WiMAX 中古端末は安くて使えるただし買う方法には注意を!

電気通信事業法の改正が行われたことにより、WiMAXはSIMのみでも契約できるようになりました。
端末料金を支払わなくていいためSIMだけの契約をして、WiMAXの端末は中古で買えば経済的にすみます。
今回は、WiMAXの端末を中古で購入するときに注意する点についてまとめていきます。

WIMAXの端末だけ買うことが必要なるのはどんな時?

WiMAXの端末が故障・紛失した場合

通常であれば、WiMAXはSIMと端末をセットで契約して利用する人がほとんどかと思いますが、
現在は、SIMのみの契約も可能となっており、また、WiMAXの端末ごと、紛失したり、壊した場合、保険などにはいっていないと、新規での端末購入することになり、高額になります。
WIMAXの端末の故障や紛失に備えた保険に関しても、契約期間中は基本的に毎月支払うため、利用期間の合計で考えると高額になってしまうため保険に入らない人も多いと思います。
WiMAXの端末が故障したり、紛失した人でできるだけ安く継続してWiMAXを利用する場合は、SIMのみを再発行し、WiMAXの端末を中古などで購入するとリーズナブルに抑えることができます。

WiMAXをSIMのみで契約した場合

WiMAXの契約はSIMだけの契約も可能になりました。WiMAXのSIMカードだけ申込みWiMAXの端末に関しては自分で購入する必要があります。

WIMAXのSIMのみで契約できるサービス

WiMAXのSIMのみで契約できるサービスは現状は2社となっています。
UQ WiMAXとBIGLOBEになります。
それぞれのSIMだけのプランをみてみると以下のようになります。

WiMAXのSIMのみプランの価格

UQ WiMAXBIGLOBE WiMAX
月額利用料金3880円3980円
契約期間2年1年
容量制限3日で10GB3日で10GB
解約違約金1000円1000円
公式サイトUQ WiMAX 2+ BIGLOBE WiMAX 2+

通常であれば、この通信プランの契約条件に1万5千円程度の端末代金がかかってきます。
ただし、現在はどちらの会社も新規契約する場合は、端末代金分はキャッシュバックをおこなっていますので、SIMのみで契約しても、端末セットで契約しても実質同じです。
詳しくはこちらにまとめていますので、御覧ください。
WiMAXはSIMのみでも契約可能 端末セットでWiMAX契約と比較、どっちが得?

中古WiMAXのモバイルルーター購入する場合の注意点

新しいWiMAXのモバイルルーターを購入する場合はメーカーの保証などもありますので、故障などは対応してもらえますが、中古を購入する場合にはいくつかの注意点があります。

  • 通信ができないジャンク品
  • バッテリーが消耗してすぐに電源が切れてしまう

通信ができないジャンク品

中古品なので使用していたものが販売されています。
水没などしており、欠損はないように見えても、故障して通信ができない場合もあります。

バッテリーが消耗してすぐに電源が切れてしまう

これは致し方ないことですが、中古品はある程度の使用がされているためバッテリーが消耗している場合があります。

WiMAXの中古の粗悪品を買わないために

WiMAXの中古品はリーズナブルで売られていますが、メルカリやヤフオクなどで個人からの購入は控えましょう。
専門的な知識がない個人からの購入する場合は、経年劣化している場合であっても、それに対する回答をえられることはかなり厳しいとおもいます。
そういった、トラブルをさけるためにも、中古を取り扱う専門店から購入しましょう。
中古の専門店であれば、商品の査定を通信などのテストも行った上で販売されており、更には、購入後のクーリングオフもついているケースがあります。

中古品は個人からではなく、中古専門店から買いましょう

中古WiMAXを買うのにおすすめショップ

イオシス

イオシスは実店舗もあり、詳しい人も多く、オンラインの情報も充実しており安心できる中古ショップです。
イオシス

じゃんぱら

じゃんぱらも数多く実店舗があり、オンラインショップでは、購入する前に、商品の情報についてのやり取りをしてからの購入になるので中古の状態などをおしえてもらうことも出来ます。
じゃんぱら

コメントを残す