折りたたみ 洗面器で足水、深部体温を下げて快適に暑さを乗り切ろう

最近はテレワークで自宅で仕事をする機会も増え、エアコンの中でずっと仕事をしていると体が冷えてしまって調子がわるくなるということが昨年あったので、今年は、時々、窓を開けて扇風機をつかったりして、暑さを凌ぐ時間をつくるようにしていますが、扇風機だけでは、なかなか、涼しくならないので、体の体温を下げる方法はないかと調べていると、深部体温を下げことがいいということを知りました。

深部体温とは

深部体温とは体温を調節する脳の中の視床下部でコントロールされる内臓の体温のことであり、生命機能の維持のために皮膚温より0.5度から1度ほど高いことが特徴とされています。眠りにつく時には、深部体温を下げることで脳と体をしっかり休息させる効果があるとされており、夏の熱いときには意図的に、深部体温をさげるようにして、しっかり眠りたいものです。

深部体温を下げる効果的なこと

体から、熱を逃がすのに重要な働きをしているのは手足、特に甲の部分で、赤ちゃんの手が温かくなるのは眠たいサインといわれますが、熱を逃しているからで、冷え症の人が不眠になりやすいのは、手足から熱が放出されにくく、体温が下がらないためです。体温を下げるというのは、しっかりと睡眠を取る上でも重要なようです。
深部体温を下げる方法としては、水温10度から15度の水を洗面器に入れ、両手のひらを5分くらい浸すと、末梢血管内の血液を通して深部体温を下げること効果があるそうです。ただし、氷水のように冷た過ぎると体を温めようとする防衛本能が働き逆効果になるそうです。

参考:警視庁 災害対策課 災害警備情報係

仕事をしながら足水がおすすめ


冬場に足湯として足をお湯につけて体温を温める場所やサービスがありますが、足を水につけて足を冷やすということも、同様に深部体温を下げるのに効果的で、家でデスクに向かいながら、バケツに水をため、足を水につけるようにしたのですが、思いの外、気持ち良て、体温も下がり効果的です。会社で足を水につけているなんてできませんが、テレワーク中なら可能かとおもいます。
人に見せられたものではありませんが、心地よいので、おすすめです。

足水・足湯ができる折りたたみ 洗面器


SOLPEX 折りたたみ 洗面器 Lサイズ
¥1,650
折りたたみ式の洗面器なので、収納便利が便利です、使わないときには、持ち手にフックを通せる穴があるので、折りたたんで壁に掛けたりちょっとした隙間に差し込んだり出来るようになっています。サイズもLサイズのものであれば、足をつけられる程度の大きさがあるので、問題ありません。夏場には足水、冬には足湯のために使うこともできます。シンプルで便利です。


THANSTAR 洗い桶
¥1,320
折りたたみ式の桶です。長さ37×幅27×高さ11(使用時) あるので、足の大きな方も使いやすいとおもいます。折りたたみ式なので、使わないときには、折りたたんで隙間に差し込んだり出来るようになっています。


Niksa フットバスマッサージャー 足湯 用 バケツ
¥8,800
折りたたみ式でないので、保管場所が必要ですが、足湯用に作られたガジェットです。もちろん足水用としても利用できます。足裏のツボを心地よく刺激してくれ足湯を楽しむことができます。

足水で深部体温を下げよう

自分のように、暑さもエアコンが苦手な方は足水はおすすめです。気持ちもよく、体温も下がってリラックスできます。バケツや洗面器をつかってもいいですが、足をのばせなかったりするので、大きめの桶であったり洗面器があると便利ですよ。

コメントを残す