2023年〜2024年でADSLは終了 光回線やポケットWiFiへの乗り換えを!

現在ADSLを利用中の方はご存じの方も多いでしょうけど。ADSLが廃止になります。
ADSLは料金も低価格で高速な通信方法で、自分も以前は利用していましたが、ついにサービスの終了となってしまいました。

ADSLの終了時期について

ADSLを利用している人にっとってはADSLのサービスがいつまで利用できるかということになるとおもいます。
現在ADSLを提供しているサービスで支流となっているフレッツADSLとYahoo!BB ADSLの公式サイトの情報をまとめると以下のようになります。

Yahoo! BB ADSLフレッツADSL
申し込み終了時期2019年2月28日終了2016年7月1日終了
サービス終了時期2024年3月2023年1月31日
参考URLADSLサービスの提供終了について「フレッツ・ADSL」の提供終了について

シェアが大きいNTT系・ソフトバンク系共に2023年〜2024年にADSLのサービス提供を完全終了して、利用不可能になります。NTT・ソフトバンク共に新規受付も完全終了している上に地域ごとに段階的にADSLを廃止していく計画となっています。現在ADSLを利用している方はADSLが終了してしまう前に、新しいインターネット回線への乗り換が必須となります。

ADSLの廃止の理由について

そもそもなぜADSLの終了してしまうのか?

理由その1

SoftBankの公式サイトに以下のようなことが記載されています。

昨今インターネットを利用したサービスの多様化やデータ通信量の大容量化が進んでおり、光回線などによるインターネット接続サービスが主流になってきています。

このような市場環境の変化に伴い、保守部材の枯渇や設備の老朽化により、ADSLサービスの安定的な提供が困難な状況が見込まれるため、2024年3月末をもってADSLサービスの提供を終了します。

ここに記載されているそのままですが、光回線や高速モバイルWiFiが普及して、ADSLの利用者数も減少していく中で、ADSLの安定供給のためのインフラの維持がコストに見合わなくなくなったことが原因なのだとおもいます。

理由その2

NTTは、2025年までに固定電話をアナログから、光回線を利用したものへシフトしていくと発表しました。
この理由も上記と同じで利用者の減少と、インフラ設備の維持にかかるコストが見合わないことです。
アナログの電話回線が使えなくなると、それを利用しているADSLを使うこともできなくなります。

ADSLから乗り換えるのは光回線かポケットWiFiか?

自宅で無制限で高速インターネットが使いなら光回線

光回線はADSLに比べてかなりの高速通信です。
ADSLは電話回線を使ってインターネットに接続する通信サービスでで、通信速度はソフトバンクが提供するADSL回線は下り最大50.5Mbps、NTTが提供するADSL回線は下り最大47Mbpsとなっていますが、光回線の通信速度はほとんどの回線事業者が下り最大1Gbpsであり、最近では2Gbpsや10Gbpsなど更に高速な光回線を提供している回線事業者もあります。回線速度も速いので、ゲームや映画など動画のを見たいひとは、光回線を契約するというのがおすすめです。

ADSLの料金は回線事業者やプロバイダにより料金が異なりますが、3,000円程度で利用が可能となっています。
光回線になると、月々の料金は戸建ての場合5,000円程度、マンションだと3,500円程度となっており、ADSLに比べるとやや料金が高くなってしまいます。
光回線に加入する場合や、スマホセット割などがあって、通信料金全体への割引が聞いてくるため、月々支払う通信料金はやすくなってくるので、そのようなセットを利用するといいと思います。
テレワークやオンライン授業なども今後普及してくるでしょうし、スマホ、タブレット、パソコンをに限らず、いろいろな家電などもいろいろなデバイスがネットに繋がっていきますので、自宅に光回線が引いてあるとそのような機能を使っていくことが可能です。

自宅でも外出先でも高速インターネットが使いならポケットWi-Fi

一人暮らしで外出先でもスマホで使う程度の通信があればいいという人は、WiMAXを初めてとするポケットWiFiを契約するといいと思います。
光回線と違うメリットとしては、ポケットWiFiは携帯できるメリットがあり、スマートフォンのデータ容量のプランを最低限の容量にして、その分の金額をポケットWiFiの利用料金にあてれば、月々しはらう通信料金を下げることもできます。
また、工事なども必要と無いため、ポケットWiFiは届いたらすぐに利用できる点も便利です。
今後は通信が、5Gにも対応してくるので、高速で安定して大容量の通信環境がポケットWiFiでも利用できる様になってくると思います。

まとめ

ADSLは、2020年より順次サービスを終了してきており、2024年に日本全国でサービスが終了します。
早めにADSLを解約し、次のネットを利用できる回線への切り替えをおすすめします。

コメントを残す