radiko(ラジコ)を1時間利用した場合のデータ通信量はどれぐらい?節約する方法は?

radiko(ラジコ)は、PCやスマホでラジオをが聴けるサービスです。お気に入りのラジオ番組があればマイリストに追加することができ、放送予定分を合わせて2週間分の番組表が見れ、バックグラウンドでも再生ができるラジオアプリです。よく聞くラジオ番組からユーザーにおすすめの放送を紹介するおすすめ機能や、続きから聴けるしおり機能など、ラジオ好きな人にとっては、あると便利な機能が揃っています。プレミアム会員ならエリアフリー機能が利用可能で、日本全国で放送しているラジオ番組が聴き放題となっています。聞き逃した番組もタイムフリー機能を使えばもう1度聴取できます。

移動中にradiko(ラジコ)を聞いているいるかとおもいますが、最近はテレワークなどで自宅にいる時間が増え、radiko(ラジコ)をつかってラジオを流している人も増えてきているそうです。

このradiko(ラジコ)は通常のラジオ放送とは違い、インターネットを介してデータ通信をしながらラジオ番組を取得するため、データ通信容量が必要となります。
radiko(ラジコ)を利用するには、一体どれぐらいのデータ通信容量が必要になるのか気になる人も多いかともいますので、今回はradiko(ラジコ)で使用されるデータ通信量について調べてみました。

radikoを1時間利用した場合のデータ通信容量

radikoにはライブ放送とタイムフリー放送があります。
ライブ放送は、現在放送されているラジオ番組を聞く機能のことです。
タイムフリー機能は、放送が終わってしまったラジオ番組をあとから聞く機能のことです。

それぞれのデータ通信容量を測定してみました。
測定に利用した端末はiPhone xsとポケットWiFiのFS030Wをつかっています。

radiko ライブ放送の視聴時間とデータ通信容量

ライブ放送視聴時間 データ消費量
30分 20MB
1時間 40MB
10時間 400MB
20時間 800MB
30時間 1.2GB
radikoをライブ放送で1時間使用した場合の通信容量は約40MBとなっていました。

radiko タイムフリーの視聴時間とデータ通信容量

タイムフリー視聴時間 データ消費量
30分 21MB
1時間 42MB
10時間 420MB
20時間 840MB
30時間 1.2GB
radikoをタイムフリー放送で1時間使用した場合の通信容量は約42MBとなっていました。

僅かなデータ通信容量の差はでていますが、測定時にスマホがradiko以外の通信もすこし発生しているので、
radikoにはライブ放送とタイムフリー放送のデータ通信容量は同等だと解釈してもいいかともいます。

radikoで1時間で使用するデータ通信量を金額にするといくらになるのか?

radikoを1時間使用した場合に必要となるデータ通信容量は約40MBです。
このデータ通信容量を金額にすると、ドコモ、Au、softbankといった大手キャリアでは1GBで1000円という価格設定になっています。
格安SIMを利用されている場合はもっと料金は下がりますし、楽天モバイルやahamo,Povo,LINEMOといったサービスでは低速になった場合でも1Mbpsで通信できるため、低速のままradikoを利用できるので料金の計算は難しいですが、大手キャリアの1GBで1000円という価格設定を元に計算してみると。

radikoで通信して1GBのデータ通信を消費するまでに25時間かかりますので
1GB=1000円を25時間で割ると1時間あたり約40円となります。

radikoを1時間利用すると約40円の通信量がかかるということになります。

radikoの公式サイトでも、以下のようなFAQがあります。

radikoで番組を聴くのにデータ通信費(パケット通信料)はかかりますか?また、どれぐらいの通信量ですか?
はい。radiko(ラジコ)で番組を聴く際にはデータ通信を行いますので、3G・4G・5G回線に接続している場合、
データ通信費(パケット通信料)がかかります。
ご自宅などのインターネット回線などにWiFi接続を行っている場合も聴取可能です。
※定額回線をご利用であれば、それ以上の回線料はかかりません。
スマートフォンアプリのradiko(ラジコ)を利用した際のデータ通信量の目安は以下のとおりです。
一般的なスマートフォンアプリで2時間連続で番組を再生した場合、約81MBの通信量を消費します。
7GBに達成するまでの再生時間は約214時間、1GBに達成するまでの再生時間は約30時間となります。
またradiko(ラジコ) は、128kbps以下の環境でも利用することが可能です。

radikoのデータ通信容量を節約する方法は?

radikoはYoutubeのように画質の解像度を下げるといったような機能はありません。もともと音声なので、画質などという概念もないのですが。残念ながらradikoアプリ自体でデータ通信容量のを節約する事はできない仕様です。radikoに放送をダウンロードして再生するような機能があるといいのですが、そのような機能もありません。
データ通信をしないでradikoを聞くためには、radikoを録音するという方法になるとおもいます。パソコンなどをつかってradikoを聞いている人は、ラジ録12 Windows版など使うことで、ダウンロード可能です。ダウンローしたファイルを再生するとなれば、そもそも通信を必要としませんので、radikoをデータ通信せず聞くことができる方法になると思います。

スマホのデータ通信容量を減らすには

radikoに限らずスマホなどでデータ通信容量を節約したい場合、WiFi環境であれば、できるだけWi-Fiを利用しましょう。
また、特定のアプリ仕様時のデータ通信をカウントしない、カウントフリーサービスを契約して、radikoのデータ通信容量をカウントしないようにするという手段になるとおもいます。
radikoもオフライン再生ができるようになるといいですけどね。

radiko

価格 無料
プレミアム会員 385円(税込)/月
ラジオ局の種類 13局
オフライン再生 ×
過去放送分の再生
バックグラウンド再生

■radiko(ラジコ)
iOSアプリをダウンロードAndroidアプリをダウンロード

ライトポケットではレンタルWi-Fiサービスを提供しております。数日から1年といった利用ならWifiレンタルがおすすめです。
国内Wi-Fiレンタル

無料でradiko(ラジコ)のエリアフリーを使う方法

コメントを残す