低画質240p
標準画質(SD)360p
標準画質(SD)480p
高画質(HD)720p
高画質(フルHD)1080p
WQHD1440p
4K2160p

P(ピクセル数)は画面の解像度を表す単位で、数値が大きくなるにつれ解像度が上がります。高画質になればなるほど、データ通信量が大きくなり長時間みているとギガがなくなってしまいますので、注意が必要です。Youtubeでの画質がWQHD、4Kという超高画質の動画は最近ではすこしづつ増えてきていますが、スマートフォン側が対応していない場合も多い状況かと思います。
 
 

YouTubeを1時間見た場合の通信量

YouTubeを1時間視聴した際に、必要となる画質別の通信量一覧です。

解像度1時間のデータ通信量
144p120MB
240p160MB
360p320MB
480p600MB
720p1GB
1080p2GB

 
解像度が小さいとデータ使用量は少なくてすみますが、あまり綺麗な画質ではないので、音声などだけ聞きたい場合には向いていますが、映像を見たい場合には無ていません。
720pの高画質の1時間見ていると1GBを超えてしまいます。1ヶ月で30GBになります。
1080pでは1時間で2GBも消費して、1ヶ月で60GBを超えてしまいます。
ちなみに、スマートフォンで動画を見る場合は、解像度が360P程度あれば十分綺麗にみれます。
 
 

Youtubeの画質360pで1GB消費するまでに視聴できる時間

解像度1時間のデータ通信量1GBで利用できる時間
360p320MB3時間30分程度

 
 

YouTubeのデータ使用量を節約する方法

Youtubeを見たいけれど、ギガの消費を減らしたいデータ使用量を抑えたい場合はまず動画の画質の設定を下げましょう。前述の通りスマホで動画を見る場合は画質が360pでも綺麗にみれます。
360pの画質で動画を再生するのであれば、1時間で320MBのデータ使用量になります。1GB使うまで3時間以上Youtubeを視聴していることが可能となります。
 
 

通信量を節約する方法

無料Wi-Fiを利用する

YouTubeを限らず、アプリのアップデートや、Instagramなどといった画像や動画のソーシャルメディアを利用する際は無料Wi-Fiを利用するとデータ使用量を節約できます。Wi-Fiを利用している間はスマートフォンのデータ通信量は消費されません。
 
 

スマホの契約プランを見直す

SoftbankやBiglobeなどはYoutubeをどれだけ見てもデータ通信の消費にカウントしないというカウントフリーにしてくれるプランがあります。
カウントフリーというのは、YouTubeなど特定のアプリを使用しているときに発生しているデータ通信を通信量としてカウントしないサービスです。契約している通信サービスにカウントフリープランがあるか確認してみましょう。カウントフリーのサービスがある場合は、若干料金はかかりますが、データ不足になって、1GBで単位でデータを追加購入していくよりは安くすませるでしょうし、速度制限になるリスクもさけられるとおもいます。
 
 

ポケットWiFiを利用する

ポケットWi-Fiを契約したり、レンタルしたりするのも一つの手段です。
スマートフォンのプランは電話や最低限の最安のプランに変更し、データ通信はポケットWi-Fiで行うという方法も全体的な通信費の節約をすることになる場合もあります。
 
 

コメントを残す