Wi-Fi事業者が教える テレワーク使うポケットWi-Fiのチェックポイント

「テレワーク用に良いポケットWiFiを探してるけど、何が良いのか分からない」という人いらっしゃるのではないでしょうか?料金や通信速度や端末などいろいろオススメされているポイントはありますが、それら以外にどんな所に注目して選べば良いのかでしょうか?今回はWi-Fiレンタルの事業者目線でテレワークに最適なポケットWi-Fiの選ぶ注意点を3つ紹介したいと思います。
*ここで使うポケットWi-FiはWiMAXやY!モバイルのPocket Wi-Fiを総称するモバイルWi-Fiと同義の言葉とします。

テレワーク使うポケットWi-Fiのチェックポイント

通信品質

テレワークでの業務では会社のサーバーやクラウドサーバーにご自宅からアクセスして資料を参照したりダウンロードしたりする事がおおくなります。
アクセスの方法は、通常のネット回線であったり、VPN接続という特殊な接続方法であったり様々ですが、通信品質が良くないとサーバーへのアクセスに時間が掛かったり、資料のダウンロードに時間が掛かったりと業務効率に影響します。
通信品質はポケットWi-fiのデバイスよりもSIMカードに依存することが多いです。SIMカードの物理的なことではなく、通信もとがどことなっているのかがとても大切です。
ドコモ、Au,Softbank,楽天モバイルのような大手キャリアやSIMやY!モバイル、UQモバイル(WiMAX)であれば通信も早く安定しております。MVNOの格安SIMの場合は、大容量につられず、速度が安定していて早いかで選択するようにしましょう。仕事で必要なデータ通信速度は、2Mbps以上の速度が安定してでていると問題ありません。2Mbpsって遅いと感じるかもしれませんが、ビデオ会議でもその程度の速度が出ていれば問題なく使用できます。

インターネット回線速度の目安ってどれぐらい?

端末やサービスではなく提供元のSIMのプランで速度が決まる。
通信品質は2Mbps以上の速度ができるかどうかで見極める。

データ容量

毎日仕事をする上で、データを使いすぎて速度制限という自体になってしまって、仕事になりません。無制限Wi-Fiなど出ていますが、一部の人にデータをつかわれるすぎることによる、速度低下が問題となるため、自分ができようできるデータ通信が定まっているポケットWi-Fiのプランを選ぶことをおすすめします。
たとえば、月30GBなどと確定したプランならそのデータ容量がつかえることが保証されているからです。月にどれぐらいデータが必要となるかということを自分である程度は把握しておくよいとおもいます。極端にビデオ会議が多い人であったり、常に通信が必要というような人を除けば、30GB程度あれば足りますし、月間50GBあればファイルのやり取りがおおかったり、ビデオ会議がおおかったりしても速度制限なく通信できると思います。
ビデオ会議をしたり映画を見るのにポケットWi-Fiでデータは足りる?

データ容量は個人が使える容量が確定しているものが良い
メールやWEB中心の業務なら月間30GBあれば問題なくテレワークはできる。

契約期間

テレワークを行う期間にもよりますが、ポケットWiFiは短期契約と長期契約の2種類の契約プランがあります。光回線が開通するまでの場繋ぎであったり、いずれはテレワークがなくなる予定…など期間限定で使うのであれば、数ヶ月から1年程度の短期契約できて延長手続きも簡単なレンタルWi-Fiがとても便利です。
長期契約にするなら、何年縛りなのかや途中解約による違約金も要チェックです。

1年程度の利用ならレンタルWi-Fiもよい。
長期契約の場合は縛りや違約金をチェックしましょう。

解約・解約金

レンタルWi-Fiの場合は利用期間のみの料金となるためとてもシンプルですが、3年縛りとなるWiMAXやPocket Wi-Fiは月額料金は少し下がるものの、更新月でしか、無料で解約出来ない場合、解約料金があったり、端末の返却が求められたりします。また解約方法がオンラインでうけつけていないなどいろいろと複雑な場合がおおいので解約方法や解約にかかる料金は要注意です。契約時の書類は残しておきましょう。

長期のWi-Fi契約は解約方法・解約金などを把握しましょう。

テレワークにポケットWi-Fiが便利

新型コロナウィルスの感染拡大防止として企業がテレワークに取り組みところが増えております、会社がWi-FiやVPNやノートパソコンなどを支給してくれる場合もありますが、フリーランスの方や中小企業の方はなどは、自分で環境は用意する場合も多いと思います。
リモートで仕事を行う場合、自宅だけいいのであれば、インターネットの環境は光回線のような固定回線が一番いいと思います。安定しており、速度も早く、データ容量に制限もありません。
ですが、仕事は自宅だけで仕事出来ない場合も多いのが現実で、会社を訪問したり、商談したり、調査にでかけたり、いろいろだと思います。
ポケットWi-Fiを一台持っておくと、仕事でもプライベートでもデータ容量を気にせずWi-Fiを利用できるのでとても便利です。

レンタルWi-Fiもテレワークには便利

数ヶ月から1年程度のポケットWi-Fiであるならば、レンタルがお得です。
初期費用や解約金はかからない場合も多く、利用している期間だけのお支払いができてシンプルです。
また、レンタル業者だからもっている特別な大容量プランがあったりと、WiMAXやポケットWi-Fiにはない、最適なプランも選べます。

告知になりますが
ライトポケットのレンタルWi-Fiのサービスなら、WiMAXやポケットWi-Fiよりも大容量プランもあるので、データ容量や速度は気にせずテレワークに利用可能です。
実際テレワークに使う前提で利用いただいている方もたくさんおられます。
1週間程度の短期プラン、1年程度の長期プランなど幅広い選択とリーズナブルな価格でサービスを提供していますので、御覧ください。
国内・大容量レンタルWi-Fi

コメントを残す