IP電話とは 仕組みやメリット・デメリット

インターネット回線の利用によって通話料の削減を実現する「IP電話」。テレワークが増えるなら利用するユーザーかなり増えてきています。仕事以外にも、個人的にりようすることで、得られるメリットもあります。今回はIP回線の仕組みや、メリットやデメリットを解説します。

IP電話とは

IP電話とはインターネットプロトコルと呼ばれる技術を利用して通話を行う電話サービスことで、従来の電話は、基地局を経由して相手に音声を届けていましたが、IP電話はメールなどと同じように音声をデジタル化し、相手の元に届けて復元することで、通常の音声通話と同じような品質を維持しています。IP電話は0ABJ型と050型、LINEなどの電話番号不要型にもIP電話の分類にはいります。

IP電話のメリット

IP電話の最大のメリットは料金の安さです。050ではじまるIP電話の同士の通話は無料でかけられる場合がほとんどで、毎月の固定の基本料金もかからないサービスも多く
050で始まる電話番号は簡単に取得できます。通話した分の料金だけが請求されるというサービスがほとんどですので、通話料も安くすませたい方にはとても良いサービスだと思います。

0AB-J型のIP電話

0AB-J型のIP電話の場合はフリーダイヤルにも電話をかけることが可能です。(プロバイダーによって異なります)

050型のIP電話

スマートフォンの電話と併用できます。それから050のIP電話同士は通話料が無料になる場合がほとんどで、仕事用としてIP電話の050で始まる番号を持っている人がかなり増えております。

電話番号不要型のIP電話

LINEやFacebook Messangerなどスマートフォンの電話と併用でき、同じアプリ同士では無料で通話できます。
個人利用としてはもっとも使われているのではないでしょうか。

IP電話のデメリット

どのタイプのIP電話も音質が回線状況に依存してしまいます。ですので、安定した回線状況が必須となります。
一部の電話番号へ電話をかけられません。緊急通報(110/118/119など)やフリーダイヤル(0120)や特殊番号(0570/0990など)への発信もできない仕様になっています。
ただし、0AB-J型のIP電話はフリーダイヤルへの通話は可能です。

0AB-J型のIP電話

かけられない電話番号があります。

050型のIP電話

フリーダイヤルなどかけられない電話番号があります。

電話番号不要型のIP電話

Facebook MessagerからLINEへ通話するというようなアプリを超えて通話することができません。
一般の電話とは通話ができない
フリーダイヤルなどかけられない電話番号があります。

使い方次第で、毎月の電話料金を節約可能

通常の音声通話と同程度の品質を持ちながら、通話料金が安い特徴があるIP電話は、フリーダイヤルなどかけられない電話番号もありますが、企業がIP電話を使っているところも増えております。特にテレワークをするために、社員に050で始まる番号を割り振り、社員同士や取引先との通話を会社負担で一括管理しやすいこともあり、利用者は急増しています。
050で始まる番号は基本的に誰でも無料で取得でき、固定費もかからず、利用した通話料金だけしかかからず、スマートフォンの普通の電話よりも格安で、IP電話同士であれば無料で電話できる場合もおおく050で始まる番号をもっておくのもいいのではないでしょうか?
普段電話として使うぶんにはとてもお得なサービスと言えるとおもいます。

コメントを残す