慣れるとやめられないトラックボールマウスの最高峰 ロジクール M575GR

仕事で利用するパソコンにWindowsがインストールされている場合、操作をマウスでされる方は多いと思います。テレワークなどで自宅で仕事をする機会も増えてきて、会社とはちがい、自宅の場合は、テーブルのスペースが余り確保できずマウス操作がしにくく感じるような状況にある人もいるかもしれません。会社でも家でもマウス操作をしている人にとっては、トラックボールマウスを使うとテーブルが狭い問題を解決してくれたり、操作性を改善してくれるかもしれません。実はトラックボールマウスというのは、使っているととても便利なガジェットです。

トラックボールマウスとは

トラックボールマウス
トラックボールマウスとは、大きなボールがついたマウスで、そのボールを指でくるくると回すことでカーソルを移動させることができます。手首を動かさず指のみでコントロールするため、通常のマウスと比べて手や腕への負担を軽減できるのが特徴です。また、マウス本体を動かさないので置く場所を選ばず、マウスパッドも必要ありません。

トラックボールマウスのメリット

トラックボールマウスを使うと何がいいのか、トラックボールマウスを使うことで得られるメリットをまとめると以下のようなことがあげられると思います。

操作スペースが要らなくなる


トラックボールマウスが通常のマウスと大きく違うところは、一か所に置きっぱなしでパソコンを操作できるようになるため、本体を置く場所さえあれば良くなります。置く場所の材質を気にしないのでマウスパッドも不要です。マウスを操作していてコーヒーをこぼしたりっていうようなことはかなり減るとおもいます。。

作業効率が改善


カーソル移動がとにかくスムーズで、細かい移動も大きな移動もしやすくなるためマウスを使用していた時より格段に効率が上がります。最近はパソコンの画面サイズが大きくなってきたり、2画面をつかって操作をする人もいるかとおもいますが、トラックボールマウスでは長い距離をカーソル移動させるときはボールをはじけば高速で移動できるので、操作が早くできるようになり、作業効率が上がります。

手、腕、肩に負担減る


1日中パソコン作業をしているような人は、マウス操作で腱鞘炎になる人もいると聞いています。
トラックボールマウス手の角度を楽な状態に保ったままその場から動かす必要がないため、手、腕、肩に負担がマウスに比べるとあまりかからなくなります。

トラックボールマウスのデメリット

トラックボールはメリットも多いですが、デメリットもあります。

慣れるまで操作が手間

マウス操作に慣れている人にとっては、最初は戸惑うことも多いともいます。トラックボールマウスは操作に慣れるまで結構手間だと思う人もいると思います。
しかしながら、なれてしまうとやめられなくなります。

メーカによって形が違う

操作性にも関わってくることですが、トラックボールマウスは発売しているメーカーよってボールの位置が異なります。親指でボールを操作するタイプであったり、人差し指でボールを操作するタイプであったり、と機器によって異なります。自分にあうものを選ぶようにしましょう。個人的におすすめなのは、親指でボールを操作するタイプのトラックボールマウスです。

おすすめトラックボール

トラックボールマウスはそんなにたくさんモデルチェンジしたものが発売されていませんが。
2020年に10年ぶりにアップデートされたトラックボールマウスがロジクールから発売されました。

ロジクール ワイヤレスマウス トラックボール 無線 M575GR


ロジクール ワイヤレスマウス トラックボール 無線 M575GR
¥5,345
10年振りのアップデートとなるトラックボールマウス最新モデル
ボタン操作を好みにカスタマイズすることも可能。
UnifyingUSB利用時は最大24ケ月、Bluetooth接続時は最大20ケ月の長電池寿命も魅力のマウス。
Windows、Mac、iPadに対応


人気の全モデルの形を継承したまま、新たに傾斜角度が付いたスクロールホイールになり、指をより自然な位置にホールドできるようになっています。
クリックやスクロールなどのマウス操作をより自然に行うことができます


ワイドなボール面で親指を自由に動かすことができます。ボールコントロールは従来モデルより更になめらかで精確になっています。

Amazonで見る 楽天市場で見る

最後に

トラックボールマウスは初めて使う場合、操作になれてないので、少し手間だとおもいます。しかしながら操作になれると、マウス操作にもどれなくなるほど利便性があります。
トラックボールマウスは他にもいろいろありますが、今回発売されたロジクールのM575GRはかなりすぐれものだと思います。

コメントを残す