1万円以下!全てのキャリアのSIMが使えるHUAWEI Mobile WiFi E5785

HUAWEIは、SIMフリーのモバイルWi-Fiルーター「HUAWEI Mobile WiFi E5785」を2020年7月7日に発売しました。
通常価格は9,980円(税別)とかなりリーズナブルです。
特徴としては
受信最大300MbpsのLTE Cat 6に対応しており(送信最大50Mbps)、従来のLTEの最大2倍の速度で通信できるようになっています。
この数値は理論値なため実際の回線速度は契約するSIMや環境や時間帯によってかわります。

Mobile WiFi E5785 スペック

サイズ約108(W)x 62(H)x 17.3(D)mm
重量約127 g
バッテリー容量3000 mAh
連続通信時間約720分
連続待ち受け時間約700時間
ディスプレイ約1.45インチLCD
最大通信速度*2受信最大300 Mbps / 送信最大50 Mbps
Wi-Fi規格802.11a/b/g/n/ac 2 x 2 (2.4 GHz / 5 GHz対応)
Wi-Fiテザリング台数最大16台
通信方式:LTEFDD::B1 / B3 / B5 / B7 / B8 / B18 / B19 / B20 / B28 / B32
TDD:B38 / B41 / B42
通信方式:UMTSB1 / B2 / B5 / B8
通信方式:GSMB2 / B3 / B5 / B8
インターフェイスmicro USB2.0
SMカードmicroSIM

前製品に比べると対応BANDが増えています。
楽天モバイルのBAND3にも対応しており、ドコモ、AU,Softbank、楽天モバイル日本の通信キャリアから提供されるSIMは全て利用できる製品です。
もちろんMVNOのSIMも利用可能です。
BAND18にも対応しているので、楽天モバイルのSIMをつかっており、楽天の独自エリアから外れても楽天がローミング契約しているAUのエリア通信ができます。
3000mAhのバッテリーを搭載、最大で12時間駆動し、待機時間は約700時間と1回の充電すれば2,3日つかっていられます。
ちなみに、旧製品とバッテリーの互換性もあるようで、ジャンク品となった旧バッテリーを使うことも可能です。
気になるところはSIMのサイズがMicroだということです。NanoSIMを使用する場合もアダプターを使えばいいだけなので、大した問題ではないとおもいますが。

こんな使い方

テレワークやオンライン授業用にモバイルWi-Fiルーターが必要となった人には、MVNOのSIMを契約して月額費用を抑えつつこのWi-Fiルーターを使うことがとてもリーズナブルな方法と言えると思います。
この端末と、楽天モバイルを組み合わせることで
激安の通信費の大容量通信のモバイルWi-Fiを持つことも可能になります。
レンタルWi-Fiを行なっている我々としては驚異です・・・。

HUAWEIは海外でも使われており、販売台数もおおいこともあって価格がとてもリーズナブルです。
端末価格が1万円を切る金額なので一人暮らしの方やテレワークをする方にはオススメの製品です。


HUAWEI E5785
¥9,818 (2020/07/11時点)
Amazon 楽天

コメントを残す