固定IPアドレスのメリット、デメリット

テレワークが進む中、企業がネットワークを使って事業を行っていく上で、固定IPアドレスは必須になってきています。企業が業務のため、社外へ公開するサーバーは、社外からアクセスする度にIPアドレスが変わっていて困るため、固定IPアドレスが割り振られています。今回は固定IPアドレスを利用するメリットとデメリットについてまとめました。どうして固定IPアドレスがもとめられるのかどんな場合に必要なのか考える際に、役に立つとおもいます。

IPアドレス概要

パソコンやスマホ、タブレット、ゲーム機、サーバー、WIFIルーターなど、インターネットに接続されているデバイスは、そのデバイス1台ごとを識別する番号が必要で、その識別番号がIPアドレスです。IPとは「Internet Protocol」の略で、インターネット上でのデータ通信の方法を定めた規約です。
IPアドレスには、動的IPアドレスと固定(静的)IPアドレスという、2つのタイプに分けられます。
IPアドレスの使い回しができる動的IPアドレスのほうが安価なサービスとして提供されており、個人でプロバイダーと契約する場合はなどは、基本的には動的IPアドレスの利用となります。固定IPアドレスはオプション費用をしはらうことで、提供されてる場合がほとんどです。

動的IPアドレス

動的IPアドレスは、常に識別番号が変わるIPアドレスです。IPアドレスが変更されるタイミングは、パソコンやWIFIルーターのデバイスを再起動しインターネットに接続し直したとき、また、使用している最中にも切り替わることがあります。IPアドレスが変わるといっても、WebサイトやSNSをみたり、動画をみたり、というような通信をしている用途においては、IPアドレスが変更されてもまったく影響ありません。

固定IPアドレス

固定(静的)IPアドレスは、プロバイダーに割り振られたIPアドレスが変わりません。
いつもアクセスするIPアドレスが変わらないことで、企業がネットワークを使って業務や事業を行う上で、外出先からファイルを取り出したり、外部との連携が容易にできるようになります。
固定IPアドレスがあると「VPN」も構築できるようになります。VPNとは、仮想的な通信で、第三者がアクセスできない閉鎖的でプライベートなネットワークのことです。
VPNを構築するには、VPNを構築したい各拠点にVPN専用のルーターを用意し固定IPアドレスを入力します。これによって、ルーターが固定IPアドレスのある場所と接続し、VPNが構築されます。
VPNが構築されると、会社と離れた自宅なども社内LANを統合して、1つのネットワークとして使えるようになります。
VPNについては以前まとめていますので、こちらを御覧ください。
VPNとは VPNが役立つのはどんな時?メリット・デメリット

固定IPアドレスのメリット

固定IPアドレスをもつことで得られるメリットをまとめると以下のような事が上げられます。

  • 自宅などから会社のPCに安全にアクセスできる
  • WebカメラなどのIoT機器に外から接続できる
  • 離れた拠点間でVPN接続できる
  • ID・パスワードを使ってログインするクラウドサービスなど、指定したIPアドレスからしかアクセスでき、セキュリティ精度を高めることができます。

固定IPアドレスのデメリット

  • 動的IPアドレスよりもコストがかかる
  • 不正アクセスにさらされる

固定IPアドレスについては「料金」と「セキュリティ」においてデメリットがあります。

まとめ

固定IPアドレスをもつことで、外出先からWEBカメラで自宅をいつでも確認できたり、会社と自宅でVPNを構築し安全にアクセスできるようになります。一方で、固定化されるIPアドレスのために、特定されやすくなるので、不正アクセスにさらされる可能性、また、余計にコストがかかる場合があります。
テレワークなどを行う場合は、必要なデータを会社内でもつのか、できるだけ、安全な外部サービスを利用して管理するのか、コストやセキュリティを踏まえて考えておく必要があります。

コメントを残す