2022年3月調査 WiMAXの通信量上限3日15GBが撤廃、どのくらい通信しても大丈夫なのか?

WiMAX+5Gの3日で15GBの速度制限は2022年2月1日に撤廃となりました。WiMAXのネットワークが増強されて安定的に通信ができる状況ができるようになったためだと思いますが。
「一定期間内に大量のデータ通信のご利用があった場合、混雑する時間帯の通信速度を制限する場合があります」というデータ通信の制限に対しては曖昧な表現のため、一体どれぐらい使うと速度制限になってしまうのか、気になるところであります。
それで気になる上限をTwitterでの投稿を集めて調べてみることにしました。みることにしました。

WiMAX+ 5Gの速度制限の上限はすべてのWiMAXサービス適用されているわけではありません、
提携してWiMAXを取り扱っているプロバイダーのWiMAXサービスには適用されていません。
上限が撤廃されているサービスは2022年3月10日現在こちらのサービスとなります。

WiMAX+5Gの通信制限の撤廃後の上限はいったいどれぐらいなのか?

1日で100GB超の利用でも制限がかからないといことです。100GBってどんな事に使われたのか、すごいですね。

画像を見る限り、WiMAXのデータ通信は3日で380GBを超えていらっしゃるようですが、速度制限には至ってないようです。

こちらの方も1日で120GBをつかったが速度制限にはなってないとのTweetがあります。

どれぐらいのデータ通信をされているのか記載はありませんが、15GB以上つかっていらっしゃるようですが、速度制限には至ってないようです。

WiMAX+5Gの通信制限の撤廃後、2022年3月時点では無制限使い放題状態

Twitterでの投稿を見ている限り、2022年3月現在ではWiMAX+5Gの3日で15GBの速度制限は撤廃されており、ほぼ無制限でデータ通信が使い放題という状況あるようです。
しかしながら、公式サイトで以下のように記載されています。
一定期間内に大量のデータ通信のご利用があった場合、混雑する時間帯の通信速度を制限する場合があります
2022年3月時点では一部の人が大量のデータ通信をしても速度制限にしなくても安定したネットワークを保てる余裕があるようですが、利用者が増えて大量のデータ通信がされてくれば通信状態に負荷がかかりますので、公式サイトが言う通りの速度制限になる可能性があるので、無制限使い放題という状況がずっと続くわけではないということは念頭においておいたほうが良いでしょう。
いずれにしても、3日で15GBの制限が撤廃されて、かなりデータ通信がつかえるようになっていることは間違いないようです。

WiMAX+5Gの通信制限の撤廃後されているWiMAXのサービス

前述もしていますが、通信制限が撤廃されているのはすべてのプロバイダーではありません。現状はUQ WIMAXのWiMAX+5GとBiglobe WiMAX +5Gなっています。おそらくはこれから広がっていくのだと思いますが、
これからWiMAXを使ってみようと思われる方は、対象のサービスで申し込みをするのがいいとおもいます。

これらのサービスはSIMのみで契約すると契約期間の縛りがなかったり、また1年となり、また、端末購入による途中解約のリスクもありませんのでSIM契約が得です。

WiMAXのSIMのみプランの価格 縛り有り、縛り無し

UQ WiMAX BIGLOBE WiMAX
月額利用料金 4950円 4191円
契約期間 無し 1年
容量制限 なし なし
解約違約金 0円 1100円
公式サイト UQ WiMAX BIGLOBE WiMAX

中古の端末もイオシスで確認するとWiMAX+5Gに対応したGalaxy 5G Mobile Wi-Fiの中古が5000円からあります。

Galaxy 5G Mobile Wi-Fi

WiMAXの新規契約や端末故障の場合は中古端末がおすすめ 注意点は理解しておこう

コメントを残す