ネットを高速化しよう LANケーブルの選び方

自宅やオフィスでインターネット接続をする際にパソコンをLANケーブルで接続しするという場合多いと思います。オンラインゲームをする人なんかはこのあたり注意指定置く必要あるとおもいます。無線であるWi-Fiは新しいデバイスや規格がでることもあり、話題で注目を集めますが、有線であるLANケーブルのことをきちんと考えて選んで使っている人は少ない気がします。安いのでいいという理由でLANケーブルを購入などしていませんでしょうか?

LANケーブルは良いケーブルを選ぶことで、ネットの通信速度は大きく変わります。
今回はLANケーブルの種類と選び方をご紹介していきます。ネットの速度が遅いと感じたり、回線速度を改善したいと考えている方は参考にしていただけると幸いです。

LANケーブルの通信規格

LANケーブルに通信規格がありCATというカテゴリで分けられています。
Wi-Fi6対応のルーターなど最近は人気ですが、有線のLANケーブルで接続する場合、いくらWI-Fiルーターやパソコンが高性能だったとしても、LANケーブルが良いものでないと、ネットの速度(回線速度)は速くなりません。

LANケーブルの通信規格

CATその数が大きいほど伝送速度は高速で帯域は大容量となります。

規格最大通信速度伝送速度特徴
CAT5100Mbps100MHz低速で安い
CAT5e1Gbps100MHz普通
CAT61Gbps250MHzわりと早い
CAT6A/6e10Gbps500MHz動画を見たいなら最低限このランク
CAT710Gbps600MHzオンラインゲームで早い反応が欲しい人向け
CAT840Gbps2000MHz高速安定 業務用

LANケーブル選びのポイント

CAT5
低速なので、おすすめしません。

CAT5e
基本的にはこのCAT5eのLANケーブルでで十分な速度で通信できます。オフィスでの利用にも十分なカテゴリです。

CAT6
通信速度はCAT5eと同じですが、データ転送が2倍以上あり、より多くのデータ転送が可能になります。ネットを快適にと考えている方は、CAT6導入を検討するのもありです。

CAT6A
テレビやパソコンで4K動画などみたいならこの規格のLANケーブルが良いと思います。10Gbpsにも対応できる通信規格なのでおすすめです。

CAT7
速度面もノイズ耐性も高いので、タイムラグが命取りになるようなオンラインで格闘ゲームをしたい人はこの規格のLANケーブルを選びましょう。

CAT8
40Gbpsの超高速、2000MHzという広帯域で、業務用くらいでないと持て余します。

伝送帯域が大きいほど大量のデータを同時に流すことができます。

最大1Gbpsの光回線であれば少なくともCAT5e以上の規格を選びましょう。
1Gbps以上の光回線サービスを利用するのであれば、CAT6以上がオススメです。

最後に

有線接続となるLANケーブルはオフィスなどでは長さや配線の仕方が大切にもなってきます。断線しにくいタイプのLANケーブルなども考慮が必要です。
基本的にはCAT6以上で頑丈なケーブルを選ぶようしましょう。古いケーブルを使っていた人は、驚くほどネットの回線速度がかわります。
CAT6のLANケーブル

コメントを残す