契約前に電波を確認できるWiMAX無料レンタルとおすすめWiMAXレンタルサービス

WiMAX熾烈な新規会員獲得をしており、キャッシュバックも充実しています。
そして、アフィリエイトの報酬も比較的高くなっているため、いろいろなWEBサイトでWiMAXの紹介がされています。古い情報であったり、誤った情報もあるため、新しい正確な公式サイトの情報を確認することが大切です。WiMAXの契約前に関する注意についてはこちらにまとめていますので御覧ください。
詳しくはこちらの「契約前に確認必須 WiMAX危険な注意点」をご確認ください。
テレワークなどでWi-Fiが必要となった方が、モバイルWi-Fiの契約を考えていらっしゃる方も多いと思います。
モバイルWi-Fiの中でもWiMAXはとても人気のあるサービスです。
WiMAXを契約する前に、WiMAXの基本的なことを知っておきましょう。WiMAXは3年縛りのサービスが多くあります、一度契約していしまうと、すぐに解約できず、電波が届かないところでの利用が多い場合などは、長期契約をしてしまうことで、無駄なコストとなってしまう場合もありますので、WiMAXを無料で試すことができるサービスや、おすすめのWiMAXのレンタルサービスも紹介します。

WiMAX電波の特徴

WiMAXの電波は「WiMAX 2+」と呼ばれるもので、無線通信技術の規格の一つで、LTEの一種です。LTEにはFDDとTDDの2種類があり、FDDは「Frequency Division Duplex」、TDDは「Time Division Duplex」の略です。FDD-LTEは、比較的低い周波数帯の電波が利用されておりドコモ、au,ソフトバンクで利用されています。一方、TD-LTE比較的高い周波数帯の電波が利用されています。WiMAX 2+はこのTD-LTE互換の4G回線となっています。

WiMAX 2+

バンド上り下り
412496 MHz 2690MHz2496 MHz 2690MHz

WiMAX 2+は2.5GHz帯=Band41という周波数帯を使用しています。ドコモ、au,ソフトバンクなどのLTEでは2GHz帯や800MHz帯が利用されているのに対してWiMAX 2+は高周波数となっていいるのが特徴です。周波数帯は高くなればなるほど、電波の直進性が上がり送れるデータの量は増える代わりに、障害物を回り込む能力が下がるため障害物にぶつかったり、大気中の物質により電波が減衰しやすくなります。

WiMAXの電波の特徴として
周波数が高いため、通信速度は早くなりますが、エリアが狭くなります。

WiMAXを契約する場合に注意すること

WiMAXが使用している電波は高周波数のため、通信速度は早くなりますが、エリアが狭くなるという特徴があり、契約時に自分の生活圏が電波が使えるか注意をしなければなりません。電波状況はどんどん改善されてていますが、WiMAX2+の電波を掴む事が出来ない場所は少なからずあります。一度契約してしまうと、途中解約は違約金などかかるため、契約前に自分が活動する範囲でWiMAX2+の電波を掴むのかどうかを確認しておくほうが良いと思います。WiMAXは無料でもレンタルできるので、レンタルして使ってみることがもっとも良い方法だと思います。

WiMAXを無料でレンタルする

WiMAXを無料でレンタル
UQコミュニケーションズが契約前の心配を取り除くために、15日間ですが無料でのWiMAXのレンタルサービスを提供しております。
WiMAXの契約を考えていらっしゃる方は、自分の活動エリアが通信ができるのか、試してみてはいかがでしょうか?

WiMAXを無料でレンタルを申込む

WiMAXのレンタルおすすめサービス

はじめての人は、15日間であれば、UQコミュニケーションズが無料でレンタルしていくれていますが。
15日以上のレンタルをしてみたい方も多いと思います。そのような方向けに、おすすめのWiMAXのレンタルサービスを紹介したいと思います。

WiFiレンタル屋さん


WiFiレンタル屋さん
当日出荷してくれるので、最短で翌日に受け取り利用開始することができます。
WiMAXの端末も比較的新しい機種を取り入れており、レンタルで貸与してくれます。

WiFiレンタルドットコム


WiFiレンタルドットコム
レンタルWIFIの老舗です。大手WIFIレンタルサービスで、時々すごいセールをするので、かなり安くレンタルすることも可能です。

NETAGE


NETAGE
NETAGEはいろいろなデータ容量のモバイルWiFiをレンタルしているサービスです。
WiMAXも扱っており、最新機種のレンタルが可能です。

WiMAXは一人暮らしの自宅回線にも最適

WiMAXは3日間で10GB以上のデータ通信を行ってしまうと、翌日18時頃から翌々日2時頃の間に速度制限がされてしまいますが、速度制限時の速度が、概ね1Mbps(YouTube動画の標準画質レベルが視聴可能な速度)とされており、スマホを中心にデータ通信をされる方にとっては、ほとんど気にならずに利用できるレベルだと思います。速度制限になると翌月にならないと、速度制限が解除されない他のモバイルWifiに比べると、とても制限がゆるく、数時間の制限後、解除されるため、一人暮らしの方にとっては、自宅の回線としても十分利用できる回線だと思います。

コメントを残す